XHP160の明るさとは?Amazonで安いLEDライト購入して違いを比較してみた

XHP160の明るさとは?Amazonで安いLEDライト購入して違いを比較してみた

現在、ブログテーマの変更中でデザインが崩れている場合があります。申し訳ございません。

当ページのリンクには広告やプロモーションが含まれています。

停電の時に明かりを探してみたらスマホしかなく、これは危険だ!ということで、AmazonからXHP160LEDライトを購入しました。

結論から言うと、かなり明るい!

このLEDライトは停電や緊急時だけでなく、夜間に外出する時の日常的な使用にもおすすめです。

明るくて使いやすいので、似たようなXHP160のLEDライトを購入して明るさの比較をしてみることにしました。

また後日、XHP50のLEDライトを購入しました。

LEDライトを購入したいけど、XHP160やXHP50の違いや、明るさについて気になる方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

目次

XHPとは?

XHPとは一体何なのか?

XHPについて調べてみましたが、私にはかなり難しくて…正しいかどうかよくわかりません。

間違えている可能性もあるので、他の情報からも補完をお願いします。

XHPは、「CREE」という企業が提供する、業界最高クラスの照明性能を持ったLED「XLamp LEDs」グループの、「XHPシリーズ」として開発・販売しているLEDのようです。

ホームページを確認すると、「XLamp XHP35.2」「XLamp XHP50」「XLamp XHP70」というLED商品が確認できます。

「XHP50」や「XHP70」の数字部分は、LEDのドーム部分のサイズを示しています。

製品サイズMAXルーメン
XLamp XHP35.2 (HD/HI)3.45 x 3.45 mm1284
XLamp XHP50.3 (HD/HI)5 X 5 mm2320 (HD)
2191 (HI)
XLamp XHP70.37 X 7 mm4124
XLamp XHP70.27 x 7 mm4124
XLamp XHP50.25 x 5 mm2320
XLamp XHP707 x 7 mm2947
XLamp XHP505 x 5 mm1938
XHP Family of LEDsより

「XHP50」なら5mm×5mm、「XHP70」なら7mm×7mmのサイズです。

XHPとは?懐中電灯 LEDライト CREE 50 70 160 90

Amazonで販売している「XHP90」や「XHP160」ですが、「CREE」のホームページを見る限りそのXHPシリーズは確認できませんでした。

中国オリジナルの可能性あるかと思います。

XHPの数字が大きければ明るい?

XHPについて、LEDドームの大きさが「XHP50」なら5mm×5mm、「XHP70」なら7mm×7mmでした。

となると、「XHP160」は16mm×16mmということになります。

私のような詳しくない人間からすると、LEDドームが大きければ明るいのでは?と考えてしまいますが、実際にはそうでもないようです。

LEDの明るさの単位は「ルーメン(光束)」や「ルクス(照度)」、「ケルビン(色温度)」など、いろいろな側面からの見方があるため、これなら明るい!という決まりはなさそうです。

基本的に、LEDは流れる電流が大きくなれば明るくなります

では、LEDドームの大きさは何に影響するかというと、より大きな電流を流すことができるか?という点に影響するかと思います。

ということは、LEDドームが大きくなったとしても、付属しているバッテリーや搭載できる電池の数が同じであれば、「XHP50」と「XHP160」を比較しても、明るさについて大きな差はほとんど出ないのではないでしょうか。

XHP160のLEDライトレビュー

今回購入したXHP160のLEDライトは以下の2本です。

購入したLEDライト
  • メーカー名:EXLATEXXHP160
    9100ルーメンの懐中電灯
  • メーカー名:KENSUNXHP160
    11000ルーメンの懐中電灯

現在、同じ型のLEDライトは販売しておりません。

XHP160 懐中電灯 明るさ比較 Amazon EXLATEX KENSUN LEDライト
仕様EXLATEXKENSUN
サイズ17.4×4.3×3.5cm18×4.8×3.4cm
重さ205g
バッテリー別
(26650:68g)
240g
バッテリー別
(26650:68g)
LEDXHP160XHP160
明るさ9100ルーメン11000ルーメン
照射距離500m500m
バッテリーリチウムイオン電池
26650
リチウムイオン電池
26650
充電micro USBType-C
防水IP65IPX67

まず、「業界初のXHP160搭載」と書かれていましたが、間違いではないでしょうか。

「XHPシリーズ」を開発・販売している「CREE」のサイトを確認すると、「XHP160」はありませんでした。

また、2本のLEDドームを確認してみると、同じ「XHP160」ですが明らかにLEDドームのサイズが違います。

XHP160 懐中電灯 明るさ比較 EXLATEX KENSUN LEDの大きさが違う

LEDドームのサイズは、EXLATEXの方が大きくてKENSUNの方が小さいです。

XHP160の明るさ比較

仕様を確認すると、EXLATEXは「9100ルーメン」でLEDドームは大きいですが、KENSUNは「11000ルーメン」でLEDドームは小さいです。

LEDドームが小さいKENSUNの方が数字上明るいことになりますが、明るさを比較すると確かにKENSUNの方が明るい印象があります。

ほんの少しの気持ち程度の違いです。

下の写真はわかりにくいですが、左がKENSUN、右がEXLATEXです。KENSUNの方がEXLATEXよりも広範囲で少し明るく照らせました。

XHP160 懐中電灯 明るさ比較 EXLATEX KENSUNの方が広範囲で明るい LEDライト

黒い横線しましまはカメラのレンズを通すと見えるフリッカーと呼ばれる現象のようです。目では見えません。縦の黒い線は部屋の壁のつなぎ目です。

このLEDはヘッド部分を伸ばすことで集光することができます。左がKENSUN、右がEXLATEXです。

XHP160 懐中電灯 明るさ比較 EXLATEX KENSUNの方が集光できて明るい LEDライト

KENSUNの方がEXLATEXよりも集光でき、わずかに明るく照らせました。

XHP50のLEDライトの明るさ

後日、「XHP50」のLEDライトを購入しました。

XHP50 LEDライト 比較 明るさ

比較はできていないですが、体感では「XHP160」と同等の明るさだと思います。

ちなみに、「Temu」から700円程度で購入しました。

XHP160LEDライトの明るさ比較のまとめ

XHP160のLEDライトについて紹介しました。

今回、明るさを比較してみたLEDライトは「KENSUN」「EXLATEX」の2本です。

同じ「XHP160」でしたが、LEDドームの大きさに差がありました。

明るさを比べてみると大差はなく、どちらも明るさ十分かと思います。

また、「XHP50」のLEDライトを購入してみましたが、こちらも明るさ十分でした。

より明るいLEDライトを探すのであれば、バッテリーや電池を直列で搭載できるLEDライトを検討する方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次