【重要】PayPay銀行からのお知らせはフィッシング詐欺の危険性あり!

【重要】PayPay銀行からのお知らせはフィッシング詐欺の危険性あり!詐欺注意

PayPay銀行から個人情報再確認のお知らせメールが届きました。

ですが、この「【重要】PayPay銀行からのお知らせ」メールはフィッシング詐欺の危険性があります。

もし届いた場合はメール内のリンクはタップしたり、ログインしたりしないよう注意してください。

スポンサーリンク

PayPay銀行のフィッシング詐欺メール内容

【重要】PayPay銀行からのお知らせ フィッシング詐欺メール内容

いつもPayPay銀行をご利用いただき、ありがとうございます。
当社では、フィッシング(※)による不正出金被害防止のため、この度、セキュリティシステムの大幅なアップグレードを実施しており、ご登録された個人情報を再確認する必要がございます。

つきましては、以下へアクセスの上、ご登録された個人情報の確認にご協力をお願い致します。

→ 続けるにはこちらをクリック

ご確認をいただけない場合、カードのご利用制限がかけされる恐れがございますので、予めご了承下さい。

お客様にはご迷惑、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。

お心当たりがない場合は、ログインパスワードなどの情報が盗まれている可能性がございます。
不正な出金被害に遭わないよう、以下の対応をおすすめいたします。

なお、お客さまご本人のログインであるか、当社からお電話で確認させていただくことがございます。
ただし、いかなる場合でもログインパスワードや暗証番号等を当社社員がお聞きすることはありません。

※フィッシングについて
昨今、宅配事業者等を装い、銀行口座のログイン情報を盗み取ろうとする不審なSMS(ショートメッセージサービス)が確認されていますのでご注意ください。

-----------------
お客さまに実施をおすすめする対応
-----------------
1.ログインパスワードをご変更ください。
第三者による不正なログインの場合、お客さまが入力された店番号、口座番号、ログインパスワードが盗み取られている可能性がございます。
ログインパスワードのご変更をおすすめします。

【ログインパスワード変更方法】
ログイン後、「各種手続」>「ログインパスワード変更」よりご変更いただけます。
BA-PLUSをご契約のお客さまは、ログイン後、「BA-PLUS設定」>「利用者ログインパスワード設定」よりご変更いただけます。(トークンが必要です。)

2.お取引内容に不審点がないか取引明細をご確認ください。

【普通預金取引明細確認方法】
ログイン後、「明細?振込?振替」>「普通預金取引明細照会」よりご確認いただけます。
BA-PLUSをご契約のお客さまは、ログイン後、「一般取引」>「普通預金取引明細照会」よりご確認いただけます。

------------------

ご不明な点や本件に関するお問い合わせはPayPay銀行 カスタマーセンターまでご照会ください。
PayPay銀行 カスタマーセンター
フリーダイヤル:0120-369-074
フリーダイヤルをご利用いただけない場合:03-6739-5000
営業時間:9時~17時
休業日:12月31日~1月3日、5月3日~5月5日

■不正送金被害についてのご連絡はこちらまでお願いいたします。
03-3344-3332
営業時間:9時~17時
休業日:12月31日~1月3日、5月3日~5月5日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PayPay銀行株式会社
東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル
https://www.paypay-bank.co.jp/

Copyright PayPay Bank Corporation All rights reserved.

PayPay銀行のフィッシング詐欺を見分ける方法

この「【重要】PayPay銀行からのお知らせ」は、メールを見ただけでは本物か偽物かを見分けるのは難しいです。

身に覚えのないメールや怪しいメールに関わらず、ログインを促すメールが届いた場合には、メールの内のリンクからログインしないことをおすすめします。

メール内のリンクをクリック・タップしてしまうと、フィッシング詐欺サイトへ誘導される危険性があるからです。

自分が使用しているブラウザのブックマークや、Yahoo・Google検索結果からPayPay銀行へアクセスしましょう。

メール内のリンクをクリック・タップしないだけでも、フィッシング詐欺の被害に遭う危険性を大幅に下げてくれます。

本物か偽物か判断できず、どうしたらいいかもわからない場合には、身の回りにいるパソコンに詳しい人に相談してみましょう。

また、相談する人がいない場合には、消費者庁所管の組織「独立行政法人 国民生活センター」に相談してみてください。

スポンサーリンク

PayPay銀行フィッシング詐欺メールのリンクを押してしまったら?

PayPay銀行のフィッシング詐欺メールにあるリンクを押してしまったとしても、すぐ詐欺被害に遭う危険性は低いです。

フィッシング詐欺は、本人に個人情報やカード情報を入力させて盗み取る詐欺になります。間違えてリンクを押してしまったとしても、ログイン情報などは絶対に入力しないよう注意してください。

以下は、リンクを押したときに誘導されるフィッシング詐欺サイトになります。

【重要】PayPay銀行からのお知らせ フィッシング詐欺サイト例

本物の公式サイトそっくりに作られているので、デザインを見ただけでは本物か偽物かの判断は難しいと思います。

間違えてログインパスワード等入力してしまう危険性があるため、メール内のリンクは押さないよう注意することをおすすめします。

このフィッシング詐欺サイトは、スマホでアクセスしてもPCサイト表示のままという特徴があります。

何か違和感を感じた場合にはブラウザを閉じて、ブックマークや検索結果からアクセスしなおすことをおすすめします。

ログインしてしまうと本人確認情報入力画面へ誘導されます。

【重要】PayPay銀行からのお知らせ フィッシング詐欺サイト例 本人確認

入力してしまったログイン情報はすでに盗み出されている可能性があります。

不正ログインされる危険性があるため、万が一入力してしまった場合には速やかにログインパスワードの変更を行い、今後どうすべきかPayPay銀行へ相談してみてください。

続けて、本人確認情報・デビットカード番号・暗証番号等をを入力してしまうと不正利用される危険性があるので、絶対に入力しないよう注意してください。

次に生年月日入力画面へ誘導されます。絶対に入力しないでください。

【重要】PayPay銀行からのお知らせ フィッシング詐欺サイト例 生年月日の入力

フィッシング詐欺サイトへすべての情報を入力し終わると、PayPay銀行公式サイトトップページへ誘導されます。

最後に公式サイトへ誘導することで、フィッシング詐欺被害に遭ったことに気が付かせないためです。

この時点では不正利用されている恐れがあるため、身に覚えのない利用履歴がある場合には速やかにカードや口座を利用停止し、PayPay銀行へ相談してください。

PayPay銀行フィッシング詐欺のまとめ

PayPay銀行から届くメールはフィッシング詐欺の危険性があるので注意してください。

今回届いた「【重要】PayPay銀行からのお知らせ」はフィッシング詐欺でした。

詐欺メールが届いたとしても無視していればOKです。

万が一、入力してしまった場合には速やかにパスワード等の変更、そしてカードや口座の利用を停止してもらい、今後どうしたらいいかについて相談してみてください。

タイトルとURLをコピーしました