USBマグネット充電ケーブルは危険?使い方は簡単だけど発火に注意!

USBマグネット充電ケーブルは危険?使い方は簡単だけど発火に注意!

現在、ブログテーマの変更中でデザインが崩れている場合があります。申し訳ございません。

当ページのリンクには広告やプロモーションが含まれています。

スマホの充電ケーブルにマグネットの商品があるのはご存じですか?

充電口にUSBを差し込む手間を省けるため、繰り返し挿し込むことによる破損を予防できる便利な商品です。

使い方がとても簡単なUSBマグネット充電ケーブルですが、発火や火事の危険性があるため注意も必要となります。

今回のブログ記事では「USBマグネット充電ケーブルのレビュー」と「発火等の危険性」について紹介するので是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

目次

スマホの充電ができない?接触不良の原因は?

最近、友人が「スマホの充電ができないんだけど…」と相談してきました。

スマホを確認すると、充電口とケーブルの接触が悪いようです。

スマホは充電のたびにケーブルを何度も抜き差しするので、ケーブルや端子の破損や故障が起きる原因となります。

スマホの充電口が壊れないように充電するためには、「何度も抜き差ししなければいい」のですが・・・

USBマグネット充電ケーブルとは?

スマホと充電ケーブルの抜き差しを減らすためにオススメなのが「USBマグネット充電ケーブル」です。

使い方はとても簡単!

スマホの充電口にマグネット接続ができるコネクタを差し込むだけ!これで充電の準備は完了です。

あとは「スマホに差し込んだコネクタ」と「マグネット充電ケーブル」をカチッとくっ付けるだけで充電がスタートします。

ケーブルやコネクタはiPhone用のlightingやType-C、microUSBなど各種類が用意されています。

スマホの充電に限らず、モバイルバッテリーやアクションカメラの充電、ライトやネットワークカメラなどへの電力供給ケーブルとしても使用することができます。

USBマグネット充電ケーブルは発火の危険性がある?

USBマグネット充電ケーブルは、くっ付けるだけで簡単に充電できる便利な商品です。

一方で安全性について疑問視され、発火・火災の危険性について指摘する人も多くいるようです。

マグネットコネクタの破損の危険性

USBマグネット充電ケーブルは、スマホの充電口にマグネット接続するためのコネクタを差し込みます。

このコネクタは常時挿入しておく必要があるため、きつめの設計になっている商品が多いようです。

挿しっぱなしの場合なら問題はありませんが、抜く必要がある時に無理に引き抜くことで、スマホの充電口やコネクタを壊してしまう危険性があるようです。

コネクタの使いまわしや、古くなって交換しようと思った時などは注意が必要ですね。

参考ブログ

マグネットケーブル 発火の危険性

電力を供給するための充電ケーブルは、コンセントやUSBに刺しっぱなしなことが多いですよね。

そうすると、充電ケーブルには常に電気が流れている状態になるので、発火や火事などの危険性について十分注意しなければいけません。

「餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?」によると、充電ケーブルのマグネットが金属にくっ付いてケーブルが溶けてしまったようです。

参考ブログ

金属に電気が流れる状態になってしまい、発火寸前となったようです。火事になる危険性があったと思うとで怖いですね・・・

USBマグネット充電ケーブルの種類やメーカーにもよると思いますが、あまりにも安い価格の充電ケーブルを購入すると、いざという時に保護回路が働かない危険性があります。

口コミやレビューを参考にしたり、国内メーカーを選ぶなど、危険性の低い充電ケーブルを選ぶことをオススメします。

参考動画

マグネットの影響で磁気カードの破損

Amazonのレビュー・口コミを見てみると「マグネットが強力すぎて磁気カードが破損した」と書かれています。

マグネットケーブルを持ち運びする時は、財布や磁気カードに近づけないよう注意してください。

Amazonの3in1 マグネット 充電ケーブルレビュー

私が購入したUSBマグネット充電ケーブルは「3in1 マグネット 充電ケーブル」です。

現在は在庫切れとなっています。

QC3.0の急速充電に対応し、lighting・Type-C・microUSB3種のコネクタが付属しています。しかも3個ずつ。

充電ケーブルは1m×2本、2m×2本の計4本。

Amazonでの価格はタイムセールで2634円でした。通常では3200円くらいのようです。(2021年1月24日現在)

届いた箱の中身はこんな感じ。

マグネット充電ケーブルレビュー USB Amazon 付属品
付属品
  • マグネット充電ケーブル1m×2本
  • マグネット充電ケーブル2m×4本
  • lightingコネクタ×3個
  • Type-Cコネクタ×3個
  • microUSBコネクタ×3個
  • ケーブル収納×2個

スマホに付けるUSBコネクタのマグネット部分は丸い形。充電ケーブルとの角度を気にせず充電することが可能です。

マグネット充電ケーブルレビュー USB lighting Type-C microUSBのコネクタ付き

充電ケーブル側の接続ピンは、マグネット部分よりも深いとこにあります。鉄板などにくっ付けても、電力給電されるピンが鉄板に触れる危険性は低いですね。

マグネット充電ケーブルレビュー ケーブルのマグネット部分 危険 発火

モバイルバッテリーに接続してみました。ケーブルの細くなってる部分は180度可変です。

マグネット充電ケーブルレビュー モバイルバッテリーに接続

充電ケーブルに電力が来ていると青いLEDが点灯します。充電が満タンになったからと言って色が変わったり、消えたりするわけではないようです。

マグネットの磁力はとても強力。充電しながらケーブルをスマホごとケーブルを持ち上げても、マグネットが外れて落下することはありませんでした。

カチッとワンタッチで便利ですが、磁気カードへの影響は強そうなので注が必要ですね。

マグネット充電ケーブルの充電速度

この「3in1 マグネット 充電ケーブル」はQC3.0の急速充電に対応し、3Aまで流すことができるようです。

私はパソコンのUSB2.0で充電してますが遅いということはなければ早いということもない、通常のUSBケーブルと変わりない印象です。

Type-C充電は圧倒的な速さで充電できました。こちらも通常の充電ケーブルと遜色なさそうです。

ただ、マグネット部分はものすごく発熱しています。触った瞬間「あちっ!」と手を放すくらいの熱さです。

この発熱は、金属部分がむき出しになっている部分なので、発火や火災の危険性が頭をよぎります。

ホコリが挟まるなどの状況によっては発火・火災の危険性が十分考えられるので、使用環境には注意が必要だと思います。

ちなみに、このケーブルはデータ転送も可能です。スマホの写真をパソコンへ転送してみましたが、問題なくできました。

コネクタが緩い場合がある

スマホやモバイルバッテリーの充電にはType-Cのコネクタを挿し込み、がっちりとハマりました。

きつめではありますが、指でつまんで取れないことはないといった感じです。

注意書きには「MicroUSB機器には緩い機種ときつい機種があります」と書かれています。

ファーウェイ nova lite3にコネクタを差し込んでみたところ、ゆるゆるでした。

充電ケーブルのマグネットを外すときにも簡単に抜けとれてしまいます。

メーカーとの相性なのか、何度も抜き差しした使い古したスマホだからかはわかりませんが、緩い場合には諦めるしかなさそうです。

USBのマグネット充電ケーブルの発火や危険性まとめ

USBのマグネット充電ケーブルについて紹介しました。

実際に使ってみて、かなり便利でオススメできる充電ケーブルです。

Amazonでマグネットの充電ケーブルを検索すると似たような商品がいっぱい出てくるので、口コミやレビューを参考にしながら好みのを探して購入してください。

ただ、マグネット接続している部分がかなり高温になります。

状況によっては発火・火災の危険性があるので、十分注意しながら使ってくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次