10万円給付(特別定額給付金)の申請書をダウンロードして郵送する方法

10万円給付金のオンライン申請が始まっていますが、マイナンバーカードや対応しているスマホを持っていない人は手続きできませんよね。

オンライン申請ができないと、いつ郵送されてくるかわからない申請書類を待たなければいけません。

「あぁ・・・最新の技術を持たない私たちは、10万円貰えるまで時間がかかりそうだな・・・」

と思った人!まだ諦めるのは早いかもしれません!

市町村によっては郵送される書類を待たなくても、「申請書をダウンロード」することで早めに手続きすることが可能なんです。

一刻も早く特別定額給付金を必要とされる方へ

我が町「静岡県富士宮市」を例にご紹介します。

新型コロナウイルス感染症の影響で一刻も早く特別定額給付金を必要とされる方へお知らせ

2020年05月07日掲載

このお知らせは、新型コロナウイルス感染症の影響で、収入が大幅に減少し、生活費が足りず、生活に困窮しているなど、一刻も早く特別定額給付金を必要とされる方に向けたものです。

※上記以外の方は、5月末から順次郵送で送付される申請書をご利用いただきますよう、お願い申し上げます。

一刻も早く特別定額給付金を必要とされる方へ

富士宮市では、新型コロナウイルス感染症の影響で、収入が大幅に減少し、生活費が足りず、生活に困窮しているなど、一刻も早く特別定額給付金を必要とされる方を対象に、通常の申請手続きとは別に、5月7日(木)から手書き方式による申請を受け付けます。

手書き方式による申請を利用する方は、下記の申請書類にある「特別定額給付金申請書」と「返信用封筒」をダウンロード・印刷し、必要事項をご記入の上、本人確認書類等を添付して下記の送付先までご郵送ください。

なお、申請者・受給権者は原則、世帯主となります。
この申請方法は、申請するご本人様が世帯員全員を手書きで記入してもらうことになりますが、基準日(令和2年4月27日)時点の住民基本台帳データの記録と異なる記入をした場合、改めて申請書類を出し直していただくことになりますので、記入誤りにくれぐれもご注意ください。

また、富士宮市役所、各出張所、各公民館、各交流センターでも「特別定額給付金申請書」と「返信用封筒」を同日から配布いたします。

※ダウンロードした封筒をご利用いただいた場合は、市役所への送料はかかりません。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、郵送での申請をお願いします。また、お問い合わせは電話でお願いします。

富士宮市ホームページより抜粋

Right Caption
他の市町村も似たような文言だよ。

特別定額給付金の申請方法

富士宮市の場合、10万円給付の申請書類は5月末に郵送されます。

が!「収入が大幅に減り」「生活費が足りず」「生活に困窮している人」ダウンロード、もしくは窓口配布により申請書類一式を入手し、手書きで記入することによって申請することが可能です。

特別定額給付金申請書

10万円給付(特別定額給付金)の申請書をダウンロード

ダウンロードした申請書は手書きで記入しなければいけません。

基準日(令和2年4月27日)時点の住民基本台帳データの記録と異なる記入をした場合は申請が通らず、改めて申請書類を記入して手続きしないといけないので注意してください。

10万円給付(特別定額給付金)の申請書をダウンロード 代理申請

ダウンロードできる申請書類には2枚目があり、内容をよく見ると代理申請することも可能なようです。

申請者・受給権者は原則、世帯主ですが、世帯主から委任されれば「世帯構成者」「法定代理人」が代理申請できるようです。

旦那と話をしたくない、話ができないからと言って勝手に申請してしまい、「勝手に何やってんだこのやろう!」とならないよう気を付けてください。

この申請書類は「富士宮のホームページ」からダウンロードできます。

記入例や返信用封筒もダウンロードできるので、コンビニで印刷して記入して郵送すればOKです。

Left Caption
この申請書は富士宮市民用だよ。

10万円給付を代理人が申請する場合

10万円給付金を代理人が申請する場合の記入例がなかったので電話で聞いてみました。

1枚目の「世帯主(申請・受給者)」は、代理人が申請・受給するとしても世帯主の情報を記入するようです。

「申請者本人の確認書類」は、世帯主と代理人の本人確認書類が必要となります。

つまり、旦那に内緒で手続きするのはかなり難しいということですね。

DVには対応していますが、夫婦仲が悪い家庭は10万円受け取るのも厳しいですね。

その他、申請書をダウンロードできる市町村は?

全国の市町村で、10万円給付の申請書をダウンロードできるところを探してみました。

1つ1つ書き出そうと思いましたが数が多い

全国多数の市町村がダウンロード申請手続きに対応しているようです。

「10万円が喉から手が出るほど早めにほしい!でもオンライン申請ができない!」という人は、自分の住基が登録してある市町村ホームページを確認してみることをオススメします。

「地方公共団体情報システム機構」の全国自治体マップを利用すると探しやすいですよ。

さぁ!今すぐ確認して、10万円貰える手続きを済ませちゃいましょう!

タイトルとURLをコピーしました