賃貸の入居審査で落ちた!?ビレッジハウスなら年収が低くても通る可能性がある!

敷金・礼金・手数料・更新料が無料のビレッジハウスは、家賃も安くて低収入の味方!

大手不動産会社で賃貸契約の入居審査に落ちた人でも、まだ通る可能性はあるよ!諦めないで!

私自身、パート1人・無職1人でも審査に通った闘いの記録をここに記すので、賃貸の審査に落ちた人やビレッジハウスを検討している人は是非読んでみてください。

賃貸契約の入居審査とは?

実家暮らしや持ち家の人には縁のない「賃貸契約の入居審査」

1人暮らしや社会人になる時の「お部屋探し」で、初めて体験することですよね。

そもそも、賃貸契約って何のためにするのか?一緒に考えていきましょう。

「部屋を借りる」ということは、学生時代の「消しゴムを借りる」のとはワケが違います。

消しゴムよりも大きく、高価で、重要なものを貸し借りすることになるので、きちんとした「契約」を結ぶことが必要です。

賃貸契約を結ぶ理由を考えるのに一番簡単な方法は「貸す側の立場で考えてみる」ことです。

自分のお部屋を他人に貸すとなった時、「この人に貸しても大丈夫だろうか?」と心配になりますよね。

具体的な心配点を挙げるとするなら、

  • 家賃を滞納なく支払ってくれるか?
  • 隣人に迷惑をかけないか?
  • 部屋や周りを綺麗に使ってくるれるか?

などが考えられます。

この中の1つでも心配な点があれば、お部屋を貸したくないですよね?

つまり入居審査というのは、「この人はトラブルを起こす心配がなく、安心して貸すことができるか?」ということを見ている審査になります。

入居審査に必要な書類は?

「私は、安心してお部屋を貸せる人間ですよ!」といことを証明するために、提出しなければいけない情報と書類があります。

  • 入居する人の名前や住所、生年月日などを証明するもの
  • 入居する人の勤務先や年収を証明するもの
  • 万が一のための連帯保証人や連絡先

具体的には「免許証」や「住民票」、「所得証明書」「源泉徴収票」「印鑑証明」「保証人の承諾書」「保証人の所得証明」などなど・・・

入居審査に必要な情報や書類は、管理会社や大家さんによって異なります。

ガッチガチに書類が必要なところもあれば、人柄だけで貸してくれる昔ながらのお部屋も探せばあります。

ただ、大半の賃貸物件はきちんとした審査をしてから部屋を貸すか貸さないかを決定しているので、上記のような情報と書類は最低限必要になると思います。

入居審査の最重要項目とは?

賃貸契約の入居審査で一番重要になるのが「家賃を支払っていけるか?」という点です。

どれだけ人柄もよく、隣人とトラブルも起こさないような人であっても、家賃を払ってもらえなければ貸主の収入になりません。

そのため入居審査では、家賃の支払い能力というのが最重点でみられる項目となっています。

一般的な審査の基準として挙げられているのが「家賃は月収の1/3」ということです。

月収が20万円であれば家賃6~7万円、月収が10万円であれば家賃3万円程度の物件が目安になります。

せっかく住むのだから良いところに住みたい!という気持ちはありますが、自分の収入に合わせた賃貸選びが重要となります。

もちろん、入居審査でみる点は家賃の支払い能力だけではありません。

収入には問題なくても、身だしなみが悪かったり、横柄な態度をとるような人ではトラブルの心配により審査に落ちる可能性があります。

スーツでびしっと!とまではいかなくても、最低限の身だしなみやマナーは守って、お部屋探しをすることをオススメします。

ビレッジハウスの入居審査は甘い?

この記事を読んでいる人はズバリ!「ビレッジハウスの審査に落ちるのではないか?」と心配しているのではありませんか?

賃貸物件の中でもビレッジハウスの審査は甘いと言われていますが、全員が審査に通るわけではありません。

が!「ビレッジハウスの審査は甘い!」これに間違いはありません。

そもそもビレッジハウスは、国の事業で建てられた「雇用促進住宅」というものをリノベーションして、安い家賃で提供している賃貸物件です。

ビレッジハウスの家賃は20,000円~ということで、「家賃は月収の1/3」という一般的な審査基準からみても、フリーターやパートでもクリアしやすい条件となっています。

しかも、ビレッジハウスは「職業」「年齢」「国籍」は関係なく、「高齢者」や「外国人」、「低収入」など、他賃貸の入居審査では落ちてしまうような条件であっても、審査に通りやすいことで有名です。

これは内緒ですが、実は家賃1万円台のお部屋もたくさんあるんですよ・・・

パートと無職が入居審査してみた結果・・・

私たちは、無職とパートなので審査に落ちるんじゃないかと心配してました。

まずは思い切って、ビレッジハウスへお部屋の問い合わせを行いましょう。

ビレッジハウスのサイトから「ビレッジハウス住まい相談センター」へメールで問い合わせるのが便利で簡単です。

住みたい地域や家賃などの条件を書いて問い合わせると、条件に合った物件を探してくれます。

メールで問い合わせたら内見の予定日を決定して、実際にお部屋を見に行きます。

その時にビレッジハウスの管理人にお部屋を案内されますが、この人は審査担当ではありません。

ビレッジハウスの入居審査は、審査部が専門で行います。

内見時に「申込書」を記入したら、管理人の方が書類を審査部へと送付してくれます。

審査にかかる時間は、早い人で1日、2日程度で完了するようですが、長いと1週間以上の時間が必要となります。

審査完了までの時間に差があるのは「問題がない人」と「問題がある」人との差だそうです。

審査の期間中は「ビレッジハウス住まい相談センター」を通して、審査部からの質問に回答したり、追加書類の提出に対応します。

私の場合ですが、収入が少ないことが心配だったため、僅かながらのネット収入もスクショを取ってすべて送りました。

問題ない人なら審査にすんなり通るんでしょうが、私のような低収入の場合など、問題ある場合には審査部の人に事細かに聞かれます。

例えば、〇〇の証明書は出せますか?とか、〇〇の理由は何ですか?とか。

嘘はよくないので、真摯な回答を心がけましょう。

審査部の人が私のような者を審査するために、事細かに聞いてくれるのも嬉しいですが、「ビレッジハウス住まい相談センター」の人も丁寧な内容でメールを送ってくれるので書きやすい!

ビレッジハウスと5、6ターンのメールのやり取りの結果、2日で無事に審査が完了しました。

審査が心配なら、恥ずかしがらずに出せるものはすべて出すことが重要!

条件によっては無職もワンチャンある!

ビレッジハウスは低家賃のため、収入が少ない人でも審査に通る可能性があることがわかりました。

では不安定な職種や無職の場合、さすがに無理か・・・と思うかもしれませんが、可能性が0というわけでもありません。

ビレッジハウスでは敷金無料を掲げていますが、借り手の条件によっては敷金を求めることもあります。

敷金は退去する時の原状回復や家賃滞納時に代わりとして使われる「万が一の保険のようなお金」です。

つまり、「今の条件では厳しいけど、敷金を払っといてくれるなら審査OK」という可能性もあるのです。

また、ビレッジハウスは連帯保証人も必要ありません。

が!これもまた借り手の条件が厳しい場合には、連帯保証人を付けることで審査に通る可能性もあります。

私の印象では、ビレッジハウスの審査はかなり柔軟に対応してくれます。

「これで厳しいならこれならどうか?」「このような条件ではどうか?」など、こちらから条件を提案してみるのも方法の1つかと思います。

バイト始めます!とか増やします!とか、出せるカードはすべて出し切ってみよう!

ビレッジハウスの審査についてのまとめ

ビレッジハウスは、国の事業である「雇用促進住宅」をリノベーションしているため、低家賃で提供されている賃貸物件です。

低家賃なので、一般的な家賃の目安「家賃は月収の1/3」をクリアしやすく、フリーターやパートなどの低収入な職業であっても審査に通りやすくなっています。

大手不動産会社で賃貸契約の審査に落ちた人は、ビレッジハウスを検討することをオススメしますよ。

その時は、自分の持ってるすべての情報を提供することで、審査の合格を目指しましょう!

タイトルとURLをコピーしました