ビレッジハウスの初期費用は安い?いつ払う?私が支払ったのは〇,〇〇〇円!

ビレッジハウスの初期費用は安い?いつ払う?私が支払ったのは〇,〇〇〇円!

現在、ブログテーマの変更中でデザインが崩れている場合があります。申し訳ございません。

当ページのリンクには広告やプロモーションが含まれています。

新しい引っ越し先を探す時に頭を悩ませるのが「初期費用」です。

家賃が安くても、敷金礼金、手数料、仲介料が加わると、予想より高額になることもありますよね。

そこでおすすめなのが、敷金礼金なし、手数料や仲介料も無料の「ビレッジハウス」です。

今回のブログ記事では「ビレッジハウスの初期費用」について紹介します。

ビレッジハウスの初期費用はいくら支払うのか?いつ払うのか?気になる方はぜひ参考にしてみてください。

私が実際に支払ったのは6.770円でした!

スポンサーリンク

目次

初期費用の敷金や礼金とは?

ビレッジハウスでは敷金礼金が無料ですが、そもそも敷金と礼金とは何なのでしょうか?

敷金とは?
  • 家賃滞納時の保証
  • 退去時の原状回復に利用
  • 余剰分は退去時に返還
礼金とは?
  • 大家さんへの感謝の気持ち
  • 返還されない

簡単に言えば、敷金は「一時的な保険料」で、礼金は「大家さんへのお礼」です。

最近では礼金が無料の物件も増えているようです。一人暮らしでも二人暮らしでも金額に大きな変動はありません。

もし、敷金や礼金が必要となる場合、以下のような初期費用となります。

敷金3か月+礼金1か月+手数料0.5か月+前家賃1か月=初期費用

その他、共益費や管理費、オプション料金などが必要になることもあります。

例えば、家賃3万円のお部屋を見つけた場合、初期費用は以下のような金額となります。

敷金9万円+礼金3万円+手数料1.5万円+前家賃3万円=16.5万円

私は現在、ビレッジハウスから家賃4万円の賃貸へ引っ越しましたが、初期費用として15.5万円支払いました…

ビレッジハウスの初期費用は敷金礼金が無料!

ビレッジハウスは敷金と礼金が無料で、手数料や仲介料も一切かかりません。

例えば、ビレッジハウスの家賃が3万円の場合、以下のような初期費用となります。

敷金0円+礼金0円+手数料0円+前家賃1か月+日割り家賃=3万円+日割り家賃

同じ家賃でも、敷金礼金が必要になる賃貸物件に比べて、ビレッジハウスなら初期費用を10万円以上節約できます。

ビレッジハウスでは、入居当月の日割り家賃が必要になります。また、物件によっては火災保険料が必要になる場合もあります。

ビレッジハウスの初期費用をもっと安くできる!

ビレッジハウスでは、入居当月の「日割り家賃」と翌月の「前家賃」が初期費用としてかかりますが、もっと安くできるキャンペーンが実施されています。

現在、ビレッジハウスでは2つのお得なキャンペーンが開催中です。

ビレッジハウスのキャンペーン
  • 家賃キャッシュバック
    初期費用の前家賃から最大30,000円が割引
  • フリーレント
    翌々月の家賃が無料

家賃キャッシュバックキャンペーン

家賃キャッシュバックは、初期費用で必要な「翌月の前家賃」から最大30,000円が割引になるキャンペーンです。

例えば、家賃3万円のビレッジハウスと契約した場合、初期費用は「3万円+日割り家賃」ですが、家賃キャッシュバックを利用すると3万円割引となり、初期費用が「日割り家賃」だけになります。

フリーレントキャンペーン

フリーレントは、翌々月の家賃が無料になるキャンペーンです。

ビレッジハウスの初期費用が安くなるわけではありませんが、翌々月を無料で住むことのできるお得なキャンペーンとなっています。

例えば、家賃3万円のビレッジハウスと契約した場合、キャッシュバックキャンペーンを利用すると初期費用が「日割り家賃」だけでしたよね。

つまり、翌月の家賃が無料です。

さらに、フリーレントキャンペーンを利用すると、翌々月の家賃が無料となるため、2か月間無料で住むことも可能となります。

私は実際に家賃キャッシュバックとフリーレントを利用して、初期費用を安く節約できました!

キャッシュバックとフリーレントキャンペーン対象外の物件もあるので注意してください。

ビレッジハウスの初期費用はいくら?

ビレッジハウスの初期費用について、私が実際にいくら支払ったのかを紹介します。

私が契約したビレッジハウスの家賃は「29,000円」です。「2K」の間取りで、近隣家賃の相場と比較しても格安でした。

また、このビレッジハウスは「家賃キャッシュバック」と「フリーレント」キャンペーン対象物件でした。

上記条件で、私が実際に支払った初期費用は以下の通りです。

日割り家賃6,770円+前家賃0円=6,770円

ビレッジハウス 家賃キャッシュバック キャンペーン 初期費用 いくら いつ払う 日割り

私は8月に賃貸契約を結び、入居したので、8月の日割り家賃のみが初期費用となりました。

さらに、フリーレントキャンペーンのおかげで、翌々月の家賃が2ヵ月分無料です。

ビレッジハウス フリーレントキャンペーンで家賃無料 初期費用 いつ払う いくら 日割り
具体的な初期費用
  • 8月分の家賃:日割り6,770円支払い
  • 9月分の家賃:無料
  • 10月分の家賃:無料
  • 11月分の家賃:10月27日初回引落

8月に初期費用6,770円支払って、10月27日までお金がかかりませんでした!

ビレッジハウスの初期費用はいつ払う?

ビレッジハウスの初期費用はいつ払うのかについて紹介します。

ビレッジハウスの初期費用は、入居審査が完了し、賃貸契約書が送られてきた後に支払います。

賃貸契約書と一緒に、初期費用の「支払金額」と「振込先」が記載された書類が送られてきます。

この書類を基に、指定された期限内に初期費用を支払いましょう。

期限内に初期費用を支払わない場合、入居当日に鍵を受け取ることができません。

ビレッジハウスの初期費用についてのまとめ

ビレッジハウスの初期費用について紹介しました。

ビレッジハウスでは、敷金礼金手数料仲介料が無料なため、初期費用を安く抑えることが可能です。

また、家賃キャッシュバックやフリーレントキャンペーンを利用することで、さらに初期費用を安くすることが可能です。

私が実際に支払った初期費用は、日割り家賃の6,770円でした。

引っ越ししたいけど、初期費用が高額になることが不安な方は、ぜひビレッジハウスを検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次