ウサギが餌を食べなくて困った時の我が家の対処法

ウサギに限らずですが、ペットを飼っていると事故や病気などのトラブルは付き物です。

我が家のウサギも何度か「餌を食べてくれない」という状況になったことがあります。

つい最近も、餌を食べないので焦ってしまいました。

そんな時!これをやったらウサギが餌を食べてくれた!という方法を紹介します。

餌を食べなくなった状況

朝起きて、ウサギにチモシーを追加しても身動きせず。いつもなら、袋の音だけでも立ち上がって欲しがるのに・・・

隅っこでゴロンとしたまま動きません。よく見ると、夜の間にうんちも出てない様子です。

我が家では、たまに野菜をあげる程度で、ほぼチモシーだけ食べさせてます

キャベツはおやつとしてよく食べてくれるますが、出してみてもまったく見向きもしません。

  • 身動きしない
  • 餌を食べない
  • うんちが出ない

ウサギが餌を食べない原因は?

ウサギが餌を食べない理由は様々あります。

ウサギが病気だった場合、動物病院に連れて行き獣医師さんに診察してもらうのが一番安全です。

近所の動物病院で、ウサギを診察できる病院は把握しておくことをオススメします。

ウサギを外に連れ出すのはストレスが・・・という場合は、自宅まで往診してくれる獣医師さんを見つけておく必要もあります。

ウサギの毛球症で餌を食べない

ウサギは自分の毛を毟り取って食べちゃいます。毛づくろいで毛を飲み込んでしまうこともあります。

ウサギが飲み込んだ毛は、正常ならきっちり排泄されます。

だだし、消化管が弱っている場合には上手く排泄されず、胃や腸などの消化管内で溜まってしまいます

溜まった毛により消化管の機能が低下し、食欲がなくなったり、うんちが出なくなったりします。

この状態を「消化管うっ滞」と言い、放っておくと命に係わる病気です。

「消化管うっ滞」の原因は、

  • 繊維質(チモシーなど)が少ない食事
  • ストレスや怪我などの痛みなどでの食欲低下
  • その他病気による食欲低下

などなど、原因はとなるものは多いので注意してください。

繊維質の多いチモシーを食べさせることで毛玉症を予防することができます。

野菜やペレットを食べさせる機会が多い場合は毛玉症に注意してください。

ホームセンターで売ってる安いチモシーでも大丈夫だよ。

ストレスで餌を食べない

ウサギの受けるストレスは日頃から気をつけることができます。

飼い主が気をつけて見てあげることをオススメします。

ウサギは季節の変わり目、「暑くなった」「寒くなった」でもストレスを感じる場合があります。

ウサギが快適に過ごせる室温は20度前後と言われています。エアコンで一定の温度を調節してあげてください。

氷や毛布などで調節してあげるのもオススメだよ。

また、引っ越しや生活環境の変化にもストレスを感じる場合があります。

ウサギの周りはなるべく穏やかな環境にしてあげるのが、ストレス軽減になります。

歯が伸びすぎて食べない

ウサギは歯が伸び続けます。1年で10cmも伸びるそうですよ。

飼い主が気が付かないうちに歯が伸びてしまい、咬み合わせが悪くなったり、口内を傷つけてしまったりすることがあります。

口の中が痛くなり、餌を食べなくなることもあるので、歯や口の状態はよく見てあげましょう。

歯が伸びすぎないようにするためにはチモシーを食べさせるのが一番です。

チモシーの硬さがウサギの歯を削ってくれます。

繊維質で腸内環境を整えるのにも有効なので、メインの食事はチモシーにすることをオススメします。

ウサギのエサはチモシー最強です!

我が家でのウサギが餌を食べなくなった時の対処法

これは今回、餌を食べなくなった我が家のウサギの対処法です。

ウサギが餌を食べなくなった場合は、動物病院で獣医師さんに診察してもらうことをオススメします。

我が家のウサギが餌を食べなくなった時、耳を触ると冷たくなっています。

「消化管うっ滞」の症状が出ると、低体温になる場合が多いようです。

このまま低体温にしておくと、ウサギにとって良くないので体を温めてあげます。

手のひらを耳や背中に当ててウサギの体を温めます。5分温めて5分休んで5分温めて・・・を繰り返します。

すると、草を少しずつですが食べてくれるようになります。

我が家の場合は、これで数回乗り切ってますが、実際に効果があるのかは不明です。

逆に体温が高い場合や「消化管うっ滞」ではない場合、他原因の場合ではウサギの体を温める方法ではダメです。

場合によっては悪化させてしまう危険性もあるので、獣医師の指示を仰ぐことをオススメします。

我が家のウサギは7歳になってまだまだ元気だよ!

タイトルとURLをコピーしました