ビレッジハウスの審査に必要な申込書って何を書くの?

ビレッジハウスの審査に必要な申込書って何を書くの? ビレッジハウス

ビレッジハウスは敷金・礼金・手数料・更新料が無料!家賃も安くてとってもお得!

でも、審査に必要な「申込書」って何を書くのかよくわからない。

初めて引っ越す人には尚更わからなくて不安ですよね。

そこで今回は、私がビレッジハウスの内見の時、申込書に何を書いたのか?を説明していきます。

ビレッジハウスに引っ越しを検討している人は、これを読んで事前準備しておくことをオススメしますよ!

ビレッジハウスとは?

ビレッジハウスは敷金・礼金・手数料・更新料が無料で、格安家賃の賃貸物件です。

最近では、竹山さんがCM登場しててお馴染みですよね。

ビレッジハウス公式【CM】- ビレハ村長登場篇 30秒

ビレッジハウスがなぜ安いのかというと、国の事業で建てられた「雇用促進住宅」をリノベーションしているからなんです。

UR賃貸や公営住宅のような厳しい所得制限はなく、フリーターや高齢者、外国人の入居を柔軟に対応してくれるのがビレッジハウスになります。

ビレッジハウスの内見に必要なものは?

ビレッジハウスと契約するには審査を受けなくてはいけません。

その審査の第一歩、「個人申込書」を書く必要があります。

「個人申込書」は、ビレッジハウスの内見で書くことができるので、お部屋が気に入ったらその場で書くことをオススメします。

ビレッジハウスの賃貸契約は早い者勝ちだよ。

まずは、内見の時に申込書を書くために、必要な持ち物と書類を用意していきましょう。

  • 印鑑
  • 身分証
  • 収入証明

「印鑑」は申込書の記入で必要になります。

公式サイトでは銀行届出印と書いてありますが、口座振替用紙は後日書くことになると思うので、認印でも大丈夫だと思います。

「身分証」は公的身分証が必要になります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住基カード
  • 在留カード(外国人)
  • 外国人登録証(外国人)

など、どれかを用意すれば大丈夫です。

住民票は審査後の契約時に必要になるので、契約時までに用意しておきましょう。

「収入証明」は、用意できるのであれば持っていきましょう。

ビレッジハウスの審査は、内見の時にその場で審査するわけではありません。

申込書を書き、収入証明書などを審査部へ提出して審査開始となります。

収入証明書を内見に持っていけば、部屋を案内してくれる人が書類をすべて写メで送ってくれると思います。

持っていかなくても、家に帰ってからメールで送ることも可能なので、自分の都合に合わせて用意してください。

ビレッジハウスの申込書には何を書くの?

ビレッジハウスの申込書は、「こんな人が入居を希望していますよ」といった内容を記入します。

「契約者情報」として以下の情報を記入します。

  • お名前
  • 生年月日
  • TEL・携帯電話
  • 現住所・居住年数・家賃など

続いて「勤務先または学校名」を記入します。

  • 職業
  • 会社名・学校名・派遣先
  • 勤続年数
  • 年収など

審査にかかわる一番重要な部分です。

収入証明や源泉徴収など、後で提出することになるので嘘を書いてもダメですよ。

続いて「同居人」が居れば、同居人の情報を記入します。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 勤務先・学校名
  • 契約者との関係
  • TELなど

同居する人が居なければ記入する必要はありません。

続いて「連帯保証人・緊急連絡先」について記入します。

  • 名前
  • 住所
  • 年齢・生年月日
  • 契約者との関係
  • TEL
  • 会社名・学校名
  • 年収・勤続年数など

ビレッジハウスは連帯保証人が必要ありません。

ただし、年収などの条件によっては連帯保証人を付けることで審査に通ることもあるようです。

審査部から連帯保証人を求められたときは記入してください。

それ以外は緊急連絡先を記入します。万が一、何かあった場合のため必須のようです。

基本的には家族や親族になると思いますが、連絡できる人が居ない場合には審査部に相談という形になると思います。

他、アンケートなどを記入して申込書の完成となります。

ビレッジハウスの審査スタート

申込書は、内見の時に書いて、その場で写メを撮って送ってもらえます。

申込書の内容から、確認事項や追加書類などの連絡がメールで届きます。

回答や追加・修正など、すべてメールでやり取りします。

問題なくクリアできれば2日~7日ほどで審査が完了し、めでたく入居となります。

収入面で審査に落ちるんじゃないかと不安な人は、収入を証明できるものがあれば何でも添付して送っておこう!

ビレッジハウスの審査に必要な申込書についてのまとめ

ビレッジハウスでは内見終了後にお部屋が気に入れば「申込書」を書きます。

審査にもつながる大切な書類なので、間違いのないよう丁寧に書きましょう。

申込書と身分証、収入証明書を提出すれば審査開始です。

審査は2日~7日ほどで終了します。その間、確認事項や追加・修正の指示があれば対応しましょう。

ビレッジハウスは敷金・礼金・手数料・更新料が無料!家賃も安くてオススメの賃貸物件です。

引っ越しや家賃を安く節約したい人は、是非ビレッジハウスを検討してください。

タイトルとURLをコピーしました