メルカリやヤフオクでRMTは禁止?ゲームデータ売買ができるフリマ・オークションサイトとは?

メルカリやヤフオクでRMTは禁止?ゲームデータ売買ができるフリマ・オークションサイトとは?ゲーム

飽きてしまって遊ばなくなったゲームデータ、仕事が忙しくて遊べなくなったゲームデータ。

もしも誰かが引き継いで遊んでくれたら・・・お金で買い取ってくれる人がいたら・・・助かりますよね。

逆に、遊びたいゲームがあるけど1からスタートするのは面倒・・・引退する人からゲームデータを引き継げたら強い状態から始めることができますよね。

でも、ヤフオクやメルカリなどフリマアプリでは、ゲームアカウントを売買することができません。

今回は、なぜヤフオクやメルカリではゲームアカウント売買ができないのか?の理由についてご紹介します。

そして!ゲームアカウントを売買できるフリマ・オークションサイトもご紹介するので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

RMT(リアルマネートレード)とは?

ゲームアカウントを現実のお金で売買することをRMT(リアルマネートレード)と言います。

アカウントだけではなく、装備やアイテム、ゲーム内通貨などのゲームデータもRMTが行われています。

RMTの取引市場は年間数千億円と言われており、需要と供給が成り立っていることがよくわかりますね。

RMTは違法じゃないの?

ゲームデータと現実のお金を取引するRMTですが、違法性が問われる場合があります。

2021年9月日現在、RMTをすることによって逮捕される法律はなく、違法ではありません。

しかし、日本国内の多くのゲームがRMTを利用規約で禁止しています。

なぜ、RMTを利用規約で禁止しているのか?というと、

  • BOTやチーターなど不正ツール使用者の増加
  • 取引での詐欺行為

などが挙げられます。

最近ではAPEXなど人気ゲームでのチーターが問題視されてますよね。

BOTやチーターが増加するとなぜダメなのかというと、単純にゲームが面白くなくなってしまうのです。

引退者が続出すればゲーム運営も上手くいかなくなり、最終的にはサービス終了に繋がる可能性があります。

BOTやチーターなど、不正ツールの使用は違法行為であるため絶対にやめましょう!

RMT・アカウント売買は違法行為ではありません。ですが利用規約で禁止されている場合があるので自己責任で行ってください。

ヤフオクやメルカリでアカウント売買は禁止?

RMTについて、メルカリガイドには以下のように書かれています。

ゲームアカウント等の電子データは、取引後に該当アカウントが利用できなくなる等のトラブルに繋がるおそれがあるため、メルカリでの出品を禁止しています。

同様の理由でヤフオクやラクマなど多くのフリマアプリでゲームデータの売買を禁止しています。

以前はヤフオクやメルカリでもゲームアカウント売買が可能でした。

しかし、取引後にアカウントが利用できなくなるなどのトラブルが多発。

さらにアカウントやお金の持ち逃げなど詐欺も横行したため、ヤフオクやメルカリではゲームアカウント売買を禁止にしました。

どこでゲームアカウント売買ができるの?

ヤフオクやメルカリでゲームアカウント売買が禁止されていますが、他の場所で取引が可能です。

現在では3つの場所で主に取引されています。

  • SNS
  • ゲームアカウント売買業者
  • フリマ・オークションサイト

SNSを使ったRMT

twitterやInstagramなど、SNSを使ってゲームアカウント売買を呼びかけています。

この取引方法は業者等を間に挟まない個人取引になり、手数料のかからないお得な取引方法です。

しかしながら、当人同士で直接取引するため、悪意ある相手と取引してしまうと詐欺被害に遭う危険性が高いです。

被害届を出したとしても戻ってくるケースは少ないため、SNSを使ったゲームデータの売買はおすすめしません。

ゲームアカウント売買業者

ゲームデータを買い取り、そして販売する業者があります。ゲームの中古屋さんを想像するとわかりやすいかと思います。

業者ということもあり、安心して取引することができますが、買取価格が安く、販売価格が高いというデメリットがあります。

私が見積もりをお願いした時にはかなり安い値段を提示されたので、買取を止めたことがあります。

フリマ・オークションサイト

ヤフオクやメルカリではゲームデータ売買を禁止していますが、ゲームデータを専門に取り扱うフリマ・オークションサイトがあります。

使い方はヤフオクやメルカリと同じなので、感覚的に利用できるのも嬉しいですね。

ゲームデータを専門に取り扱うフリマ・オークションサイトはいくつかありますが、今回は「ゲームクラブ」のご紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク

ゲームクラブは安全?それとも違法?

ゲームクラブはゲームデータを専門に取り扱うフリマ・オークションサイトです。

老舗RMT.clubとは姉妹サイトとなり、合わせて100万件以上の取引を誇る国内最大級のゲームデータ売買サイトとなっています。

ゲームクラブの使い方はメルカリやヤフオク同様、取引間にゲームクラブが入る形となり、取引金額を一時的に預かることでアカウントやお金の持ち逃げ詐欺を防ぎ、安全な取引が可能となっています。

2021年9月1日現在、ゲームアカウントの売買やRMTに関して逮捕されるような法律はなく、ゲームアカウント売買は違法ではありません。

不正利用者排除の取り組み

ヤフオクやメルカリもそうですが、詐欺目的で利用する人もいるのは間違いありません。

ゲームクラブでは不正利用者を排除する取り組みとして以下のようなことを行っています。

時間と購入金額による制限・3Dセキュア導入・SMS認証・本人確認・サイト内巡回監視

私たちが詐欺に遭わないために、最終的には自分自身の予防策が必要です。

例えば、

  • SNS等、外部での取引は断る
  • ゲームクラブの取引の流れに沿って取引をする
  • 取引相手の評価を参考にする

といった方法で予防することが可能です。

特に気を付けたいのが、「ゲームクラブの取引の流れに沿わない取引」です。

「ゲームクラブに手数料取られるから口座に直接お金を振り込んで」とか「お金は明日払うのでアカウントを先にください」など、これらの誘導は詐欺の危険性が高まります。

必ずゲームクラブの取引の流れに沿って取引するようにしましょう

ゲームクラブで何度か取引しましたが、詐欺被害に遭ったことは一度もありません!

ゲームクラブ取引の流れ

ゲームクラブはヤフオクやメルカリも使っているエスクロー決済システムを採用しています。

エスクローとは、売り手と買い手の間に第三者(ゲームクラブ)を仲介させて取引の安全性を高めるシステムです。

ゲームクラブ 取引の流れ
  1. 売り手:ゲームアカウントを出品する
  2. 買い手:購入手続きをする
  3. 買い手:支払いをする
  4. 売り手:ゲームアカウントを渡す
  5. 買い手:売り手を評価する
  6. 売り手:買い手を評価する

買い手はゲームクラブに代金を預け、売り手はゲームクラブへの入金を確認した後にゲームデータを渡します。

買い手がゲームデータを確認したら、ゲームクラブから売り手へ代金が支払われるシステムです。

ゲームクラブの取引の流れに沿って取引を行えば、詐欺被害の危険性がぐっと低くなり、安全な取引ができることがよくわかりますよね。

ゲームクラブアカウント売買人気ランキング

ゲームクラブで数多く取引されているゲームタイトル=世間で流行っているゲームです。

2021年9月1日現在、どのようなゲームタイトルが売買されているのか?ランキングを見てみましょう。

スマホゲームランキング
  1. ウマ娘
  2. モンスト
  3. FGO
  4. パズドラ
  5. 原神
PCゲームランキング
  1. APEX
  2. フォールアウト76
  3. FF14
  4. BLESS UNLEASHED
  5. チョコットランド

飽きたから引退、リセマラ済み、重・廃課金のアカウントなど、毎日新しいアカウントが出品され、これからゲームを始めようとしている人たちが買い求めています。

ゲームアカウント売買に興味のある人は是非チェックしてみてください。

メルカリやヤフオクでRMTは禁止?ゲームデータ売買ができるフリマ・オークションサイトのまとめ

メルカリやヤフオクではゲームアカウント売買は禁止しています。大きい理由としては詐欺被害の危険性があるためです。

ゲームデータ専門のゲームクラブなら、ヤフオクやメルカリと同じ感覚で取引することが可能です。

2021年9月1日現在、RMTは違法ではありません。

飽きて遊ばなくなったゲームデータがある人、もしくはこれから遊びたいゲームがある人はゲームクラブから探してみるのはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました