MUINEのワイヤレスイヤホンT1はコスパ最強!?ノイズキャンセリングに優れたイヤホンをレビュー!

MUINEのワイヤレスイヤホンT1はコスパ最強!?ノイズキャンセリングに優れたイヤホンをレビュー!

当ページのリンクには広告やプロモーションが含まれています。

MUINEのワイヤレスイヤホン「T1」を提供いただきましたので、レビューしていきたいと思います。

MUINEのワイヤレスイヤホンT1は、優れたノイズキャンセリング機能と手頃な価格のコスパの高さが特徴です。

もし「ノイズキャンセリングに優れている」「安い価格でコスパ最強」という点に興味を持ったならば、このワイヤレスイヤホンがおすすめです。

MUINEのワイヤレスイヤホンT1に興味を持った方は、このレビューを参考にして、ぜひ購入を検討してみてください。

スポンサーリンク

目次

MUINEとは?製造会社はどこ?

MUINEという会社について調べましたが、情報が見つかりませんでした。

T1のワイヤレスイヤホンを確認すると、「Made in China」と記載されています。

MUINEの意味についても調べましたが、「ベトナムの村の名前」という情報や、「あなたが持っている(ショナ語)」という意味が出てきました。

公式サイトなども確認することができませんでした。

スポンサーリンク

MUINEはどんな商品を販売している?

MUINE ワイヤレスイヤホン T1 安い コスパ最強

MUINEはワイヤレスイヤホンのほかに、ウェブカメラやゲーミングヘッドセットなども販売しているようです。

販売されている通販サイトはAmazonのほかに楽天市場やYahoo!ショッピングでも見つかりますが、公式販売サイトは確認できませんでした。

MUINEのワイヤレスイヤホンT1の価格は安い?

MUINEのワイヤレスイヤホンT1の価格は以下の通りです。

通販サイト価格
Amazon2,880円
楽天市場4,285円
Yahoo!ショッピング3,649円
2022年8月18日現在の価格

MUINEのワイヤレスイヤホンT1は、楽天市場やYahoo!ショッピングよりも最安値のAmazonでの購入がおすすめです。

MUINEのワイヤレスイヤホンT1の仕様は?

MUINEのワイヤレスイヤホンT1の仕様は以下の通りです。

仕様概要
BluetoothBluetooth 5.0
防水規格IPX7
バッテリー容量イヤホン40mAh
充電ケース容量:5V / 400mAh
ノイズキャンセリングデュアルフィードノイズ低減イヤホン
ANC
充電ケースサイズ63 * 56.8 * 28mm
イヤホンサイズ36.6 * 21.6 * 25.4mm
対応機種iOS/Android/Windowsなど
Bluetooth機能搭載のデバイス
駆動時間イヤホン:7H
イヤホン(ANCをON):5H
充電ケース:24H
充電ケース(ANCをON):18H 
充電時間1.5h(USB Type-C)
ワイヤレス充電Qi認定の充電器をサポート

MUINEのワイヤレスイヤホンT1の主な特徴は以下の通りです。

MUINE ワイヤレスイヤホンT1
  • Bluetooth 5.0対応
  • IPX7の防水規格
  • アクティブノイズキャンセリング(ANC)対応
  • ワイヤレス充電対応

MUINEのワイヤレスイヤホンT1の付属品は?

MUINEのワイヤレスイヤホンT1の付属品は以下の通りです。

MUINEのワイヤレスイヤホンT1の付属品は?
MUINE ワイヤレスイヤホンT1の付属品
  • イヤホン
  • 充電ケース
  • イヤーピース予備
  • 充電ケーブル(USB Type-C)
  • 取扱説明書

MUINEのワイヤレスイヤホンT1の使い方 レビュー

MUINEのワイヤレスイヤホンT1についてレビューしていきます。

まず、充電ケースは価格に比して意外としっかりと作られている印象です。

MUINEのワイヤレスイヤホンT1の使い方 レビュー 充電ケース AirPods Proと似てる

充電ケースの蓋の開閉は滑らかで、閉じるとマグネットでしっかりと吸着するので、持ち運んでも勝手に開く心配はありません。

また、イヤホンを充電ケースに装着しても、マグネットでしっかりと吸着するので、蓋を閉じて持ち歩いてもカチャカチャ音が鳴ることはありませんし、イヤホンが外れる心配もありません。

充電ケースの下部には「MUINE」のロゴの下にUSB Type-Cの充電口があります。

MUINEのワイヤレスイヤホンT1の使い方 レビュー 充電ケース 充電口 USB Type-C

充電ケースの形状はAirPods Proと似てるね。

ペアリングのやり方

MUINEのワイヤレスイヤホンをスマホやPCなどとペアリングする方法は、一般的なBluetooth機器と同じです。

まず、スマホなどの端末のBluetoothをONにし、MUINEのワイヤレスイヤホンを充電ケースから取り出します。

「使用可能なデバイス」として「T1」という表示が出るので、それを選択してペアリングすればOKです。

MUINEのワイヤレスイヤホンT1の使い方 レビュー ペアリングのやり方

イヤホンの形状

MUINEのイヤホンは「カナル型」で、耳に装着すると密閉性が高いです。

イヤホンを装着したまま簡単な運動や筋トレをしても、取れませんでした。

MUINEのワイヤレスイヤホンT1の使い方 レビュー カナル型 タッチ操作

イヤーピースは付属しており、大・中・小のサイズが揃っているので、耳の大きさに合わせて選ぶことができます。

MUINEのワイヤレスイヤホンT1の使い方 レビュー カナル型 予備のイヤーピース

Amazonの口コミ・評判を見てみると「耳が痛くなる」と書いてありましたが、私は特に感じませんでした。

イヤホンのタッチ操作

MUINEのワイヤレスイヤホンはタッチ操作が可能です。

タッチエリアは円形で、平坦な表面になっているため、わかりやすく、誤操作も少ないです。

機能タッチ操作
電源オン2秒間長押し
電源オフ7秒間長押し
モード切替3秒長押しでANCオン→ANCオフ
→アンビエントを切り替え
音声アシスタント3回押す
通話に応答/終了1回押す
通話拒否2秒長押し
音楽再生/一時停止1回押す
次の曲右のイヤホンを2回押す
前の曲左のイヤホンを2回押す
リセット6回以上押す

Youtubeで音楽の操作を試しましたが、問題なくタッチ操作できました。

低音が弱い?

MUINEのワイヤレスイヤホンを初めて装着して音楽を聴いたとき、「低音が弱めで自然な音に近い」と感じました。

デフォルトのモードでは「アクティブノイズキャンセリング(ANC)がオフ」になっていたため、低音が弱く感じたようです。

モードの切り替えは左右どちらかのイヤホンのタッチエリアを3秒間長押しすることでできます。

アクティブノイズキャンセリングがオンになると、低音が強くなり、周りの環境音がかなり聞こえない状態になりました。

没入感が強いイヤホンです。

アンビエントモードは周りの環境音を聞きやすくするモードのようですが、これはイヤホンの密閉性が高いためあまり機能していません。

アクティブノイズキャンセリングが毎回オフになる

ワイヤレスイヤホンを充電ケースに入れて、再度装着するとアクティブノイズキャンセリングがオフになります。

アクティブノイズキャンセリングを毎回オンに切り替えるのは少し手間です。

充電

MUINEのワイヤレスイヤホンT1の充電ケースはワイヤレス充電に対応しています。

バッテリー残量は以下の色で判断できます。

ライトバッテリー残量
赤色点滅20%以下
青色点滅20%~80%
緑色点滅80%~100%
緑色点灯100%

充電ケースが満充電になってもライトが消灯しません。

充電ケースが満充電の状態であれば、イヤホンを3回分充電できるようです。

接続が安定している

私は現在「SoundPEATS TrueAir2」というワイヤレスイヤホンを使用しています。

ワイヤレスイヤホンを装着したままトイレに行くと、SoundPEATS TrueAir2では接続が切れてしまいますが、MUINEのワイヤレスイヤホンT1では接続が切れず、安定しています。

また、音飛びするようなこともなく、安定した接続が続きます。

ただし、多少の遅延を感じるため、ゲームによっては不向きな場合があります。

MUINEのワイヤレスイヤホンT1レビューのまとめ

MUINEのワイヤレスイヤホンT1について紹介しました。

MUINEのワイヤレスイヤホンT1は、手頃な価格ながらも高音質で、安定した性能を持っています。

アクティブノイズキャンセリング機能は強力で、音楽だけでなく、映画やトーク番組などでも没入感が得られます。

カナル型のデザインなので、軽い運動や筋トレ中でもしっかり装着感があります。

ただし、密閉性が高く、周囲の音を遮断するため、外で使用する際には注意が必要です。

高価なワイヤレスイヤホンではなく、手ごろな価格で性能の良いイヤホンをお探しの方にはぜひおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次