買い物・レビュー

中華製アクションカメラ「APEMAN A79」レビュー

2021年2月24日

中華製アクションカメラ「APEMAN A79」レビュー

中華製アクションカメラ「APEMAN A79」がタイムセールで安くなっていたので購入しました。

アクションカメラは「Crosstour CT9500」を持っているので、比較対象は

「APEMAN A79」を購入しようか悩んでいる人は是非参考にしてみてください。

APEMANの種類

APEMANのアクションカメラは5種類Amazonで販売されていて、それぞれ特徴が違います。(2021年2月24日現在)

APEMANA68A77A79A87A100
解像度1080P4K 30fps4K 30fps4K 60fps4K 50fps
画素14MP20MP20MP20MP20MP
バッテリー1050mAh1050mAh1050mAh1050mAh1350mAh
動画フォーマットMOVMOVMOVMP4MP4
外形寸法6 x 5 x 4 cm6 x 4.2 x 2.5 cm5 x 3 x 2 cm5 x 3 x 2 cm6.1 x 4.5 x 2.4 cm
重さ58 g63.5 g63 g63.5 g68 g
wifi×
外付けマイク××××
タッチパネル×××
リモコン×
価格2,480円4,980円5,980円9,980円10,980円
クーポン-500円OFF
クーポン
2,000円OFF
クーポン
2,000円OFF
クーポン
3,000円OFF
クーポン

クーポンを使えばすべて1万円以下で購入可能です。クーポンの値引き額は日によって違うので、出来るだけ最安値になる条件で購入するのがオススメです。

2月24日現在、最安値になるクーポンを確認したよ!

APEMANのAmazonでの評価

APEMANのシリーズは1,000以上のレビュー数から3.9~4.4の評価を得ています。ただ、サクラチェッカーを利用してみると・・・

APEMANレビュー数評価サクラチェッカー
A6829383.960%
A7796374.490%
A7935814.399%
A8711254.399%
A10010784.399%

サクラレビューが多い可能性があります。

Amazonでのレビューや評価は鵜呑みにせずに、レビューブログなども参考にしながら購入を検討することをオススメします。

サクラレビューだから悪い評価か?

サクラレビューが99%だから悪い商品なのか?というと、そうでもないと私は思います。

Goproなどと比較すれば、それは悪い商品であることは間違いないですが、クーポンを使えば5,000円以下で購入できるアクションカメラです。

下手したら子供のおもちゃより安いカメラです。

5,000円以下のカメラがどれくらいの性能なのかが評価のポイントなので、実際の映像を確認しながら評価の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

APEMAN A79の付属品

APEMAN A79の付属品は以下の通りです。

  • 防水ケース
  • USBケーブル
  • バッテリー×2
  • フレーム
  • マウント
  • スイッチサポート
  • アダプタ
  • 自転車スタンド
  • クリップ
  • 粘着テープ
  • ヘルメットマウント
  • リボン
  • ワイヤロープ
  • マイク
  • リモコン
  • 包帯

バッテリー2個付いてるのは嬉しいですが、バッテリー充電器は付属してません。APEMAN本体に入れて充電する必要があるので注意してください。

APEMAN A79のレビュー

APEMAN A79をレビューしていきます。私がAmazonで購入した時、タイムセールで1,000円OFFのクーポンがあったので購入しました。

APEMAN A79レビュー 外箱

今日見たら2,000円OFFクーポンがあったよ・・・

付属品はたくさんあります。正直、何に使うのかよくわかってません。A79限定で外付けマイクが付属しています。

APEMAN A79レビュー 付属品 バッテリー2つ 外付けマイク

バッテリーは2個付いているので便利ですが、充電器が付属していません。ちなみにですが、Crosstour CT9500に付属していた充電器で充電することができました。

本体は小さくて軽いです。Crosstour CT9500と比べると一回り小さいですね。

APEMAN A79レビュー 本体外観 Crosstour CT9500との比較

レンズ保護カバーも購入しました。ノーブランドの安いカバーがピッタリでした。

APEMAN A79レビュー レンズ保護カバー

APEMAN A79の底面にバッテリーを入れるところがあるんですが、蓋がとても外しにくいです。

取説通りに指だけで外すことは難しいので、細い針やピンセットのようなものを引っかけて取ることをオススメします。

APEMAN A79の録画映像

APEMAN A79を持って撮影してきました。

ついでにCrosstour CT9500も持って行ったので動画の比較してみようと思います。

まずはAPEMAN A79の動画です。1080P30FPS手振れ補正ONで撮影してます。

文字や数字も読むことができますし、案外綺麗に写ってるんじゃないでしょうか。

ただ、手振れ補正についてはちょっと弱い気がしますね。なんだかプルプル震えたような映像になっている気がします。

外部マイク付けてませんが、音声に関しては綺麗に取れてると思います。

同じ場面をCrosstour CT9500で撮影してみました。1080P30FPS手振れ補正ONで撮影してます。

Crosstour CT9500の方が価格が高いので性能は上だと思います。

手振れ補正が強いですし、色もこちらの方が綺麗ですね。ただ、音声がほとんど聞き取れません。

外部マイクもつけられないので、音に関しては諦めるしかないアクションカメラですね。

APEMAN A79のリモコン

APEMAN A79のリモコンは「録画開始・停止」と「写真撮影」の2つのボタンしかありません。

リモコンを使って電源ON/OFFやwifiのON/OFFができるかと期待していたので残念です。

APEMAN A79のアプリ

APEMAN A79の取説には「Live DV」のアプリを使ってくださいと書いてありました。

画像が乱れたり使い勝手が良くなかったので他のアプリを探したところ、「Apeman」というアプリを発見。

Apeman

Apeman

Shenzhen Apeman Innovations Technology Co.,Ltd無料posted withアプリーチ

たぶんですけど、これってAPEMANの公式アプリなんじゃないかと思います。

リアルタイムで映像が綺麗に見れるし、録画した動画もかんたんにスマホへダウンロードすることができます。

APEMANのアクションカメラを使うなら、APEMANの公式アプリを使うのが一番安定するかもしれません。

ちなみに、APEMANのアプリを使ってCrosstour CT9500を接続することも可能でした。

APEMAN A79のレビューのまとめ

APEMAN A79は、通常5,980円、クーポン使った最安値だと3,980円の格安で購入できるアクションカメラです。

価格の割には綺麗に取れますが、手振れ補正が弱いカメラなので、サブ機として使うのがオススメです。

音声は本体だけでも綺麗に撮ることができますが、外部マイクの取り付けも可能です。

そこそこの映像で、綺麗な音声付きで録画したい場合に、5,000円以下で購入できるアクションカメラとしてオススメです。

今なら2,000円クーポンあり!
APEMAN A79をAmazonで購入する

関連記事

-買い物・レビュー