漫画・アニメ・動画

Blank Room Soupの考察!検索してはいけない言葉は検索してもいい言葉だった!?

2020年7月31日

Blank Room Soupの考察!検索してはいけない言葉は検索してもいい言葉だった!?

検索してはいけない言葉にも記載されている「Blank Room Soup.avi」という動画について調べました。

不気味で怖い動画が好きな人なら、1度は見たことがあるんではないでしょうか。

泣きながらスープを食べさせられている姿は「最後の晩餐」「娘や妻を・・・」など、さまざまな噂のある動画です。

真相が気になった私はBlank Room Soupについて調べ考察してみたので、みなさんの考察の参考にしてください。

Blank Room Soup.aviの動画

まずは、検索してはいけない言葉の元となったであろう「Blank Room Soup.avi」の動画を確認してみます。

「Blank Room Soup」を翻訳すると「白い部屋のスープ」でしょうか?英語読めないのでわかりません。

この「Blank Room Soup.avi」という動画は「creepypaste」チャンネルから「2014年1月28日」にアップロードされてます。

「creepypaste」は、「creepy(不気味)」と「Copy paste(コピペ)」から作られた言葉。ネット上のコピペで広まった噂や都市伝説のことを言います。

Blank Room Soup.aviの噂・都市伝説

「Blank Room Soup」の動画では、男性が泣きながらスープを食べています。

それを、着ぐるみを来た2人が慰めるという、なんとも不気味で怖い内容の動画になっています。

このことから、

  • 拉致されて最後の晩餐
  • 妻や子供たちを食べさせられている

などの噂や都市伝説のストーリーが語られています。

また、Blank Room Soupの動画は「ディープウェブ(深層ウェブ)」と呼ばれる、インターネットの地下エリアから発見された動画であるという噂もあり、「検索してはいけない言葉」としても人気のある動画となっています。

「ディープウェブ(深層ウェブ)」は、普通にはたどり着くことのできないインターネットの闇・無法地帯の場所です。

ディープウェブ(深層ウェブ)の噂の出どころは?

Blank Room Soupの動画がディープウェブ(深層ウェブ)から見つかったという噂の出どころは、おそらく海外の人気Youtuberから広まったんじゃないかと思います。

例えばこの「DEEP WEBをブラウジングしたった!」みたいな動画!これは2015年の動画だね。

このBlank Room Soup.aviについて、「ReignBot」という人気Youtuberが「Raymond S. Persi(着ぐるみの作者)」にメールで問い合わせたところ、

  • RayRay(着ぐるみの名前)が盗まれた
  • その後、動画の添付ファイルがメールで送られてきた

という回答をもらった、とされる動画をアップしました。

きぐるみはRaymond S. Persiが作ったRayRayだということがわかっています。

この動画は2015年の話です。

Blank Room Soup.aviの元となるオリジナル動画

2014年1月28日「creepypaste」からアップロードされた「Blank Room Soup.avi」ですが、実は元となるオリジナルの動画あります。

それが「freaky soup guy」です。

こちらのfreaky soup guyは「renaissancemen」チャンネルから「2005年11月26日」にアップロードされています。

「freaky soup guy」を翻訳すると「気紛れなスープ男(Google翻訳より)」になります。

Blank Room Soupより9年前には、スープを飲まされる男の動画があったということです。

「freaky soup guy」の続き動画?「soup torture」

この「freaky soup guy」には、続きと思われる動画あります。

それが「soup torture」という動画で、「adana」チャンネルから「2006年9月8日」にアップロードされました。

2021年現在、adanaチャンネルは存在することが確認できますが、「soup torture」の動画は削除されていて確認できません。

消された過去のwebサイトを見ることのできる「Wayback Machine」から、「adana」チャンネルと「soup torture」を確認することができるので、気になる人はそちらからチャンネルを確認してみてください。

動画の内容は以下のものと同じです。

「soup torture」の意味は「スープ拷問」。

「adana」チャンネルの「soup torture」動画説明には「Japanese figures in wierd video.(日本人の不気味な動画)」と書かれていることが確認できます。

泣きながらスープを食べているのは日本人なのだろうか・・・?

現時点のまとめ

  • freaky soup guy動画がrenaissancemenチャンネルで2005年11月26日にアップロード
  • soup torture動画がadanaチャンネルで2006年9月8日にアップロード
  • Blank Room Soup.avi動画がcreepypasteチャンネルで2014年1月28日にアップロード

Blank Room Soupの着ぐるみは何なのか?

Blank Room Soupに登場する不気味な着ぐるみ、あれはいったい何なのか気になりますね。

この着ぐるみの正体は、検索すると案外簡単に出てきます。

着ぐるみの名前は「RayRay」。「Raymond S. Persi」という人物が作り出しました。

「Raymond S. Persi」は、アメリカの監督・脚本家・プロデューサー・アニメーター・声優など、マルチに活躍するクリエイターです。

「シンプソンズ」で有名らしい。「Walt Disney Animation Studios(ウォルトディズニーアニメーションスタジオ)」の「Wreck-It Ralph(シュガー・ラッシュ)」や「Frozen(アナと雪の女王)」、「Zootopia(ズートピア)」などの人気作品にも大きく関わってる人物。

スポンサーリンク

RayRayの着ぐるみとは?

「RayRay」は、2002年にRaymond PersiとPaul Pistoreが作ったキャラクターです。

Raymond Persi自身を現したキャラクターなので「Raymond」の「Ray」から名付けたようです。

RayRayの活動は、主に「Mutaytor」というバンドと一緒に、イベントでのパフォーマンスを行っています。

活動の内容は動画で確認できるので見てみてください。

dailymotion、metacafe、RayRayVision、renaissancemenは10年ほど前のアップロードを最後に更新されてません。

Raymond Persiは2017年まで更新がありました。

各チャンネル、同じ動画もあれば、その動画投稿サイトにしかアップロードしていない動画も確認できます。

バラバラな感じもするけど、関連性もありそうだよね。

チャンネルにアップされた動画の1つ「Stolen Babies: Push Button The End Records」を見てみます。

この動画は「Stolen Babies」というバンドのMVになります。動画内には「RayRay」が登場し、何らかの関係があると伺えますね。

「Stolen Babies」のボーカルは「Dominique Lenore Persi」で、「RayRay」の作者「Raymond S. Persi」の妹だそうです。

別の動画を見てみましょう。

metacafeのRayRayTv(閉鎖)にある「RayRay- Gil Is Missing」という動画です。バンド「Stolen Babies」のドラム「Gil Sharone」が誘拐されるシーンです。

metacafeは閉鎖したようです。動画の内容は以下のものと同じです。

metacafeのRayRayTvでは

  • 2007年12月29日 → RayRay- Gil Is Missingアップロード
  • 2007年12月30日 → Soup Tortureアップロード
  • 2007年12月30日 → Freaky Soup Guyアップロード

の順番でアップロードされています。

Gil Sharoneが誘拐され拉致監禁。そしてスープを食べさせられている(目的は不明)。

というストーリーが考えられませんか?

「Gil Sharone」を画像検索するとタトゥーがあるので、実際にスープを食べているのは違う人。動画説明にあった「Japanese figures in wierd video.(日本人の不気味な動画)」とも矛盾するので、正解ではないかもしれません・・・

metacafe RayRayTvにある「RayRay- Gil Is Missing」の動画説明には以下のように書かれています。

A missing drummer. A lonely alley. Maybe RayRay has the answer…(行方不明のドラマー。 孤独な路地。 たぶんRayRayが答えを持っています…)

Directed and Edited By(監督および編集): Raymond Persi
Assistant to RayRay(RayRayのアシスタント): Elan Trinidad

「Gil Is Missing」の誘拐シーンは「Raymond Persi」によって、何らかの目的があって作られたことがはっきりわかりますね。

Blank Room Soupの真相?バンドプロモーション説

これらRayRayが登場する動画から、Blank Room Soupの元動画となる「freaky soup guy」「soup torture」は、バンド「Stolen Babies」のプロモーションだったのではないか?という考察が多く出回っています。

バンド「Stolen Babies」は2006年にアルバムを出しています。

  • freaky soup guy → 2005年11月26日にアップロード
  • soup torture → 2006年9月8日にアップロード

RayRayの不気味な動画を出すことにより、RayRayの登場するバンド「Stolen Babies」に注目させるためのプロモーションです。

RayRayを生み出した「Raymond S. Persi」は、アメリカの監督・脚本家・プロデューサー・アニメーター・声優など、マルチに活躍するクリエイターです。

バンド「Stolen Babies」ボーカルの妹と協力して考え出したプロモーションだったというのが私の考察結論です。

今で言う「ステマ」だね。

また、metacafe RayRayTv(閉鎖)にある「Freaky Soup Guy」と「Soup Torture」(Wayback Machineで確認できます)の動画タグを見てみると、「stolen」「babies」が含まれています。

RayRayたちにスープを飲まされている動画はStolen Babiesと関係がある

ということがはっきりと見て取れます。

Blank Room Soupその他の考察

ここまで書いてきたBlank Room Soupの考察について、以下のサイトを参考にさせてもらいました。

サイトの内容は中国語で書かれていますが、Google翻訳で読むことが可能です。

これまでの考察以外にも分析してあるサイトがあります。いくつかを搔い摘んでご紹介します。

チャンネルアカウント主はRaymond Persiなのか?

RayRay関連のチャンネルアカウントは以下のようなものがありました。

Youtubeチャンネル「Raymond Persi」と「renaissancemen」は、「Sierra(Raymondの奥さん)」の動画を確認できるのでRaymond Persi本人、または関係者のチャンネルで間違いないと思われます。

その他チャンネルも、そのチャンネルにしかない「RayRay」や「Stolen Babies」の動画がアップロードされていることから、Raymond Persi本人、または関係者のチャンネルで間違いないのではないでしょうか。

RayRayの立ち姿勢が同じ

Raymond Persiは、「ReignBot」という人気Youtuberからの問い合わせに対し「RayRayの着ぐるみは盗まれた」「動画はメールで送られてきた」と語っています。

ということは、2005年11月26日、最初にアップロードされた「freaky soup guy」は、それ以前に盗んだ犯人が撮影した動画ということになります。

metacafe RayRayTvにある「RayRay- Gil Is Missing」動画の説明欄には以下のように書かれていました。

A missing drummer. A lonely alley. Maybe RayRay has the answer…(行方不明のドラマー。 孤独な路地。 たぶんRayRayが答えを持っています…)

Directed and Edited By(監督および編集): Raymond Persi
Assistant to RayRay(RayRayのアシスタント): Elan Trinidad

RayRayに入るアシスタントは、パフォーマンスをするために中に入る人は決まっていたようです。

RayRayの動画をいくつか見てみると、立っている時の手の組み方、この姿勢は決まったものなのではないか?ということが見て取れます。

Blank Room Soup考察 立っている姿勢が同じ
Blank Room Soup考察 立っている手の組み方が同じ

着ぐるみが盗まれて犯人が撮影したとされる動画も、同じように手を組む姿勢が見て取れます。

Blank Room Soup考察 同じパフォーマーが中の人

RayRayは2002年に作られたので、盗まれるまでの期間はおよそ3年。その期間にアップロードされた動画は確認できませんでした。

着ぐるみを盗んだ犯人がRayRayと同じ姿勢をすることはできるでしょうか?

たまたま一緒になった可能性もありますが、同じパフォーマーが中に入っていると考えた方が自然な気がします。

Adana's Childrenについて

Youtubeの「adana」チャンネルを覚えてますか?「soup torture」がアップロードされて、そして削除されたチャンネルです。

そのチャンネルと関係ありそうな「Adana's Children」チャンネルが「2016年12月4日」に開設されました。

動画は4本アップロードされてるチャンネルですが、これも恐らくRaymond Persiのチャンネルだと思われます。

「Adana's Children」チャンネルにアップされてる「Performance No. 67」という動画は、黒い目線の入れ方が「Blank Room Soup」そっくりですよね。

この「Adana's Children」は、「RayRay」を盛り上げるために作られたチャンネルなのではないか?と私は考察します。

理由を含めて、下にまとめます!

Blank Room Soupのまとめと考察

「Raymond Persi」は2002年、自身の分身キャラである「RayRay」を作り出しました。

「RayRay」は、「Mutaytor」というバンドと一緒にパフォーマーとして活動させます。

2005年~2006年頃、「Raymond Persi」の妹「Dominique Lenore Persi」が所属するバンド「Stolen Babies」のプロモーションに「RayRay」を使うことを考えます。

MVにRayRayを登場させましたが、いまいち注目されません。

RayRayによって謎の男がスープを食べさせられているという不気味な動画、2005年に「Freaky Soup Guy」と2006年に「soup torture」を作りステマしましたが、こちらもいまいち注目されることなく時が過ぎていきます。

10年後・・・

2015年、YoutuberがDEEP Web(深層Web)から「Blank Room Soup.avi」という謎の男がスープを食べさせられている動画を発見します。

恐らくどこかの暇人が、プロモーションとして注目されなかった「Freaky Soup Guy」の動画を改変し、謎の動画「Blank Room Soup.avi」としてDEEP Web(深層Web)から発見したことにしてYoutubeにアップロードしたのでした。

その不気味さ・怖さから、

  • DEEP Web(深層Web)で見つかった怪しい動画
  • 男の最後の晩餐
  • 〇肉を食べさせられている動画

という都市伝説が広がり、Youtuberにも人気が広まります。

「Blank Room Soup」に注目したとあるYoutuberが、動画に登場する「RayRay」の作者「Raymond Persi」に真相について問い合わせます。

「Raymond Persi」は、昔作ったプロモーション用の動画が、現在謎の動画として注目されていることに気づきます。

脚本家・クリエイター魂をくすぐられた「Raymond Persi」は、プロモーションだった!と真相を語ることをやめ、

  • RayRayは盗まれた
  • 盗まれた直後、この動画が送られてきた

と、尾ひれを付けて情報を流します。

RayRayがBlank Room Soupとして注目されていることを知ったRaymond Persiは、2016年に「Adana's Children」チャンネルを開設。

RayRayを盛り上げようとしたけれど、Blank Room Soupの謎だけが独り歩きしていった・・・というのが「Blank Room Soup.avi」の真相じゃないかと思います。

一言でまとめれば「Raymond Persi」のステマ・自作自演です。

長くなりましたが、真実は「Raymond Persi」にしかわかりません。皆さんはどのように考えますか?

みんなはこれを読んでる!

-漫画・アニメ・動画