我が家・私事 買い物・レビュー

エアコンの室外機がうるさいので防振ゴムを付けてみたら原因は別のとこにあった

2021年7月22日

エアコンの室外機がうるさいので防振ゴムを付けてみたら原因は別のとこにあった

毎年言うけど、今年の夏は暑いですね・・・外も暑いんだけど、部屋もまぁ暑い。

熱中症対策のためにもエアコンは使うべきですが、我が家の室外機がめちゃんこうるさい。

団地なので騒音の苦情やトラブルが起きないか心配・・・、エアコン室外機の騒音対策としても使われる「防振ゴム」を購入してつけてみました。

結論から言うと

必要なかった・・・

なぜ我が家の室外機には防振ゴムが必要なかったのか?うるさい原因はどこあったのか?

エアコンの騒音対策を探している人や防振ゴムを検討している人は是非参考にしてみてください。

エアコンの室外機がうるさい原因は?

エアコンの室外機がうるさい理由は、主に「振動」が原因となることが多いようです。

室外機には「モーター」「ファン」「コンプレッサー」といった、振動の原因となる機械が搭載されています。

これら振動する機械自体が経年劣化や汚れなどにより、うるさい音の原因となることもありますが、室外機のカバーや室外機全体も振動してしまい、異音を発生させることもあります。

エアコンの室外機がうるさい原因の特定

室外機のどこがうるさいのか?原因を特定するのはそれほど難しくはありません。自分のできる範囲でやれることをやってみましょう。

室外機の掃除

室外機はその雨風に晒され、泥や草木などの汚れが付着しています。まずは室外機の周りを拭いたりしてきれいに掃除してみましょう。

室外機のカバーを開けるのは危険です。開ける場合はプロの方にお願いしましょう。

室外機のカバーを手で押さえる

室外機が振動によって騒音を発生している場合、室外機のカバーを手で押さえることで音が静かになることがあります。

ネジ緩みなどにより室外機の金属カバー同士がぶつかり合い、音がうるさい原因となります。

ネジを締めなおしたり、室外機の上に重い物を置くことによって静かになる可能性があります。

室外機を持ち上げる

室外機そのものが振動し、地面のコンクリートなどとぶつかり合い、騒音を発生している可能性があります。

室外機を持ち上げることで音が静かになる場合には、室外機の置く位置を変えてみたり、重い物を置くことで静かになる可能性があります。

室外機の騒音対策で使われる防振ゴムとは?

防振ゴムは、振動を軽減してくれるゴムのことです。

元々ゴムは振動や衝撃に強い性質を持っていますが、より振動を吸収しやすい凹凸加工をしたゴムを防振ゴムとして販売しています。

使い方は簡単で、室外機と地面の間に挟むだけ。

大きさもカッターで簡単に調節できるので、専門的な知識を必要としない便利なゴムです。

TRUSCO(トラスコ) 防振パット

エアコンの室外機がうるさい TRUSCO(トラスコ) 防振パットで騒音対策

私が購入した防振ゴムは「TRUSCO(トラスコ) 防振パット10×300×300 OH-10」です。

Amazonで880円×2枚購入しました。(価格は2021年7月19日現在)

防振ゴムは表裏で互い違いに溝が入っていて、この溝が振動を軽減してくれる構造なのだと思います。

エアコンの室外機がうるさい 防振ゴム 上下の溝で異音対策

TRUSCO(トラスコ)の防振ゴムには50ミリ間隔にV溝があり、この溝をカッターで切ることで簡単に大きさを調節できます。

エアコンの室外機がうるさい 防振ゴム カッターで大きさを調整
スポンサーリンク

エアコンの室外機に防振ゴムを挟んだ結果・・・

エアコンのメーカーは日立の白くまくんです。

冷房や除湿にすると室外機のファンが回りだし、しばらくすると「ビビビビビビビ!」というビビリ音のような音が鳴ります。

この音が部屋の中にいてもうるさく、団地の隣や上下の部屋にも響く音で間違いありません。

去年、室外機を分解して中を見てみたのですが、うるさい原因ははっきりわかりませんでした。

今年は防振ゴムを設置!これで音が静かになるのでは?と期待してます。

まずは1枚設置。

エアコンの室外機がうるさい 防振ゴム1枚で騒音対策した結果

結果・・・変わらず音がうるさいまま・・・

次に防振ゴムを2枚設置。

エアコンの室外機がうるさい 防振ゴム2枚で騒音対策した結果

結果・・・変わらず音がうるさいままでした。

防振ゴムでの対策は失敗したっ!

エアコンの室外機がうるさい原因は意外なところに・・・

結局、我が家のエアコン室外機は、防振ゴムを設置してもうるさい音が静かになることはありませんでした。

他、室外機を分解してコンプレッサー部分にスポンジを挟んでみたり、室外機の上にタイヤを置いてみたり・・・試してみたけれど、やっぱりうるさいまま・・・

このうるさい音を静かにする方法はないのか・・・とあきらめかけた時、ふと触った場所が騒音の原因でした。

それは・・・ファンの前にあるプラスチックの網カバー

エアコンの室外機がうるさい原因 ファンの前の網カバーだった

この室外機についている網カバーを手で押さえるとうるさい音が静かになる!

どうやら網カバーが振動し、室外機の金属部分とぶつかり合って異音がしていたようです。

エアコンの室外機がうるさい原因 ファンの前の網カバーだった 隙間が振動でぶつかり合う

とりあえず応急処置としてガムテープを挟みました。

エアコンの室外機がうるさい原因 ファンの前の網カバーだった 隙間をガムテープで応急処置

5、6か所ガムテープを挟みエアコンを起動してみると・・・なんと劇的に音が静かになりました!

エアコンの室外機に防振ゴムを挟んでみたのまとめ

我が家の室外機の異音の原因は網カバーにあり、ガムテープを挟むことによって音が改善しましたが、防振ゴムも挟むことによってより振動が和らいだ気がします。

防振ゴムは1000円以下でできる騒音対策なので、試してみるのもおすすめです。

エアコンの室外機の音を静かにする方法として、まずいろいろな部分を手で押さえてみると原因が特定できるかもしれません。

金属のカバー部分だけではなく、小さなプラスチックなどの部分も手で押さえてみることをおすすめします。

関連記事

-我が家・私事, 買い物・レビュー