フィッシング詐欺サイトに入力してしまったらどうしたらいいか?

個人情報やカード情報を盗み取るフィッシング詐欺。

あなたは引っかからないと思っていますか?

フィッシングサイトは本物そっくりに作られており、あなたも気が付かないうちに入力してしまっているかもしれません。

もし、フィッシング詐欺サイトに個人情報やカード情報を入力してしまったらどうしたらいいのか?

大きな被害に遭わないためにもしっかり覚えておきましょう。

フィッシング詐欺とは?

フィッシング(phishing)詐欺とは、銀行やカード会社、通販サイトといった公式サイトになりすまし、IDやパスワード、クレジットカード情報などを入力させて盗み取る詐欺のことです。

フィッシングの意味は、「fishing」の「釣る」とか「引っ掛ける」が語源になり、「phishing」という新しい言葉が作られたと言われています。

フィッシング詐欺の主な手口は以下の通りです。

  1. 「不正アクセスがあった」などのメールを送る
  2. メールからフィッシング詐欺サイトへ誘導する
  3. 本物そっくりのサイトで情報を入力させる

メール以外にも広告バナーや、突然現れる当選連絡からフィッシングサイトへ誘導する手口もあります。

フィッシングサイトはかなり精巧に作られていて、デザインを見ただけで詐欺だと気が付けない場合があるので注意してください。

フィッシング詐欺メールが来たらどうすればいい?

フィッシング詐欺の手口の第一歩は「フィッシング詐欺メール」が届くことから始まります。

まずは以下のメール内容をご覧ください。

【PayPay】アカウントの異なる端末からのアクセスのお知らせ。はフィッシング詐欺 メールサンプル

これは「PayPay」を装ったフィッシング詐欺メールです。

メール内に記載されている「URL」はフィッシングサイトへ誘導するリンクです。絶対にタップしないよう注意してください。

この時点ではフィッシング被害には遭っていません。詐欺メールを破棄、もしくは無視すればOKです。

ですが、このような詐欺メールが送られてきたということは、メールアドレスが流出してる恐れがあります。

メールが届いたアドレスを破棄し、新たなメールアドレスを取得するのがオススメです。

届いたフィッシング詐欺メールは、しかるべき場所へ情報提供しておきましょう。

このような詐欺メールや迷惑メールを報告するサイトは多数あるのですが、オススメの2つのサイトをご紹介します。

迷惑メール相談センター

迷惑メール相談センターは「一般財団法人 日本データ通信協会」が運営するサイトです。

総務省から委託を受けて、迷惑・詐欺メールなどの「違反メール」を収集しているサイトになります。

情報提供したメールは、送信者への警告や利用停止などの措置に役立ちます。

フィッシング対策協議会

フィッシング対策協議会は、フィッシングサイトの傾向や技術から対策ガイドラインや注意喚起を行っているサイトです。

フィッシング詐欺に関する様々な情報が集まるため、フィッシング詐欺について知りたい時には便利なサイトです。

フィッシングサイトで入力してしまったら?

フィッシング詐欺メールに気が付かずにURLをタップしてしまうと、フィッシングサイトへ誘導されます。

例えば、以下の画像は楽天市場を装ったフィッシングサイトです。

楽天市場のフィッシング詐欺サイトのサンプル ログイン画面

本物そっくりに作られていますが、フィッシングサイトです。

見た目だけで本物か偽物か見分けるのは難しいですよね。

フィッシングサイトに気が付かず、IDやパスワードを入力していくと、

楽天市場のフィッシング詐欺サイトのサンプル クレジットカード情報の確認

個人情報やクレジットカード情報を入力させられます。

金融機関・カード会社に連絡!

もし、フィッシングサイトに情報を入力してしまったら、すぐに金融機関やカード会社に連絡をして利用停止してもらいましょう。

入力した内容に少しでも違和感を感じたら、利用停止してもらうことをオススメします。

ID・パスワードの変更

入力してしまったIDとパスワードで不正ログインされます。

すぐにIDとパスワードを変更してください。

また、他のサイトで同じIDとパスワードを利用している場合、そちらのサイトも変更してください。

一度流出してしまった情報は、一生、闇サイトでで売買され続けます。

流出したIDとパスワードは、二度と使用しないように注意してください。

不正利用されたら?

フィッシングサイトで入力後、銀行からお金が移動されたり、カード不正利用の被害に遭います。

早めに気が付いて利用停止してもらえば、被害に遭う前、もしくは最小限で抑えられます。

請求書が届いてから気が付いた場合も、すぐに連絡をして利用停止してもらいましょう。

金銭的な実害が発生した場合、最寄りの警察署に相談してください。

警察が捜査を始めるためには被害届を提出する必要があります。

詳しくは各都道府県の「サイバー犯罪相談窓口」に問い合わせるといいでしょう。

誰かに相談したい場合は?

入力した内容が、もしかしたら詐欺だったかも・・・?なんて考えたら不安で仕方ないですよね。

1人で悶々と悩むより、誰かに相談してスッキリしちゃいましょう。

オススメの相談先は「独立行政法人 国民生活センター」です。

全国に相談窓口が用意されているので、不安なことがあれば相談しに行きましょう。

フィッシングサイトに入力してしまった場合のまとめ

フィッシング詐欺は以下のような手口が多いです。

  1. 「不正アクセスがあった」などのメールを送る
  2. メールからフィッシング詐欺サイトへ誘導する
  3. 本物そっくりのサイトで情報を入力させる

フィッシング詐欺メールが送られてきた段階では被害に遭っていないので、メールを破棄、もしくは無視すればOKです。

メールに記載されているURLをタップしてしまうと、フィッシングサイトへ誘導されてしまうので、タップしないようにしてください。

もし、フィッシングサイトへ誘導された場合、安全なサイトへ移動するかブラウザを閉じればOKです。

個人情報やカード情報など入力してしまった場合は

  • 金融機関やカード会社に連絡をして利用停止する
  • ID・パスワードを変更する
  • 実害が出た場合は警察に相談する

どうしたらいいかわからない場合、誰かに相談したい場合には「独立行政法人 国民生活センター」を利用してください。

タイトルとURLをコピーしました