DJIのアクションカメラOsmo Action 4レビュー

DJIのアクションカメラOsmo Action 4レビュー

現在、ブログテーマの変更中でデザインが崩れている場合があります。申し訳ございません。

当ページのリンクには広告やプロモーションが含まれています。

DJIのアクションカメラOsmo Action 4」を購入しました。

自転車を購入したので「Osmo Action 4」で撮影しながら、お出かけするのが目的です。

私が使ったことがあるアクションカメラは「DJI Pocket 2」と「GoPro HERO10」ですが、比較しても「Osmo Action 4」は、映像の綺麗さ使いやすい操作性において、とても満足しています。

今回のブログ記事では、DJIのアクションカメラ「Osmo Action 4」を使って撮影した実際の映像も交えながら、使い方や使ってみた感想を紹介していきます。

「Osmo Action 4」の購入を検討している方がいれば、ぜひこのブログ記事を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

目次

DJIアクションカメラOsmo Action 4とは?

DJIは2006年に設立され、確かな運営実績を持つ企業です。

アクションカメラやドローンを手掛けていますが、特にドローン市場では世界シェアの7割を占める人気メーカーとして知られています。

そして「Osmo Action 4」は、2023年8月2日に発売された最新のアクションカメラです。

「Osmo Action 4」は、前機種「Osmo Action 3」のデザインを引き継ぎながらも、性能を一層パワーアップさせた最新鋭のアクションカメラと言えます。

基本スペック

仕様概要
サイズ70.5×44.2×32.8 mm(長さ×幅×高さ)
重量145 g
防水性18 m(防水ケースなし)
60 m(防水ケース使用時)
マイクの数3
タッチ画面フロント画面:1.4インチ 323 ppi 320×320
リア画面:2.25インチ 326 ppi 360×640
フロント/リア画面輝度:750±50 cd/m²
対応SDカードmicroSD(最大512GB)

カメラスペック

仕様概要
センサー1/1.3インチCMOSセンサー
レンズFOV:155°
絞り:f/2.8
フォーカス範囲:0.4 m 〜 ∞
ISO感度写真:100〜12800
動画:100〜12800
電子シャッター速度写真:1/8000秒~30秒
動画:1/8000秒~1/X秒
(X:フレームレート設定値)
静止画 最大解像度3648×2736
ズームデジタルズーム
写真:4倍
動画:最大2倍
スローモーション/タイムラプス:利用不可
静止画モードシングルショット:約10 MP
カウントダウン:オフ/0.5/1/2/3/5/10秒
標準動画モード4K (4:3):3840×2880@24/25/30/48/50/60fps
4K (16:9):3840×2160@100/120fps
4K (16:9): 3840×2160@24/25/30/48/50/60fps
2.7K (4:3): 2688×2016@24/25/30/48/50/60fps
2.7K (16:9): 2688×1512@100/120fps
2.7K (16:9): 2688×1512@24/25/30/48/50/60fps
1080p (16:9): 1920×1080@100/120/200/240fps
1080p (16:9): 1920×1080@24/25/30/48/50/60fps
映像ブレ補正EIS(電子式映像ブレ補正):
RockSteady 3.0
RockSteady 3.0+
HorizonBalancing
HorizonSteady

バッテリースペック

仕様概要
種類LiPo 1S
容量1770 mAh
電力量6.8 Wh
電圧3.85 V
動作環境温度-20°C~45°C
充電温度範囲5℃~40℃
動作時間160分

「Osmo Action 4」一番の特徴は、センサーサイズ(イメージセンサー)が「1/1.3インチ」と大きくなったことだと思います。

センサーサイズ(イメージセンサー)とは?

センサーサイズ(イメージセンサー)は、レンズから入った光を電気信号に変換する半導体です。大きくなればなるほど高画質で撮影することができます。

iPhone Proも1/1.3インチらしいので、同じような画質になりそうですね。

Osmo Action 4の付属品は?

Osmo Action 4(スタンダードコンボ)の付属品は以下の通りです。

Osmo Action 4の付属品は? アドベンチャーコンボ
Osmo Action 4の付属品
  • Osmo Action 4
  • エクストリーム バッテリー
  • 保護フレーム(水平&垂直取り付け)
  • クイックリリース式アダプターマウント
  • 接着式カーブベース
  • 止めねじ
  • PD規格対応ケーブル(Type-C – Type-C)
  • レンズフード
  • 滑り止めパッド
  • DJIロゴステッカー

私は「アドベンチャーコンボ」を購入したので、さらに以下の付属品がありました。

アドベンチャーコンボの付属品
  • エクストリーム バッテリー×2
  • クイックリリース式アダプターマウント(ミニ)
  • 多機能バッテリーケース
  • 1.5m 延長ロッド

正直、「スタンダードコンボ」で十分だったな~と、「アドベンチャーコンボ」を購入したことを後悔しています。

私は長時間や頻繁に撮影しないので、モバイルバッテリーを使っての急速充電で十分でした。

18分で80%まで急速充電可能です。

「アドベンチャーコンボ」の「多機能バッテリーケース」は、バッテリーケース自体にバッテリーが搭載されていません。

「多機能バッテリーケース」単体でのバッテリー充電はできないので注意してください。

Osmo Action 4 多機能バッテリーケース 充電機

外でバッテリーを充電するにはモバイルバッテリーが必要です。

Osmo Action 4 延長ロッド 長いけど軽い

延長ロッドは1.5mでめっちゃ長いけど軽い!

Osmo Action 4の価格は?

「Osmo Action 4」の価格は以下の通りです。(2024年1月12日現在:タイムセール価格)

Osmo Action 4の価格
  • スタンダードコンボ:44,000円
  • アドベンチャーコンボ:60,500円

タイムセールで、私が購入した時より20~25%安く販売してました。

Osmo Action 4の撮影可能時間は?

Osmo Action 4の撮影可能時間は「160分」となっています。

25℃のラボ環境下で、以下の条件で測定:RockSteadyオン、Wi-Fiオフ、画面オフの状態で、1080p/24fps (16:9)で撮影した場合の参考データ。

試しに、室温20度前後、RockSteadyオン、Wi-Fiオフ、画面オフ、1080p/50fps (16:9)で撮影して放置してみた結果、約120分で電源が落ちてました。

ちなみに、1時間の録画で16GBのファイル容量でした。

Osmo Action 4の映像は?

「Osmo Action 4」の映像はとても綺麗です。

コンパクトなサイズでこれほど綺麗に撮影できるのは、十分すぎる性能だと思います。

夜の暗い道についてはまた後日撮影してきます。

Osmo Action 4についてのまとめ

「Osmo Action 4」について紹介しました。

実際に使ってみた感想としては、とにかく使いやすいです。

電源を切った状態からでも、録画ボタン一つで撮影がスタートできるのは便利です。

アクションカメラならではのコンパクトさと、手振れ補正も十分機能していて満足しています。

イメージセンサーも大きくなり、より暗い道や夜景の撮影にも期待ができます。

「Osmo Action 4」の購入に悩んでいる人は、このブログ記事を参考にして検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次