三菱UFJ銀行からのメールはフィッシング詐欺に注意!

三菱UFJ銀行からのメールはフィッシング詐欺に注意!詐欺注意

三菱UFJ銀行から届くメールの中にはフィッシング詐欺の可能性もあります。

身に覚えのないリンクは押さず、ログインパスワードやカード情報を入力してしまわないよう注意してください。

スポンサーリンク

三菱UFJ銀行のフィッシング詐欺メール内容

三菱UFJ銀行のフィッシング詐欺メール 事例

お客様の【三菱UFJ銀行】口座?通帳一時利用停止中、再開のお手続きの設定してください。***@yahoo.co.jp 3/3/2021 9:44:05 AM

あなたの三菱UFJ口座にはリスクが検出されましたので、
口座の資金安全を確保するために、-時的にこの口座を制限します。
正常な利用に影響しないように、ご自分で制限を解除してください。

下記のURLをクリックしてログインを解除してください。
https://entry11.bk.mufg.jp/?gi3dmdz/xqbr1bytorstxrqmqdor/ruvtzx1zwtqkidcsuqqavdtad5rubsxmwnpljggmmwuhudvhfk/ppxz7q7pil9ycqtl/***@yahoo.co.jp

■本メールの送信アドレスは送信専用となっております。

返信メールでのお問い合わせは承りかねますので、
あらかじめご了承願います。

<インターネットバンキングヘルプデスク>
お電話でのお問い合わせ
0120-553-555または
042-211-7000 (通話料有料)
受付時間/每日9:00-21 :00

株式会社三菱UFJ銀行
no:299374553421212

同様のフィッシング詐欺メール

いつも三菱UFJ銀行をご利用いただ、誠にありがとうございます。

お客様が三菱UFJ銀行の口座は異なる端末からのアクセスを確認いたしました。
口座の資金安全を確保するために三菱UF」銀行の口座が一時利用停止されました。

ご利用環境が本人の確認してから、下記のURLを再開手続きの設定してださい。

※本メールは、セキュリティ強化のため、下記のURLを再開手続きはこちら↓

※本メールは三菱UFJ銀行の「Eメール通知サービス」をご利用のお客さまへ配信しています。

■編集·発行:株式会社三菱UFJ銀行
東京都千代田区丸の内2-7-1
[登録金融機関]関東財務局長(登金)第5号
[加入協会]日本証券業協会
一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社同法人 第二種金融商品取引莱協会

ご登録にお心あたりのない場合や電子署名についてのお問い合わせ
<インターネットバンチングヘルブデスク
0120-543-555または042-311-7000 (通話料有料))
受付時間/每日 9:00-21:00

-■配信停止·Eメールアドレス変更はこちらからお手続きください。
https://direct.bk.mufg.jp/btm/henkou/tuika.html

-■個人情報保護方針について三菱UFJニコスでは、お客さまの個人情報を適切に保護するため、その取り扱いにつきましては細心の注意を払っています。
https://direct.bk.mufg.jp/btm/henkou/tuika.html

1本メールの送信アドレスは送信専用となっております。返信メールでのお問い合わせは承りかねますので、あらかじめご了承願います。(23726)

-Copyright (C) MUFG Bark, Ltd. All rights reserved.

三菱UFJ銀行のフィッシング詐欺を見分ける方法

今回届いた三菱UFJ銀行のフィッシング詐欺メールは、よく読んでみると日本語に違和感を感じたり、誤字脱字が確認できます。

例えば「お客様の【三菱UFJ銀行】口座?通帳一時利用停止中」や「口座の資金安全を確保するために、-時的にこの口座を制限」の部分ですね。

日本国内の有名企業は、きちんとした日本語を使います。公式のメールに誤字脱字等がまったくないとは言い切れませんが、書かれている内容に違和感を感じた場合はフィッシング詐欺を疑ってください。

また、三菱UFJ銀行公式サイトでは、偽メールによるフィッシング詐欺への注意喚起があり、以下のように書かれています。

  • 身に覚えのないメール・SMSは削除
  • 万一、リンク先にアクセスした場合には、パスワード・暗証番号等を絶対に入力しない(当行からSMS・メールでリンク先へ誘導し、パスワード・暗証番号等の入力を求めることは一切ありません)
  • リンク先のURLが、下記の正規のサイトか確認

■正規のサイトのURL
https://www.bk.mufg.jp/*** (当行ホームページ / トップページ)
https://direct.bk.mufg.jp/*** (当行ホームページ / 三菱UFJダイレクト) https://entry11.bk.mufg.jp/*** (三菱UFJダイレクト / ログイン画面)

インターネット上でパスワードやカード番号など、重要な情報を入力する前に、正規の公式サイトであることをしっかりと確認してください。

フィッシング詐欺に引っかからない方法

フィッシング詐欺に引っかからない方法は、メールに記載されているリンクを押さないことです。

三菱UFJ銀行から怪しいメールが届いた時には、ブックマークや検索結果から公式サイトへ移動してログインすることをオススメします。

スポンサーリンク

三菱UFJ銀行のフィッシング詐欺のリンクを押してしまったらどうなる?

フィッシング詐欺は、本人に正確な情報を入力させて盗み取る詐欺です。

メールにあるリンクを押してしまったとしても詐欺被害に遭う危険性は低いですが、間違えて入力してしまうと不正ログインや不正利用されてしまう恐れがあります。

フィッシング詐欺サイトで情報を入力しないよう注意してください。

今回は、試しにメールのリンクを押してみました。フィッシング詐欺の手口や仕組みを知り、対策に役立ててくださいね。

メール内のリンクを押すと三菱UFJ銀行のフィッシング詐欺サイトへ誘導されました。

三菱UFJ銀行のフィッシング詐欺メールのリンクを押してしまったら?

フィッシング詐欺サイトでは絶対に情報を入力しないでください。不正ログインや不正利用される危険性があります。

口座番号やIBログインパスワードを入力すると「お待ちください」と読み込みが表示されたまま変化ありませんでした。

三菱UFJ銀行のフィッシング詐欺に口座情報やパスワードを入力してしまったら?

この読み込みの間に銀行口座へ不正ログインし、口座から不正に出金するのかもしれません。

三菱UFJ銀行のフィッシング詐欺メールのまとめ

三菱UFJ銀行から届くメールにはフィッシング詐欺の危険性も含まれるので注意してください。

怪しいメールが届いた場合にはリンクを押さないようにし、ブックマークや検索結果から公式サイトへアクセスしてログインすることをオススメします。

もし、入力してしまった場合には三菱UFJ銀行に事情を説明して、口座やカードの利用を停止してもらいましょう。

その後は、独立行政法人「国民生活センター」に相談をして指示を仰いでください。

国民生活センターは、全国の詐欺やトラブル情報が集まるところです。困ったことやわからないことにアドバイスを貰えるので、不安な点はすべて相談することをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました