ビレッジハウスは汚い?内見時に確認すべき5つのこと

敷金・礼金・手数料・更新料無料の格安家賃で住めるビレッジハウスですが、実際のお部屋はどんな感じなのか?

汚い部屋よりは綺麗な状態の部屋に住みたいですよね。

ビレッジハウスに住んで1年が経とうとしている私が生の口コミと、内見の時に確認すべき5つのことをご紹介します。

ビレッジハウスは古い建物!

ビレッジハウスと契約する前に知っておきたいこと。それは「建物が古い」ということです。

ビレッジハウスは国の事業「雇用促進住宅」として、1960年代から建てられました。

つまり、築40年、築50年、築60年という建物が多く存在するのです。

ビレッジハウスでは、この「雇用促進住宅」時代の状態の部屋を、そのまま提供しているわけではありません。

部屋はリノベーションされ、新しく生まれ変わった状態で提供されています。

リノベーションとは、リフォーム(原状回復)ではなく、新たな機能を取り付け、価値を高める改修作業のことです。

とはいえ、パット見た感じには綺麗に見えても、細かいところで不具合や汚いところがあります。

実際に住んでいる私が、現在の部屋の様子や内見時に確認した方がいいことをご紹介していきますよ。

ビレッジハウスの壁はどんな感じか?

まずは、ビレッジハウスのサイトで公開されている、とある部屋の写真を見てみましょう。

ビレッジハウスのお部屋

ビレッジハウスのお部屋は白を基調にした、とてもさわやかなお部屋です。

隣人との部屋や外との隔たりはコンクリートで、室内の部屋の壁は木材となっています。

部屋の壁は遠目でみるととてもなめらかできれいな白に見えますが、近づいてみると

ビレッジハウスのお部屋 実際の壁の様子

結構ぼこぼこしてます。

釘の跡や、以前住んでいた人の画びょうやネジ穴などが目立ちます。

このくらいなら許容範囲かもしれませんが、もっとすごいボコボコがありますよ。

ビレッジハウスのお部屋 お風呂場の天井はボコボコ

これはお風呂場の天井です。コンクリートの壁は壊れてしまうと修復しないことも多いようです。

部屋の壁がぼこぼこしてるからと言って、住むことに支障はありません。

ですが、見た目が気になる人は部屋の壁や天井に注目することをオススメします。

ビレッジハウスの玄関の状態は?

ビレッジハウスの玄関は鉄の扉です。

玄関の扉を閉めたとき、ドアとドア枠の隙間はかなり大きいです。

内見の時にはドアを閉めて隙間のチェック、電気が通ったら換気扇を回して隙間からの風量をチェックすることをオススメします。

そのままにしておくと虫が入ってくるくらいの隙間なので、隙間テープは必須です。

隙間テープを使ったら、ゴキブリを見かけなくなりました。

玄関は鉄、その周りはコンクリートでできてます。

雨の日など、湿気の多い日は結露がすごいです。

内見の時には玄関の内側が汚れてないか?カビが生えてないか?をチェックすることをオススメします。

内側からの音漏れも大きいから、玄関を閉めて話し声がどれくらい漏れるか確認しておくといいよ。

ビレッジハウスの風呂の床は?

ビレッジハウスのお風呂はリノベーションされていて、中には追い炊き付きのお風呂も多くあります。

お風呂そのものには文句ないほどいいお風呂なんですけど、注目してほしいのはお風呂の床

お風呂の床材って、ビジネスホテルのブラスチックのような樹脂素材をイメージする人が多いんじゃないでしょうか?

ビレッジハウスは築40年!

ずばり!昭和のお風呂の床はコンクリートです。

大根をおろしたら綺麗におろせるだろうな、と思えるくらいざらざらとした床です。

それは別にいいんです。お風呂マットでも敷けば問題ありません。

ですが、気になるのはその塗装!これがやたら剥がれるんですよね。

ビレッジハウスのお部屋 お風呂場の床はコンクリート 塗装が剥がれる

ちょっと擦っただけでも剥がれるし、何なら足を乗せただけでも足裏にくっついてきます。

その状態で部屋をうろうろすると、床に灰色の塗装がいっぱい落ちてることがよくあります。

内見でお風呂を見たとき、床の塗装はどんな感じかチェックすることをオススメしますよ。

ビレッジハウスに自治会・町内会はあるのか?

自治会や町内会は強制ではなく、入らないという選択肢もあります。

が、自治会や町内会に入らないと、ゴミを捨てられないなどの面倒な制約が付く場合もあります。

ビレッジハウスには、自治会・町内会が「ある」ところと、「ない」ところがあるようです。

内見の時にはビレッジハウスに自治会・町内会があるのか、確認することをオススメします。

私が住んでいるビレッジハウスには自治会・町内会はありませんでした。

自治会や町内会は「ない」方が気楽ですが、逆に言うと誰も管理してくれないということになります。

ゴミは捨て放題、建物の周りや階段は掃除しないので、虫の死骸だらけでかなり汚い状態になるので注意してください。

自主的に掃除や草刈りしている人は見受けられます。

ビレッジハウスに外国人はどれくらい住んでいるか?

ビレッジハウスは敷金・礼金・手数料・更新料が無料で、家賃が安いということもあり、フリーターや高齢者、外国の人が多く住んでいます。

ビレッジハウスに住む外国の人たちは日本語ができない方も多く、文化が全く違う人たちも多いです。

ゴミ捨てや音のマナー、治安的な意味も含めて、このビレッジハウスには外国人がどれくらい住んでいるのか?聞いておいた方がいいでしょう。

個人情報は教えられる時代ではないので、何割くらい住んでいるのか?が聞ければいいかと思います。

日本人多めの方が、気休めではありますが治安やマナーで安心できる点も多いかと思うので、確認しておくのもオススメです。

ビレッジハウスで確認した方がいいことのまとめ

ビレッジハウスは雇用促進住宅をリノベーションした古い建物です。

築40年を超える建物も多く、破損や汚れも多く目立ちます。

ビレッジハウスに気持ちよく住むために

  • ビレッジハウスの壁
  • ビレッジハウスの玄関
  • ビレッジハウスのお風呂の床
  • 自治会・町内会の有無
  • 外国人の多さ

について、内見時にでも確認することをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました