RMT.clubとゲームトレード比較!アカウントを売買するならどっちの評判が良い?

RMT.clubとゲームトレード比較!アカウントを売買するならどっちの評判が良い? ゲーム

ゲームアカウントを売買できるサイト「RMT.club」と「ゲームトレード」はどっちがオススメなのか?

結論から言えば併用するのが一番なんだけど、手数料や評判などを比較してみるので参考にしてみてください。

ゲームアカウントを売買するのは違法?危険?

ゲームアカウントの売買はRMT(リアルマネートレード)と呼ばれます。

アカウントや装備、アイテムを現実のお金(リアルマネー)を使って取引するということですね。

ゲーム内で使われる架空の財産を現実のお金を使って売買することは、法律的に違法なのか?というと、2021年1月現在違法ではありません

フリマで取引が禁止されている理由は?

違法ではないのに、何故ヤフオクやメルカリなどのフリマアプリで売買が禁止されているのか?

その理由は、ゲームの利用規約でRMTを禁止しているからです。

日本国内のゲームの多くは、利用規約でRMTを禁止しています。RMTを行うと「ゲーム内のバランスが崩れる」「詐欺や違反行為が行われる」などの危険性が増すためです。

バランスが崩れたり、BOTなどの違反行為が増加するとゲーム利用者が減り、サービス終了に繋がる恐れもあります。

実際、Yahoo!版ドラクエ10は、RMTの対策ができなかったためサービスを終了したと言われています。

RMTは違法ではありませんが、ゲームの利用規約で禁止されています。ゲーム運営会社からアカウント凍結・垢バン等される可能性があるので自己責任でお願いします。

売買可能なゲームタイトルの比較

RMT.clubとゲームトレードでは、どのようなゲームが売買されていて人気なのか?人気ゲームランキングTOP8を比較してみます。

スマホゲーム 2021年1月現在
ランキングRMT.clubゲームトレード
1位モンスターストライクモンスターストライク
2位FGO(Fate/Grand Order)パズル&ドラゴンズ
3位パズル&ドラゴンズ白猫プロジェクト
4位白猫プロジェクトシャドウバース
5位グランブルーファンタジーFFBE
6位プリンセスコネクト!Re:Dive崩壊3rd
7位ドッカンバトルプリンセスコネクト!Re:Dive
8位シャドウバース七つの大罪~光と闇の交戦
パソコンゲーム 2021年1月現在
ランキングRMT.clubゲームトレード
1位FF14千年戦争アイギス
2位ファンタシースターオンライン2あやかしランブル
3位ドラクエ10あつまれ どうぶつの森
4位FF11APEX Legends
5位戦国IXAポケットモンスターソード・シールド
6位Apex Legendsオトギフロンティア
7位フォートナイトドラクエ10
8位フォールアウト76レインボーシックス シージ

どのような集計方法でランキングを決めているのか不明ですが、RMT.clubとゲームトレードでは結構タイトルが違いますね。

人気タイトルの出品数はどうなってるか比較してみます。

RMT.clubゲームトレード
モンスト380000件210000件
FGO260000件370000件
パズドラ150000件90000件

出品総数で見るとRMT.clubの方が多そうですが、タイトルによってはゲームトレードの方が多くなる場合もありそうです。

どちらかのサイトにこだわらず、両方のサイトに出品するのが早くアカウントを売るコツになりそうですね。

売買の流れ比較

RMT.clubとゲームトレードでの売買の流れはほぼ一緒です。ヤフオクやメルカリを利用したことのある人なら迷うことはないと思います。

  1. ゲームアカウントをサイトで出品する
  2. アカウント購入者がサイトにお金を入金する
  3. 入金を確認後、ゲームアカウントを購入者に渡す
  4. サイトから出品者にお金が入金される

ゲームアカウント売買は個人取引ですが、RMT.clubやゲームトレードが仲介することで持ち逃げや詐欺の危険性が減ります。

支払い方法の比較

RMT.clubとゲームトレードの支払い方法を比較してみましょう。

RMT.clubゲームトレード
クレジットカード
コンビニ決済
銀行振込
PayPal×
売上金

クレジットカードについて、ゲームトレードではよくある質問に「使えない」と記載されていたので確認中です。

コンビニ決済は「ローソン」「ミニストップ」が共通で使え、ゲームトレードでは「ファミリーマート」「セイコーマート」も使えるようです。

手数料の比較

RMT.clubとゲームトレード、どちらを使うか大きなカギになりそうなのが手数料です。

RMT.clubゲームトレード
購入者1万円未満:400円
1万円以上:4%
無料
クレジットカード
(決済手数料)
3%3.3%
コンビニ決済
(決済手数料)
300円3.3%
銀行振込
(決済手数料)
無料3.3%
PayPal
(決済手数料)
3.3%
売上金
(決済手数料)
無料無料
出品者1万円未満:400円
1万円以上:4%
8.8%
出金300円220円

購入者にかかる手数料は、RMT.clubは10000円未満の商品なら400円、10000円以上の商品だと4%必要です。ゲームトレードは無料なので、購入者がお得ですね。

ただし、決済手数料というものが必要です。ゲームトレードは一律3.3%、RMT.clubはクレジットカード決済で3%、コンビニ決済で300円必要です。

銀行振込については、各金融機関の振込手数料が必要になります。

売上金での支払いならどちらのサイトでも手数料が無料です。

ゲームアカウントを購入するなら、ゲームトレードの方が手数料を節約できそうですね。

出品手数料は、4500円以下の商品を出品するならゲームトレードが、4600円以上で出品するならRMT.clubが安くなりそうです。出品したいアカウントの金額によって使い分けるのがオススメですね。

売上金の入金日の比較

ゲームアカウントを売って得た売上金を出金申請した場合、どれくらいの期間で入金されるのか比較します。

RMT.clubゲームトレード
入金日即日~翌営業日締め日から約20日

売上金の入金はRMT.clubが最短30分~翌営業日とかなり早い対応です。ゲームアカウントを売って早く現金化したい場合は、迷わずRMT.clubで出品することをオススメします。

ゲームトレードは10日おきに締め日があり、締め日から約20程度で入金されます。早く現金化するのは不可能なため、ゆっくり待つしかありませんね。

RMT.clubの入金の早さから「緊急で現金が必要になった」との理由で、激安にてアカウントを販売している時があります。小まめにRMT.clubをチェックしておくと思わぬお宝を発見できるかもしれません。

評判・口コミ比較

最期にRMT.clubとゲームトレードの評判について調べてみようと思います。

RMT.club Twitterの評判・口コミ

ゲームトレード Twitterの評判・口コミ

どちらかと言えばゲームトレードの方が評判が悪い印象です。

私自身、どちらのサイトも2,3件しか売買していませんが、どちらのサイトでも問題なく取引できています

RMT.clubやゲームトレードを利用するなら「トラブル多そうな人と取引しない」というのが重要です。レビューや評価を参考に取引してくださいね。

RMT.clubとゲームトレード比較についてのまとめ

RMT.clubとゲームトレードは、どちらも国内最大級のゲームアカウント売買サイトです。

どちらにもメリット・デメリットがあるため、条件に合わせて併用するのがオススメです。

ゲームアカウントの売買は利用規約で禁止されているので、自己責任で利用してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました