パソコン画面をGIFアニメにできるScreenToGifの使い方が簡単で便利

パソコン画面をGIFアニメにできるScreenToGifの使い方が簡単で便利 パソコン・スマホ

グラブルというゲームを遊んでいて、ゲームプレイを動画のように簡単にGIFアニメにできたら楽しそうだな・・・と思って見つけたのが「ScreenToGif」

同じようなGIFアニメ作成ソフトを使ったことがないので比較はできませんが、「ScreenToGif」を使ってみて他のを探して使ってみようとは思いません。

「ScreenToGif」を使って、パソコン画面をGIFアニメにするのがめっちゃ簡単なんです!

ScreenToGifのダウンロード・インストール

下のサイトから「ScreenToGif」本体をダウンロードします。

TOPページの上の方に「ScreenToGif」をダウンロードできる場所があります。

ScreenToGifのダウンロードサイト

左側が「msi」、右側が「zip」になっています。

今は左が「Installer(インストールタイプ)」、右が「Protable(zipタイプ)」になってます。

「msi」と「zip」の詳しい違いは分かりませんが、簡単に言うと「msi」はインストールされて、「zip」はインストール不要で利用することができるようです。

両方使ってみましたけどソフト自体に違いはありません。

ダウンロードする場所は英語ですが、ソフトは日本語になっていますよ。

ScreenToGifの使い方

ScreenToGifの使い方

ScreenToGifを起動すると「レコーダ」「webカメラ」「ボード」「エディタ」が表示されます。

今回はパソコン画面をGIFアニメにするため「レコーダ」を選択します。

レコーダをクリックすると白い枠が表示されます。この白い枠内がGIFアニメにしたい範囲になります。

ScreenToGifのウィンドウサイズ

白い枠のサイズは、ブラウザのウィンドウと同じように自由に変更できます。

「px」を入力することで、好みのサイズを指定できますよ。

「fps(1秒あたりのフレーム数)」も変更できるので好みに合わせてください。

「fps」の数字が大きいと滑らかな映像になりますが、容量が増加します。

録画と停止

ScreenToGifの録画と停止

録画範囲の準備ができたらGIFアニメの録画開始です。

白い枠右下の「記録」をクリック、または「F7」で録画開始。

白い枠右下の「停止」をクリック、または「F8」で録画停止となります。

簡単に記録と停止することができます。

録画したGIFアニメを編集する

ScreenToGifの録画したアニメを編集する

「記録」を開始し「停止」をクリックすると「エディタ」画面になります。

録画したGIFアニメを編集する画面ですね。

最初の上部メニューは「ホーム」で、録画したフレームをコピーしたり切り取ったりすることができます。

「プレイバック」は再生やフレーム送りなどですが、同じものがエディタウィンドウの右下にあります。

「トランジション」はフレームにフェードやスライドなどの効果を加えることができます。

主に使うエディタは「編集」「画像」かな?と思います。

編集

「編集」ではフレームを入れ替えたり、表示間隔を変えたりできるようです。

ScreenToGifの録画したアニメを編集

編集に慣れてきたら使うものっぽいので、ここではフレームの削除を行います。

下に表示されているフレームを選択して、上にある「以前を削除」で前のフレームを、「以後を削除」で後のフレームを一気に削除してくれます。

GIFアニメにする最初と最後を綺麗にカットできるので便利です。

画像

画像ではフレームを反転させたり、文字入れしたりすることができます。

ScreenToGifのリサイズ

これも慣れたら楽しそうですが、ここでは「リサイズ」でGIFの画面サイズを変更します。

「幅」や「高さ」を入力してリサイズを行います。

アスペクト比を維持しておけば、幅か高さのどちらかを指定すると自動で調整してくれます。

「dpi」はドットの密度らしいです。数字が多ければ線などが滑らかに表示されるようです。

幅や高さが決まったら「適用」をクリックしてリサイズします。

ScreenToGifのリサイズで容量を小さくする

画像表示が小さくなりました。

サイズが大きいと容量が増えてしまうので、なるべく小さくするのがオススメです。

保存する

ScreenToGifで編集したGIFアニメを保存する

GIFアニメの編集が完了したら上部メニューを「ファイル」に移動し、「名前を付けて保存」をクリックします。

ファイルタイプが「GIF」になっているのを確認して、保存場所とファイル名を記入して「保存」をクリックします。

エンコードに少しの時間がかかりますが、これでパソコン画面のGIFアニメ化が完了です。

ちなみに今回GIFアニメにしたのはゲームグラブルの攻撃シーンです。

ScreenToGifで編集したグラブルのGIFアニメ

日本語でわかりやすいし、直感でも簡単に操作できるので、パソコン画面をGIFアニメ化するならScreenToGifがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました