レビュー

VANKYOタブレットS30 2021NEWモデルレビュー!

2021年4月21日

VANKYOタブレットS30 2021NEWバージョンレビュー!

友人が中古車を買うのでナビを探してました。

「へ~Androidのナビがあるんだ~」と感心しましたが、だったらタブレット付けた方が大きくて見やすいんじゃないか?ということで「VANKYO タブレット S30」を購入しました。

このVANKYOのS30、古いタイプはAndroid9.0、新しいタイプはAndroid10.0になっていて、今回購入したのは2021年NEWモデルのVANKYO S30となります。

結論から言えば、ブラウザ・動画閲覧なら、価格2万円以下で購入できる低価格タブレットとしてコスパ最高です。

ただ、スペック的には低いので、ゲーム目的で購入するのはオススメできません。

今回は、VANKYO S30を使ってみた感想・レビューをご紹介するので、タブレット購入の参考にしてください。

VANKYO(バンキョー)とは?

VANKYOは、プロジェクターやタブレットなどビジュアルディスプレイを開発・販売している会社です。

親会社は「深圳万迈科技创新有限公司」で、AmazonやHuawei、Lenovoなどの技術専門家で構成された急成長中の会社となります。

VANKYO以外にもアクションカメラやドライブレコーダー「Vantop」・ドローン「SNAPTAIN」・ネットワークカメラ「HeimVision」など、複数の人気ブランドを運営しています。

VANKYOの会社についてもっと詳しく知りたい場合には、「Vantop&Vankyoの社長インタビュー記事」がわかりやすいので参考にさせてもらいましょう。

VANKYO タブレット S30のスペック

OSAndroid10.0
ディスプレイサイズ10.1 インチ
1920×1200
フルHD
CPU速度Octa-core A55
1.6 GHz
RAM容量3 GB
ストレージ32GB
最大512GBカードを追加可能
通信形式Bluetooth5.0, Wi-Fi, GPS
カメラリア:13MP
フロント:8MP
バッテリー6000mAh
生体認証顔認証
充電USB Type-C
商品の重量1.06 kg

2021年NEWモデルと旧モデルとの違いは「Android9.0→Android10.0」へ変更、重量が「580g→1.06 kg」になったくらいだと思われます。

重量が倍になってるから、変更した点はもっとあるのかもしれません・・・

スポンサーリンク

VANKYO S30のAnTuTuベンチマーク

VANKYO S30にベンチマークアプリ「AnTuTu」をインストールしてみましたが対応してませんでした。

端末情報は確認できたので、いくつかの情報を抜粋しておきます。

CPU構成4xARM Cortex-A55
4xARM Cortex-A55
CPUモデルUnisoc SC9863a
コア数8
クロック周波数768.0~1600.0MHz
レンダラーPowerVR GE8322
画面DPI280dpi

旧モデルのAnTuTuベンチマーク結果は90000前後のようなので、2021NEWモデルも同等くらいかと思われます。

VANKYO S30のレビュー

VANKYO S30は中華製で、19,999円で販売しています。ただ、4,000円クーポンが発行されているので、15,000円前後で購入できるかと思います。

2021年12月1日現在、13,999円で販売しています。

VANKYOタブレットS30 2021NEWバージョンレビュー 外箱

VANKYO S30の付属品は以下の通りです。

VANKYOタブレットS30 2021NEWバージョンレビュー 付属品
  • S30タブレット
  • USB充電器
  • USB Type-Cケーブル
  • simピン
  • 取扱説明書
  • 保証書

保証期間は1年間です。故意ではない破損等あれば、Amazonの注文履歴から問い合わせてみてください。

タブレット本体にはフィルムが貼ってありますが、このフィルムは剥がして使います。

VANKYOタブレットS30 2021NEWバージョンレビュー 外観 表面

VANKYO S30用の保護フィルムは別売りで購入できます。

裏面はシルバーです。1色しかないので好きな色を選べないのは残念ですね。

VANKYOタブレットS30 2021NEWバージョンレビュー 外観 裏面

裏面にはライトがありますが、標準ライトアプリが見当たりませんでした。新たにライトアプリを入れて点灯してみるとスマホより暗いです。

横向きで持った時、上側に電源とボリュームボタン。左側に充電口とイヤホンジャック、外部ストレージ。下側にステレオスピーカーがあります。

初期設定は案内に従って行えばOKです。日本語に対応しています。

VANKYOタブレットS30 2021NEWバージョンレビュー 初期設定

Youtubeは1080pフルHDで見れました。多少もたつくような感覚はありますが、よほどせっかちな人でなければ問題ないと思います。

10インチあるのでスマホより画面が大きく綺麗に見れました。4Kは表示されず、音は流れるものの映像は見れませんでした

ブラウザでのネットサーフィンも問題ありません。ストレスなく閲覧することができます。

画面が十分明るいので、画像の色も映えますね。

Youtubeなどの動画、ブラウザ閲覧の日常使いにばっちり使えます。また、6,000mAhの大容量バッテリーで、かなりバッテリー持ちも良いです。

旧モデルの口コミではwifiが切れるといった内容がありましたが、2021年NEWモデルを使ってみた感じでは切れることはありませんでした。

ゲーム使用はオススメしない

AnTuTuベンチマークでは9万点ということは、最近のスマホより下になるスペックです。

試しにウマ娘をインストールしてみましたが、チュートリアルの時点でカクカクです。かなりストレスを感じますが、我慢すれば遊べなくはないといった感じです。

ウマ娘でストレスを感じるということは、他多くのゲームでストレスを感じる・もしくは遊べないかと思います。

ゲームを遊ぶ目的でのVANKYO S30の購入はオススメしません

ナビの使い勝手

VANKYO S30をナビとして使ってみました。

Googleマップ・Yahooカーナビのアプリを使いましたが、GPSもきっちり機能して目的地まで問題なく案内してくれました。

ただ、タブレット本体がものすごく発熱します。何度か熱でアプリが落ちました。

常時ナビとして使うと発熱による劣化が早いかもしれません。

VANKYOタブレットS30 2021NEWモデルのまとめ

VANKYO S30はAnTuTuベンチマーク10万点以下のローエンドタブレットです。

10.1 インチ1920×1200フルHDで、ブラウザや動画はストレスなく閲覧することができます。

ただ、最新のゲームをストレスなく遊べるスペックではないため、ゲームを遊ぶ目的では購入しないことをオススメします。

みんなはこれを読んでる!

-レビュー