当サイトはアフィリエイトプログラムやプロモーションが含まれています。

お金・資産 ショッピング・通販

楽天市場の後払いのやり方は? NP後払いの使い方

楽天市場の後払いのやり方は? NP後払いの使い方

楽天市場では支払い方法を「後払い」にできるのご存知ですか?

後払いは手数料が必要ですが、「今月お金がなくてピンチ!」「現金がないけど買わなきゃいけないものがある!」という時に便利な支払い方法です。

また、商品を見てからお金を支払いたい場合や、すぐに発送してもらいたい時にも便利です。

今回は、楽天市場で後払い決済を利用し、コンビニで支払う方法をご紹介します。

スポンサーリンク

楽天市場のNP後払いとアトディーネとは?

楽天市場で後払い決済を利用するには、「NP後払い」または「アトディーネ」という方法を利用します。

現在はNP後払いが主流のようです。

楽天市場の後払い

  • NP後払い:株式会社ネットプロテクションズによる後払い決済サービス
  • アトディーネ:ジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社の後払い決済サービス

私たち購入者からどちらの後払い使うかは選ぶことはできませんが、手数料や支払い期限などの条件は一緒なので安心して後払い決済にすることができます。

後払い決済選んだ場合、「NP後払い」または「アトディーネ」から請求書が送られてきます。

現在は「ハガキ郵送」から「お支払い用電子バーコード付きのメール送付」となっています。

楽天市場の後払いの会員登録は?

「NP後払い」と「アトディーネ」の請求書は、購入した商品と同じ住所に送付されるため、面倒な会員登録は必要ありません。

現在は、支払い用電子バーコード付きのメールが送られてきます。

ですが、「NP後払い」の場合、会員登録を行うと「200円につき1NPポイント」を貯めることができます。

「NPポイント」は楽天市場で貯まる「楽天スーパーポイント」とは別に付与されるため、ポイントを2重で獲得できるお得な特典です。

一方、「アトディーネ」にはポイント制度はないため、「NP後払い」の方が少しだけお得と言えます。

「NP後払い」で貯めたポイントは商品交換や懸賞応募に使えるほか、同じ会社の別の後払いサービス「atone」でのお買い物にも利用できます。

合わせて読みたい
atoneの手数料や支払い方法は?Qoo10で使える後払いについて
atoneの手数料や支払い方法は?Qoo10で使える後払いについて

続きを見る

スポンサーリンク

楽天市場の後払いの支払い期限は?

「NP後払い」「アトディーネ」ともに、支払い期限は請求書発行後14日以内です。

現在は、支払い用のメールが届いてから14日以内です。

「注文してから」や「請求書が届いてから」ではなく、「請求書発行後」の14日以内という点に注意してください。

楽天市場の商品を後払いで決済後、請求書は商品と一緒に同封される場合もあれば、商品とは別に送られてくる場合もあります。

そのため、請求書が手元に届く頃には、支払い期限まで数日過ぎていることにもご注意ください。

また、複数のお店で後払いにした場合や同じお店でも別々のカートから注文した場合は、それぞれの請求書送られてきます。

1回にまとめて注文すると手数料を節約できるよ。

楽天市場の後払いの支払い方法は?

楽天市場で後払い決済をすると、請求書がハガキまたはメールで送られてきます。

届いた請求書を持ってコンビニのレジへ持って行き、期限までに支払えば後払いが完了します。

支払いができるコンビニ例

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • セイコーマート

後払いの支払いは、コンビニ払いだけではなく、銀行振込も可能です。

請求書には振込先口座が記載されているので、そちらへ振り込めばOKです。

ただし、銀行への振込手数料が別途必要なので注意してください。

振込先口座は毎回違うので注意してください。

LINE Pay請求書支払い

「NP後払い」の場合、コンビニ払い、銀行振込の他にも「LINE Pay請求書支払い」が可能です。

やり方は簡単で、届いた請求書のバーコードをLINE Payのコードリーダーで読み込むだけでOKです。

LINE Payを利用している人にとっては便利な支払い方法なので利用してみてください。

スポンサーリンク

楽天市場の後払いの審査や上限額は?

楽天市場の後払い「NP後払い」と「アトディーネ」の審査は、クレジットカードやキャッシングと比較しても甘めです。

後払い決済の審査は「個人信用情報」を必要としないため、クレジットカードなどでトラブルを抱えている人でも、楽天市場で後払いが利用可能です。

ただし、過去に後払いで滞納などのトラブルがある場合は、審査に落ちる可能性があるので注意してください。

審査が甘いとはいえ、過去に後払いで滞納などのトラブルがある場合は、審査に落ちる可能性があるので注意してください。

楽天市場で後払いが可能な上限額は54,000円です。

楽天市場での後払いの上限額は一般的に54,000円ですが、利用状況や店舗の設定によって下がる場合もあります。

注文時の審査は数秒から数時間で完了しますが、店舗側の営業時間や営業日によって違いがあるようです。

後払いを滞納するとどうなるの?

後払いの支払いを滞納すると、今後の後払い利用に制限がかかることがあります。

滞納期間が長くなると、債権回収機関から連絡が来ることもあります。最悪の場合、裁判などの法的処置がとられる可能性もあるので、速やかに支払いを済ませましょう。

楽天市場の後払いの手数料は?

楽天市場で後払い決済を選択した場合、「NP後払い」と「アトディーネ」のどちらも手数料が250円かかります。

この手数料は「請求書発行費用」なので、支払い方法がコンビニ払いであっても銀行振込であっても必要です。

手数料は後払いの請求額に含まれるため、商品代と合わせて支払うことになります。

請求書は後払い決済ごとに発行されるので、複数のお店で後払い決済をすると、それだけ手数料もかかります。

手数料を節約するためには、1回の注文で後払い決済をすることをおすすめします。

楽天市場で後払い決済にするやり方

楽天市場で注文する商品を、後払い決済にするやり方はとても簡単です。

まずは、楽天市場で欲しい商品をカートに入れ、お支払い方法の選択まで進みましょう。

お支払い方法が表示されたら「後払い決済」を選択して注文を確定させればOKです。

楽天市場で後払いにするやり方

あとは、商品と請求書が送られてくるのを待ち、後払いの支払いを済ませましょう。

楽天市場で後払い決済ができるオススメ店舗

楽天市場で後払いが可能と言っても、すべての店舗で後払いができるわけではありません。

店舗の設定により後払いができないお店もあるので、事前に店舗の支払い方法を確認することをオススメします。

後払いにするメリットは以下のようなものが挙げられます。

後払いのメリット

  • 注文後、着金を待たずに発送可能
  • 料金支払い前に商品を確認できる
  • クレジットカード情報を入力する必要がない
  • 宅配ボックスで受取り可能

楽天市場で後払い決済ができるオススメの店舗は「楽天24」です。

楽天24とは、食品や洗剤、トイレットペーパー、お水などの、毎日使う日用品をまとめて注文できる通販サイトです。

生鮮食品は買えないものの、食品や日用品を注文できるネットスーパーのように利用できるのでおすすめです。

楽天24の送料は770円(沖縄は1,210円)が必要ですが、3,980円以上注文すれば送料無料となります。上手にまとめ買いをして、無駄な手数料を節約しましょう。

楽天市場の後払い決済の使い方まとめ

楽天市場の後払いは「NP後払い」「アトディーネ」の2つがあります。どちらの後払いにするかは選べないので、届いた請求書で支払いましょう。

請求書は商品と一緒、または商品とは別に送られてきます。請求書発行から14日以内に支払いましょう。

楽天市場から後払いにできる限度額は54,000円。手数料は250円です。

お金がなくて今月ピンチ!という時の食品購入にとても助かる後払い決済です。

特にオススメは楽天24での後払いなので、是非利用してみてください。

合わせて読みたい
後払い決済ができるオススメのネット通販サイト3選
後払い決済ができるオススメのネット通販サイト3選

続きを見る

-お金・資産, ショッピング・通販
-,