ビレッジハウスに2か月間無料で住む方法

ビレッジハウスに2か月間無料で住む方法 ビレッジハウス

敷金・礼金・更新料・手数料が0円のビレッジハウス。

家賃も安くてとても人気の賃貸なのですが、2か月間無料で住む方法あるのご存じですか?

みんながみんな無料というわけにはいきませんが、条件さえ合わせれば2か月間まるまる無料で住むことが可能です。

今回は、ビレッジハウスに2か月間無料で住む方法をご紹介したいと思います。

ビレッジハウスとは?

ビレッジハウスは、敷金・礼金・更新料・手数料が無料の賃貸です。

国の事業で建てられた「雇用促進住宅」をリノベーションし、安い家賃で提供されているお部屋です。

家賃は1万円台からあり、収入面での審査が甘いことでも有名です。

住んでいる人にはフリーターや高齢者、外国人など、低所得者やちょっと訳ありな人たちが多く住んでいます。

ルールやマナーを気にする人には向かない賃貸ですが、気にしないのであればコスパに優れた賃貸なのでオススメです。

ビレッジハウスは初期費用が最高に安い!

ビレッジハウスは敷金・礼金・手数料が無料なので、他の賃貸より初期費用が安く済みます。

例えば、一般的な賃貸だと

家賃(日割り+前家賃)+敷金3か月+礼金1か月+手数料0.5か月

というのはよく見かける初期費用ですよね。

これに家賃3万円だったとして、当てはめてみてください。

(日割り+3万)+9万+3万+1.5万=16.5万

家賃3万円で、引っ越すための初期費用が16万円を超えてしまうんです。

用意できる金額であれば問題ないですし、敷金は退去時に相殺されるお金ですから、保険だと思って預けてると考えればいいですよね。

ですが、10万を超える金額を用意するのは厳しい人たちも多くいます。

私がそうでした・・・

大手不動産会社に相談しても門前払いだったので困り果ててましたが、ビレッジハウスの初期費用・・・知ったらびっくりですよ。

もう一度おさらいしますが、一般的な初期費用は

家賃(日割り+前家賃)+敷金3か月+礼金1か月+手数料0.5か月

です。

では、ビレッジハウスはというと

家賃(日割り+前家賃)

これだけです。※建物によっては火災保険が必要です。

ビレッジハウスでは、他賃貸で必要になる「敷金・礼金・手数料」が不必要です。

それだけでも、かなり安い初期費用になるので、「初期費用が高くて引っ越しは厳しい」という人は是非ビレッジハウスを検討しましょう。

そしてここからが本題!

ビレッジハウスの初期費用で必要な「前家賃」を無料にする方法があるということをご紹介します。

ビレッジハウスの前家賃を1か月無料にする方法

ビレッジハウスの初期費用は「家賃(日割り+前家賃)」でしたね。

例えば、1月15日に引っ越したとすると

日割り(1月15日~月末)+前家賃(2月分)

が初期費用ということになります。

で、この「前家賃(2月分)」、無料にできるキャンペーンがあるので知っておいてください。

ビレッジハウスの引っ越しサポート

ビレッジハウスでは引っ越しサポートとして、最大3万円をキャッシュバックしています。

このキャッシュバックは「家賃から最大3万円を差し引く」キャンペーンです。

先ほどの初期費用の話に戻ります。

例えば、1月15日に引っ越したとすると「日割り(1月15日~月末)+前家賃(2月分)」でしたよね。

最大3万円のキャッシュバックは、前家賃から差し引いてくれます。

なので

日割り(1月15日~月末)+前家賃(2月分)ー最大3万円

が初期費用になります。

家賃が3万円だった場合、

日割り(約1.5万円)+0円(3万ー3万)=1.5万円

が、ビレッジハウスに引っ越す時の初期費用になります。

めちゃくちゃ安くないですか?他賃貸だったら16万円ですよ?

それがビレッジハウスなら1.5万円で済むんだから、安く引っ越したいならビレッジハウス1択でしょう!

以下の画像が、私が実際にビレッジハウスへ支払った初期費用です。

ビレッジハウスの初期費用は安い

なんと6,770円

これだけ支払ってビレッジハウスへ引っ越しちゃいました。

家賃が3万円未満の場合

契約したお部屋が3万円未満の場合、最大3万円キャッシュバックとの差額は受け取れません。

例えば、私が住んでいるビレッジハウスは2.9万ですが、キャッシュバックでー2.9万円になり、差し引いた1,000円は受け取ることができません。

家賃が3万円を超える場合

契約した家賃が、例えば4万円だった場合、初期費用は

日割り+前家賃1万円(4万ー3万)

となります。

ビレッジハウスの前家賃を、さらにもう1か月無料にする方法

まずはここまでをおさらいします。

ビレッジハウスで支払う初期費用は「日割り(1か月目の家賃)+前家賃(2か月目の家賃)」でしたね。

2か月目の前家賃は、最大3万円キャッシュバックで差し引かれます

もし3万円以下の家賃だった場合、2か月目の家賃は無料ということになります。

初期費用で支払うのは、1か月目の日割り家賃だけということになります。

そして気になるお題を書きました。

「ビレッジハウスの前家賃を、さらにもう1か月無料にする方法」

  • 1か月目は日割り
  • 2か月目は無料(最大3万円割引)
  • 3か月目も無料?そんなことできる?

ビレッジハウスでは、もう1つキャンペーンを開催しています。

それは「フリーレント」

フリーレントは、入居後に家賃が無料になる契約です。

他の賃貸でもあるキャンペーンで、家賃を1か月や2か月無料にすることで入居者を獲得する目的があります。

ビレッジハウスでは3か月目の家賃が無料になるフリーレントキャンペーンを開催しています。

つまり、

  • 1か月目は日割り
  • 2か月目は無料(最大3万円割引)
  • 3か月目も無料!

これが実現することになります。

もう一度以下の画像を見てください。

ビレッジハウスの初期費用は安い

小さくて見えないかもしれませんが、

8月が6,770円(日割り)
9月が29,000円マイナスになってますよね。

そして下の画像をご覧ください。

ビレッジハウスの初期費用は安い キャッシュバックとフリーレントで格安

10月がフリーレントで29,000円マイナスになってます。

私は8月の日割り家賃(6,770円)で8月・9月・10月まで住んじゃいました。

ビレッジハウスのキャッシュバックとフリーレントの注意点

ビレッジハウスのキャンペーン「最大3万円キャッシュバック」と「フリーレント」を組み合わせることで、2か月間無料で住むことが可能です。

ですが、「最大3万円キャッシュバック」と「フリーレント」キャンペーンは対象外の物件もあることに注意してください。

契約してから気が付いても遅いので、契約前にしっかりと確認しておくことをオススメします。

自分が希望するビレッジハウスがキャンペーン対象かどうかは、問い合わせで確認することができます。

公式サイトからお部屋について問い合わせると以下のようなメールが送られてきます。

ビレッジハウスのキャッシュバックとフリーレント メール問い合わせで確認

そこに「最大3万円キャッシュバック」と「フリーレント」のキャンペーン対象の部屋か確認できる内容が記載されているので、内見予約前にしっかりと確認してください。

ビレッジハウスに2か月間無料で住む方法についてのまとめ

ビレッジハウスは敷金・礼金・手数料が無料なので、初期費用を格安に節約することができます。

さらに「最大3万円キャッシュバック」と「フリーレント」キャンペーンにより、2か月目・3か月目を無料で住むことも可能です。

他の賃貸では初期費用が高くて引っ越しが厳しい人は、是非ビレッジハウスを検討してみてください。

安く引越しすることができますし、2か月・3か月無料の間にお金を貯めることもできますよ。

ビレッジハウスの最新情報は、以下のビレッジハウス公式サイトからお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました