【ビレッジハウス口コミ】最上階のメリットとデメリット

私、ビレッジハウスの最上階に住んでいるんです。

マンションの最上階ならではのメリット・デメリットがあるのでご紹介したいと思います。

これからビレッジハウスのお部屋探しを検討している人は、是非参考にしてみてください。

ビレッジハウス最上階のデメリット:階段が大変

ビレッジハウスは、主に5階建てになります。

タワーマンションタイプもありますが、こちらはエレベーターがあるのでいいでしょう。

5階建てのビレッジハウス、こちらにはエレベーターが付いていません

エレベーターが付いていないということは、自力で階段を上り下りしないといけません。

階段の自力の上り下りで大変なのは、引っ越し

引っ越しの荷物を置きに階段を往復するのは、それはもう大変でした。

運動不足人からすると、ハードな筋トレになります。

冷蔵庫など大型家電も自力で運んだので、足も腕もパンパンでした。

普段の生活の場合、最上階は運動不足解消にちょうどいいかもしれません。

が、自粛期間中や引きこもりの場合、郵便ポストを見に行くのが面倒です。

たまに、ポストからはみ出したまま入れてある郵便物もあるので、読まれたり盗まれたりしないように注意が必要です。

ビレッジハウス最上階のデメリット:鳥の糞

マンションのベランダにハトやカラスなど、鳥が来ることもあると思います。

それでも、人が部屋にいる場合、鳥がベランダに来ることはあまりありませんでした。

ところが、ベランダの手すりには鳥の糞が・・・

実は、鳥が屋上から糞を落としているんです。

ビレッジハウスの屋上に鳥の巣があるのかはわかりませんが、最上階のベランダの上あたりを飛ぶのは何度も見かけています。

ベランダの手すりに鳥の糞を落とされると、布団など大きなものが干せません

また、病原菌にもなりやすいので、鳥の糞の掃除は欠かせません。

なるべく鳥の糞の処理を少なくしたい場合は、最上階以外のお部屋をオススメします。

ビレッジハウス最上階のメリット:人が来ない

ビレッジハウスの階段を最上階に上っても、最上階のすべてのお部屋に繋がってないところが多いです。

例えば、501と502は同じ階段。503に行く場合は一度降りて隣の階段を上らないといけません。

これって訪問する人からするとものすごく大変ですよね。

以前私が住んでいた平屋の借家とビレッジハウス最上階を比較すると、明らかに見知らぬ訪問者が少ないです。

宗教の勧誘はたまに来ますが、それでも少ない方だと思いますよ。

また、玄関前をうろうろする人が居ないのもメリットでしょう。

玄関前の廊下が横に繋がっている場合、上り下りする階段って建物の端にありますよね。

同じ階の人が出入りすると、他人の部屋の前をうろうろ・・・玄関前でカツカツ足音がするのって嫌じゃないですか?

足音もそうだし、人が通る気配や物影が見えたりして、私は苦手なんですよね。

最上階の場合、玄関前を通るのは隣の部屋の人くらいなので、人の通りを気にすることなく過ごせるのはメリットですね。

ビレッジハウス最上階のメリット:上の部屋がない

ビレッジハウスはコンクリの建物なので、部屋の話声は隣へ聞こえにくいです。

ですが、物を落としたり引きずったりする衝撃音は、かなり響きます

ある日の深夜、私が寝ていると下の階で引っ越しでもしてるのか?と思うくらい物を引きずる音がしていました。

下の階の物音なので、枕に耳を付けなければさほど気になりません。

ですが、これが上の階で行われていた場合、下の階の人は間違いなく目が覚める音でしょう。

ビレッジハウスは外国人が多く、日本のマナーは通じない場合が多いです。

最上階のお部屋なら、上の階の音を気にすることなく過ごすことができるので、少しでも静かに過ごしたい場合にオススメです。

ビレッジハウス最上階のメリットとデメリットのまとめ

デメリット
  • 階段が大変
  • 鳥の糞が上から落ちてくる
メリット
  • 人が来ない
  • 上の部屋がない

ビレッジハウスは敷金・礼金・更新料・手数料が無料の格安賃貸なので、贅沢は言えませんね。

地域の平均家賃相場よりも安い値段で住めるビレッジハウスは、全体的にメリットの方が大きいと私は思っています。

家賃を安くしたいひとは、是非ビレッジハウスを検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました