ブログのアイキャッチやYoutubeのサムネ作りにオススメ!無料の画像編集ソフトPhotoscape X

ブログのアイキャッチやYoutubeのサムネ作りにオススメ!無料の画像編集ソフトPhotoscape X パソコン・スマホ

Canvaでブログのアイキャッチを作ってたけど、Canvaには弱点があるんです。

それは「縁取りテキスト」の機能がないこと。

Youtubeの動画を見てて、縁取りのテキストって綺麗で可愛くて見栄えがいいな~と思ったので、縁取りテキストが作れる無料の画像編集ソフト「Photoscape」を使ってみました。

結論から言うと、ブログのアイキャッチやYoutubeのサムネを作るだけなら、初心者でも簡単に使えるソフトなのでオススメです。

逆に「Photoscape」さえあれば、ブログの画像編集に困ることがないので、是非皆さんにも使ってもらいたい!

Photoscapeとは?

Photoscapeは2008年からある画像編集ソフトです。結構古くからあるソフトですよね。

無料で使うことができますが、プロ版(有料)にすることで、より多くの機能を使うことが可能になります。

無料版でも、サイズ変更、切り抜き、エフェクトなど、ブログのアイキャッチやYoutubeのサムネ編集には十分な機能が揃っています。

Photoscapeは2種類あります。

  • Photo scape 3.7
  • Photo scape X

Photo scape 3.7とPhoto scape Xの違い

Photoscape 3.7」は2013年にリリースされたWindows7の頃の安定版です。Windows10でもインストールでき、使うことができました。

Photoscape X」は、Windows10用に作られた最新バージョンの画像編集ソフトです。

Photoscape 3.7より、Photoscape Xの方がより多く機能やエフェクトを使うことができるのでオススメです。

画像のサイズ変更、切り抜き、モザイク、文字入れなど、シンプルに使いたいのであれば、シンプルな画面でわかりやすいPhotoscape 3.7の方がオススメです。

Photoscapeには「コピースタンプ」という機能(後述)がありますが、Photoscape Xだと有料になります。

Photoscape 3.7なら無料で使える機能なので、「コピースタンプ」を使いたい場合はPhotoscape 3.7もインストールしておくことをオススメします。

Photo scape Xの使い方

ここからはPhoto scape Xの使い方についてご紹介します。

全ては紹介しきれないので、主に使用するであろう機能についてご紹介します。

その機能の多くがPhotoscape 3.7でも使うことができる機能なので、どちらを使うにしろ参考にできると思います。

写真編集画面

以下がPhoto scape Xの編集画面です。ツールバー「写真編集」から編集したい画像を選択します。

無料の画像編集ソフトPhotoscapeX 編集画面

右側の編集ツールはこんな感じ。

無料の画像編集ソフトPhotoscapeX 編集ツール

お気に入りの下にあるのは回転・反転です。

その下、「サイズ変更」は、画像の縦横比を固定しながら変更可能です。

「切り抜き」は、自由やカスタム、固定、円形、遠近法の切り抜きができます。

「ミニチュア」は、ミニチュア風の写真に編集。

「マジックカラー」は色をくっきり。

「ブルーム」は明るくふんわり。

「HDR」は明るくくっきり。

無料の画像編集ソフトPhotoscapeX 効果を加えた画像

いろいろ試したけど、風景写真はHDRを適用するだけで、ものすごく明るくてきれいな写真になるのでオススメ。

他にも「調整」「効果」「変形」で、いろいろな画像編集が可能です。

無料の画像編集ソフトPhotoscapeX 効果を加えた画像

セピア、水彩、魚眼、3Dなどなど・・・

ブログの画像をどこまで編集するか次第だと思いますが、これだけあれば十分な機能ですよね。

カラー、フィルム調、光、フレーム

次にカラー、フィルム調、光、フレームについて見ていきます。

無料の画像編集ソフトPhotoscapeX エフェクト

カラーは画像の色調整、フィルム調・光・フレームは画像に入れられるエフェクトです。

カラーに関しては、明るくしたいなら「HDR」の効果を適用すればいいかな?と思います。暗くしたい場合は、カラーにあるバーを調整するだけで簡単に調整可能です。

フィルム調、光は、使えそうなエフェクトがたくさんあります。

無料の画像編集ソフトPhotoscapeX エフェクトを加えた画像

これらエフェクトは、プロ版にするとかなり使える数が増えますが、ブログ画像やアイキャッチ、サムネを作るくらいなら無料で十分かと思います。

フレームは白枠だったり、影、吹き出しなどにできるので、使えれば便利かな~という機能ですね。

挿入

画像の編集なら「挿入」にあるツールを一番使うと思います。挿入では矢印やテキスト、パソコンに保存してある画像などを挿入することができます。

無料の画像編集ソフトPhotoscapeX 挿入ツール

「ステッカー」は、スタンプみたいなアイコンです。顔やメガネなどがあるので、使いたい場合は便利です。

「イメージ」は、パソコンに保存してある画像を加える、合成ですね。保存したエフェクトやアイコンなどを画像に加えることができます。

「図」は、多角形や丸、矢印など、様々な形があります。こちらも使いたい時は便利です。

「テキスト」は、Canvaではできない縁取り文字が使えます。

無料の画像編集ソフトPhotoscapeX 縁取りテキスト

縁取り文字の作り方は「アウトライン」にチェックを入れればOK!厚さを調整して縁取りの大きさを決めます。

文字の輪郭をぼやかしたい時は「光彩(外側)」にチェックを入れて、厚さやぼかしを調整すればOKです。

「拡大鏡」は虫メガネ効果、「フィルタ」はモザイクなどの効果を加えることができます。

道具

「道具」は画像を加工するツールです。必要ない部分を消したり、ゆがみを補正したりできます。

この道具はPhotoscapeのヘルプ動画を見た方がわかりやすいかと思います。

スポット修復ブラシ

Spot Healing Brush – PhotoScape X 2.4

ゆがみフィルター

Liquify – PhotoScape X 2.4

コピースタンプ

Clone Stamp – PhotoScape X 2.4

このコピースタンプという機能、Photoscape Xでは有料ですが、Photoscape 3.7では無料で使うことができます。

Photoscape 3.7の「画像編集」から、「ツール」にある「コピースタンプ」を使えばOKです。

カットアウト

カットアウトは背景を消したり、透明化したい時に使えるツールです。

無料の画像編集ソフトPhotoscapeX カットアウトで背景を消す

元の画像が複雑な背景だと消すのが大変です。上記画像のように、単純な背景だと簡単に消すことが可能です。

消した背景部分は透明化することが可能です。

GIFアニメ

画像を組み合わせてGIFアニメを作ることができます。

無料の画像編集ソフトPhotoscapeX GIF画像を作る

画像の入れ替え時にちょっとした効果を入れられるので、使う時には便利ですね。

Photoscapeの使い方のまとめ

Photoscapeは使いやすいです。

無料画像ソフトGIMPのように使い方が複雑ではないですし、かといって機能性が悪いわけでもない。

むしろ、無料で初心者にも気軽に使える画像編集ソフトとしては、かなりオススメできるソフトだと思います。

画像編集したいけど、複雑なのは嫌、難しいのは無理という人、是非Photoscape X使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました