Amazonの後払い「Paidy翌月払い」の使い方

Amazonの後払い「Paidy翌月払い」の使い方 買い物・レビュー

Amazonの商品を後払いで購入できる「Paidy翌月払い」をご紹介します。

お金がない時にお米や食品などを、後払いで注文できるのは助かりますよね。

私が実際にAmazonでPaidy翌月払いを利用してみたので参考にしてみてください。

さらに!手数料を無料にする方法も書いてあるのでお得ですよ!

Paidy翌月払いとは?

Paidy翌月払いとは、ネット通販サイトで後払い決済ができるサービスです。

クレジットカードのような面倒な登録手続きや審査は必要なく、「メールアドレス」「携帯電話番号」があれば簡単に登録できるのが魅力です。

Paidyには年齢制限がないので、未成年であっても親権者の同意を得れば利用可能となっています。

Paidy翌月払いの使えるサイト

Paidyを使えるサイトはAmazonだけではありません。数多くの通販サイトで、Paidyによる後払いが可能となっています。

Paidyが使える主なサイト
  • Amazon
  • Qoo10
  • DMM.com
  • ビックカメラ.com
  • EDWIN

オススメ通販サイトは「Amazon」と「Qoo10」です。

どちらも総合通販サイトなので、食品やファッション、家電、ゲームなど、後払いで購入することが可能です。

「Paidy(ペイディー)翌月払い」とは?(ユーザー様向け)
Paidy

Paidy

Paidy Inc.無料posted withアプリーチ

Paidyへの支払い方法は?

Paidyを使ってAmazonの商品を後払い決済をした場合、以下の方法でPaidyへ支払いをします。

  • コンビニ払い
  • 口座振込
  • 口座振替

それぞれ手数料と支払い期限(引き落とし日)が異なります

Paidy翌月払いの手数料と支払期限

コンビニ払い

各コンビニに設置されている端末(Loppi、Famiポートなど)に、請求番号を入力して支払票を発行。レジへ持っていき支払います。

支払期限:翌月10日
手数料:356円

銀行振込

請求金額を銀行振込します。振込先はそれぞれ違うのでマイページ(MyPaidy)で確認してください。

支払期限:翌月10日
手数料:無料(各金融機関の手数料が発生します)

口座振替

指定した口座から請求額が引き落とされます。

支払期限:翌月12日
手数料:無料

支払い方法支払日手数料
コンビニ払い翌月10日356円
銀行振込翌月10日無料
口座振替翌月12日無料

コンビニ払いの手数料は356円と、他の後払い決済と比較しても高額です。

無駄な手数料を節約するためにも、支払い方法は「口座振替」にしておくことをオススメします。

口座振替は手数料無料で「翌月12日」に自動的に引き落とされます。支払いに行く手間も省けるので時間の節約にも繋がります。

支払方法変更のやり方は、Paidyアプリから左上「≡」→「設定」→「支払い方法」から可能です。

口座振替は全国の主要銀行の他、ジャパンネット銀行や楽天銀行などのネット銀行にも対応しています。

Paidy翌月払いの限度額は?

Paidyには支払い限度額がありません。ですが、誰でも高額商品を後払いにできるというわけではないので注意してください。

AmazonでPaidy後払いで決済すると、その決済ごとに審査を行っています。この審査結果によっては、Paidyでの後払いができない場合があります。

もし決済した時に「決済が承認されませんでした」というメッセージが表示された場合には、合計金額を下げるか別の支払い方法を選択しましょう。

審査と言っても、クレジットカードやキャッシングのような「個人信用情報」を調べるわけではありません。

Paidyを利用して過去に滞納やトラブルを起こしていなければ、余程の高額でない限り審査に落ちる可能性は低いでしょう。

AmazonでPaidyを使えない?

現在、一部のAmazon利用者はPaidy翌月払いが使えないようです。

使えない理由は公表されていませんが、Amazonの利用履歴や過去のトラブル状況により制限されている可能性があります。

Amazonの支払い方法でPaidyが表示されない場合は、諦めて別の支払い方法を選択するかAmazonに問い合わせをしてみてください。

ヘルプから上記表記が消えたので個人的な利用制限はなくなったかもしれません。

ちなみに、以下の商品への支払いについてはPaidy翌月払いを使えません。

  • Amazonギフト券
  • デジタルコンテンツ
  • Prime Nowご注文
  • Amazonフレッシュご注文
  • Amazon Pay利用のお支払い
  • 定期おトク便ご注文
  • 1-Click注文
  • 一部の商品のご注文
  • 合計額が100万円(税込)以上のご注文
  • Amazonビジネスのご注文

また、Paidyと他の支払い方法を組み合わせて使うことができないので注意してください。

例:2,000円の商品を「Paidy翌月払い1,000円+Amazonギフト券1,000円」で支払うことができません。

AmazonでPaidy翌月払いを登録する方法

では、AmazonでPaidy翌月払いで決済できるように登録しましょう。

Amazon公式サイトの左上にある「≡」をタップします。

Amazonでpaidy翌月払いを登録する方法

メニューが表示されるので「アカウント」をタップします。

Amazonでpaidy翌月払いを登録する方法 アカウントをタップ

アカウントサービスが表示されるので「お支払い方法の管理」をタップします。

Amazonでpaidy翌月払いを登録する方法 お支払い方法の管理をタップ

「お支払オプションを管理」から「お支払い方法を追加」をタップします。

Amazonでpaidy翌月払いを登録する方法 お支払い方法を追加をタップ

「Paidy翌月払いアカウントを追加」をタップします。

Amazonでpaidy翌月払いを登録する方法 Paidy翌月払いアカウントを追加をタップ

「氏名」「Eメールアドレス」「携帯電話番号」を入力します。

Amazonでpaidy翌月払いを登録する方法 名前メールアドレス電話番号を入力

「請求先住所」「電話番号」に間違いがないことを確認したら「同意して認証コードを送信する」をタップします。

Amazonでpaidy翌月払いを登録する方法 認証コードを送信する

SMSで届いた4桁の認証コードを入力して「認証コードを検証」をタップすれば、Paidy翌月払いの登録完了です。

Amazonでpaidy翌月払いを登録する方法 認証コードを入力する

あとはAmazonでお買い物するだけ!

AmazonでPaidy決済のやり方

Amazonの支払い方法にPaidy翌月払いを追加したら早速使ってみましょう。

Amazonから欲しい商品を探してカートに入れ、購入手続きを進めていきます。

「お支払い方法を選択」で「Paidy翌月払い」を選択し、「次に進む」をタップします。

AmazonでPaidy翌月払いの使い方

注文内容に間違いがないことを確認し、「注文を確定する」をタップすればPaidy翌月払いでの注文完了となります。

AmazonでPaidy翌月払いを使って後払いにする方法

場合によってはSMSの4桁認証コードが必要になるので、その都度入力して決済してください。

Amazonの後払い「paidy」の使い方についてのまとめ

支払い方法支払日手数料
コンビニ払い翌月10日356円
銀行振込翌月10日無料
口座振替翌月12日無料
  • 携帯番号とメールアドレスで登録可能
  • SMSの認証コードでかんたん決済
  • 限度額なし
  • 当月分をまとめて翌月払い
  • 手数料を無料にできる

簡単にAmazonから後払いで注文できるので、今月お金がなくてピンチ!という時に食品を買える貴重な決済方法です。

また、口座振替の手数料無料により無駄な手数料を節約できるので、計画的に使えば普段使いでも便利な決済方法でもあります。

是非、みなさんもAmazonのPaidy翌月払いを利用してみてください。

Amazonのお買い物はこちらから!
AmazonでPaidy後払い決済するAmazon公式サイトへ移動します
タイトルとURLをコピーしました