レーザーポインターよりLEDポインターで猫と遊ぼう!

Amazonから「ドギーマン じゃれ猫 LEDにゃんだろー光線」を購入しました。

にゃんだろー光線は「LEDポインター」です。「レーザーポインター」とは違いますよ。

にゃんだろー光線を使ってみた感想や、LEDとレーザーの違いを書いていくので、購入の参考にしてください。

LEDポインターのにゃんだろー光線とは?

にゃんだろー光線は「LEDポインター」です。簡単に言うとLEDの懐中電灯ですね。

「チュービーム」と呼ばれるネズミ型の赤い光を照射します。

ネズミ型の光に猫が反応して、光を追いかけて捕まえようと遊ぶ、レーザーポインター同様のおもちゃです。

猫によっては個体差があり、光を見ても反応しない場合もあります

その時は諦めるしかないですね。猫じゃらしとか他のおもちゃで遊んであげてください。

うちの猫の反応は半々

我が家の猫は2匹います。

にゃんだろー光線を照射すると1匹はめちゃめちゃ反応もう1匹はLED光を目で追いかけるけど飛びかかるようなことはありません

にゃんだろー光線を購入してから2年近く経ちましたが、1匹はまだまだ追いかけて遊びますよ。

目で追いかけてた猫は、最近じゃ見向きもしなくなったよ。

LEDポインターとレーザーポインターの違い

猫と遊ぶポインターの種類には「LED」「レーザー」がありますね。

「LEDポインター」と「レーザーポインター」は何が違うのか?簡単に説明していきます。

「LEDポインター」と「レーザーポインター」の大きな違いは「光の強さ」です。

「光の強さ」というのは、眩しさということではなく、「光の密度」になります。

レーザーは高密度で危険

  • レーザーは高密度
  • LEDは低密度

になります。

では、光が高密度だとどうなるのか?というと、エネルギー密度が一点に集中し、光で燃やすこともできるような高出力を生み出します

例として以下の動画を見ていただけると、レーザーの高密度さがよくわかると思います。

FlashTorch Mini Firestarter Flashlight by Wicked Lasers

LEDは低密度

LEDは、レーザーと比較するとエネルギー密度が低く、レーザーのような高出力は出せません。

かと言って「光が弱い」「目に優しい」というわけではなく、LEDを直視すれば網膜が損傷し、失明のリスクは高くなります。

「LEDポインター」は「レーザーポインター」よりも安全に利用できますが、目に直接照射することは失明のリスクに繋がるので絶対にやめておきましょう

車のLEDヘッドライトも眩しいから何とかしてほしいよね。

指向性の違い

もう1つ、「LEDポインター」と「レーザーポインター」の違いについてですが、「指向性」というものがあります。

「指向性」というのは、光が「広がるか」「広がらないか」の違いです。

レーザーは指向性は高いので、1点に集中する光を出すことができます

大学の講義や会社の会議などで、スクリーンに向かってレーザーポインターを当てながら説明している風景を見たことがあると思います。

LEDポインターは、レーザーポインターよりも指向性が低いので光が広がりやすくなっています。

白熱電球よりは指向性が高く、光がまとまりやすいので、LEDポインターも販売されています。

しかし、LEDポインターで遠い距離を映すと、点が大きくなってしまいます

より遠くを照射したいなら「レーザーポインター」の方がオススメです。

LEDポインターレーザーポインター
エネルギー密度低い高い
指向性低い高い

LEDポインターの方が安全

まとめると、LEDポインターはレーザーポインターよりもエネルギー密度が低く、指向性が低いため、誤って目に照射したとしても失明のリスクは低いと言えます。

人にとっても猫にとっても、レーザーポインターよりLEDポインターの方が安全に遊べるのでオススメです。

ただし、目に照射し続けると目に負担をかけることになります。

さらには失明の危険性を高めることになるので、目には照射しないように遊ぶことをオススメします。

にゃんだろー光線のメリット

Amazonで販売されている「にゃんだろー光線」はLEDポインターです。

レーザーポインターも販売されていますが、レーザーポインターは光が強いので失明や障害が発生する危険性が高まります。

LEDならレーザーポインターと比較しても光が弱く、失明や障害を負うリスクが低くなるので、より安心して使えます。

ただし、LEDの光でも眩しいことには間違いないので、人や猫の目に照射するなどの行為は絶対に止めましょう。

LEDポインターは光が大きい

LEDとレーザーポインターの大きな違いは光の強さですが、指向性も違います。

部屋の10m20m先を照射して猫と遊びたいなら、LEDポインターよりレーザーポインターを選ぶ必要があります。

例えば、にゃんだろー光線の場合、

  • 距離30cm程度 → 直径1cm程度の円
  • 距離1m程度 → 直径2cm程度のネズミ
  • 距離2m程度 → 直径5cm程度のネズミ
  • 距離3m程度 → 直径10㎝以上のネズミ

が照射されます。

遠い壁だと、猫と同じ大きさのネズミが映し出されるよ。

キャティーマン ニャンだろー光線

あまり大きなネズミになると猫も追いかけないので、広い部屋で遠くを照らすならレーザーポインターの方がオススメです。

「LEDポインターよりレーザーポインターの方が欲しい!」という場合には、クラス1と書かれたJIS規格の物を選ぶことをオススメします。

クラス1裸眼や双眼鏡などで長時間(100秒)見ても安全
クラス1M裸眼で長時間(100秒)見ても安全
クラス2裸眼や双眼鏡で一瞬(0.25秒)なら見ても安全
クラス2M裸眼で一瞬(0.25秒)見ても安全
以下略以下略

レーザーポインターの多くが「クラス2」なので、「クラス1」を見つけるのも一苦労。

にゃんだろー光線の価格

次に、にゃんと言っても価格が安い!にゃんだろー光線は安いんです。

私がAmazonで購入した時は883円。(2020年9月現在871円です。)

LEDポインターやレーザーポインターは、1,000円前後と安い値段の商品が多いですが、900円を下回るものはあまりありません。

にゃんだろー光線は、Amazonで500件を超えるカスタマーレビューに3.8の評価。

安心して購入して安全に使用するには、まぁまぁ十分な情報と評価なんじゃないかな?って思います。

にゃんだろー光線は国内メーカー

にゃんだろー光線を作っているメーカー「ドギーマン」はご存知ですよね。

ペットを飼っていなくても、CMなどで一度は名前を聞いたことのある会社です。

商号ドギーマンハヤシ株式会社
本社ドギーマンハヤシ株式会社
〒537-0002 大阪府大阪市東成区深江南1-16-14
TEL:06-6977-6711(代) FAX:06-6977-8521(代)
創業1963年7月1日
設立1970年1月10日
資本金10億6,774万円
従業員256名(出向社員含む 2019年3月末)
代表者代表取締役会長(CEO) 林 明雄
代表取締役社長(COO) 林 雄一
事業内容ペット食品・用品の製造・販売及び輸出入
製造販売品ペット食品 : ジャーキー、乳製品等のスナック、ビスケット等
ペット用品 : 玩具、犬具、手入用品、衛生薬粧品等

Amazonで販売されているにゃんだろー光線の製品情報を見てみると「キャティーマン」になっていますが、「ドギーマン」と同一会社です。

にゃんだろー光線の他にも「にゃんだろー光線 茶トラ」も販売しているので、気になる方はチェックしてみてください。

キャティーマン じゃれ猫 LEDニャンだろ~⁈光線 茶トラ

≫にゃんだろー光線 茶トラはこちら

にゃんだろー光線のデメリット

Amazonのレビューと評価では、にゃんだろー光線の悪い口コミも参考になりますね。

まずは壊れやすいという口コミ。これは安い商品あるあるですね。

物によってのアタリ・ハズレもあるでしょうが、しっかりした物を選びたいならそれなりの値段を出して購入することをオススメします。

ちなみに、2年以上使用してますがまだまだ現役で使えてます。が、少しボタンの効きが悪くなってます。

LED光を照射するにはボタンを押しっぱなしにしないといけないので、ボタンのへたり具合は仕方ありませんね。

次に光が弱いという口コミ。 

レーザーポインターと比較すると、光が弱いのは仕方ありません。強い光を求めるならレーザーポインターの方がオススメです。

私が実際に使ってみて思うのは、照射されるネズミが大きいかな?

光の強さや届く距離は十分だと思います。暗い部屋なら5、6m離れていてもネズミは映し出されますよ。

壁に映るネズミは大きくなりますけどね。

5、6m以上の場所を照射するならレーザーポインターをオススメします。

にゃんだろー光線レビュー

にゃんだろー光線レビュー

にゃんだろー光線を購入すると「単4電池1本」付いてくるので、届いたらすぐに遊ぶことができますよ。

本体のサイズは「3×3×11.5cm(幅X奥行X高さ)」です。

長さ(高さ)の目安はトイレットペーパーの芯と同じくらいですね。

にゃんだろー光線の本体

にゃんだろー光線の電池交換は、本体裏の蓋を外して「単4電池1本」を入れます。

LEDなので電池の持ちはかなり良いです。1年以上使って、電池交換は1回しかしてません。

使用頻度が低いということもある。

にゃんだろー光線に電池を入れたら、肉球の下にある丸いボタンを押して光を照射します。

にゃんだろー光線 猫の反応

ボタンを押せば照射、ボタンを離せば消えます。

ボタンを押す力はそれほど必要ありませんが、光を照射し続けるにはボタンを押し続けなければいけません。

押す力によっては、ボタンが壊れやすくなる印象です。

ワンポチでON/OFF切り替えられたらいいですね。

優しくボタンを押してあげよう!

にゃんだろー光線 猫の反応は半々

うちの猫の反応

我が家の猫の反応は半々です。

1匹は追いかけますが、別の1匹は遠くで光を眺めています。

個体差があるのはしかたありませんね。

光を追いかける個体差があるのはLEDもレーザーポインターも同様なので、よく検討してから購入することをオススメします。

ポインター購入前に、知り合いから借りて我が家の猫ちゃんへお試しするのをオススメするよ。

にゃんだろー光線のネズミを猫が追いかける

我が家の猫は必死で光を追いかけてましたが、消えると「あれ?」って感じです。

消えてからしばらく時間が経っても、目を大きくして周辺を見張ってました。

追いかけていた獲物を捕まえることができない分、ストレスを感じるかもしれません。

猫にストレス溜めさせないためにもほどほどの時間を遊ぶか、最後には捕まえられるおもちゃで遊んであげるのが良いかもしれませんね。

飼い主側としては座ったまま遊べるので楽ですけどね。

≫にゃんだろー光線をAmazonで購入する

にゃんだろー光線のレビューまとめ

にゃんだろー光線はLEDポインターを壁や床に照射して、光を猫が追いかけて遊ぶおもちゃです。

Amazonでは900円前後で購入することができます。

にゃんだろー光線を作ってるメーカーは「ドギーマン」。有名メーカーの商品なので安心して使用できますね。

LEDポインターとレーザーポインターの違いは「光の強さ」と「指向性」です。

LEDポインターはレーザーポインターよりも光が弱く、失明や障害を負うリスクが低くなります。

より安全に遊ぶならレーザーよりLEDポインターの方がオススメです。

ですが、LEDでも目に照射し続ければ目に負担をかけてしまうので、わざと目に当たるように照射することは絶対にやめましょう。

LEDポインターやレーザーポインターの光を追いかけて猫が遊ぶかは個体差があります。

事前に友人から借りて遊んでみるなど、十分に検討してから注文することをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました