ビレッジハウス・公営住宅・UR賃貸の違いとは?家賃や入居条件を比較してみた

安い家賃で有名なのが「公営住宅」や「UR賃貸」ですよね。

では、同じく安い家賃のビレッジハウスと公営住宅・UR賃貸は何が違うのか?

家賃や入居条件について比較してみたので、お部屋探しの参考にしてください。

公営住宅とは?

公営住宅は、都道府県や市町村など、地方自治体が管理する賃貸物件です。

公営住宅の特徴は「低所得者を対象」にした賃貸住宅であるということです。

収入に応じて家賃が変動し、収入が少なければ少ないほど家賃も安くなります。

公営住宅のイメージは「ザ・団地」です。

UR賃貸とは?

UR賃貸は、「都市再生機構」が管理する賃貸物件です。

都市再生機構って聞いたこともないですよね。都市再生機構は、国土交通省所管の独立行政法人です。

簡単に言えば、国が管理する賃貸物件ということになります。

都市(Urban) 再生(Renaissance)で「UR」なんですね。

UR広報動画 「私たちはつなぐ」篇

ビレッジハウスとは?

ビレッジハウスは、「ビレッジハウス・マネジメント株式会社」が管理する賃貸物件です。

ビレッジハウス・マネジメント株式会社は、「ソフトバンクグループ」傘下の会社が運営している民間の会社になります。

元々、国の事業で建てられた「雇用促進住宅」を安く買い取り、綺麗にリノベーションして安い家賃で賃貸しています。

ビレッジハウス公式【CM】- ビレハ村長登場篇 30秒

ビレッジハウス・公営住宅・UR賃貸の家賃比較

ビレッジハウス・公営住宅・UR賃貸、いずれも安い家賃で人気ですが、それぞれ家賃はいくらになるのか?比較してみましょう。

賃貸家賃
公営住宅
静岡県営の場合
14,000円~
UR賃貸
静岡県の場合
35,100円~
ビレッジハウス
静岡県の場合
17,000円~

例として静岡県で比較しています。

公営住宅の家賃の場合

公営住宅の家賃は、収入によって変化します。収入が少なければ少ないほど、家賃が安くなります。

収入によって区分が算出され、区分によって家賃が決定します。

政令月収所得区分
0円~104,000円1
104,001円~123,000円2
123,001円~139,000円3
139,001円~158,000円4
158,001円~186,000円5
186,001円~214,000円6
収入は様々な控除も計算され、区分の数も異なるので、詳しくは各都道府県または市町村のサイトで確認してください。

静岡県熱海市にある公営住宅(3DK)を例に見てみると、以下のような家賃になります。

区分家賃
区分114,000円
区分216,200円
区分318,500円
区分420,900円 
区分523,000円
区分623,000円

同じ部屋でも区分によって、約1万円の差が出るようです。

それでも、近隣の賃貸物件と比較したら格安の家賃ですよね。

SUUMOによると、熱海市「2LDK/3K/3DK 」の家賃相場は9.6万円でした!

UR賃貸の場合

UR賃貸の家賃は、ビレッジハウスや公営住宅と比較してみると全然安くないですよね。

賃貸家賃
公営住宅
静岡県営の場合
14,000円~
UR賃貸
静岡県の場合
35,100円~
ビレッジハウス
静岡県の場合
17,000円~

その理由は「独立行政法人都市再生機構法」(平成15年法律第100号)第25条にありました。

機構は、賃貸住宅(公営住宅の事業主体その他の住宅を賃貸する事業を行う者に譲渡し、又は賃貸するものを除く。以下この条において同じ。)に新たに入居する者の家賃の額については、近傍同種の住宅の家賃の額と均衡を失しないよう定めなければならない。

独立行政法人都市再生機構法

つまりUR賃貸の家賃は、近隣にある類似した賃貸物件と同等の家賃「市場家賃」で決まるのです。

なので、家賃で比較した場合、ビレッジハウスや公営住宅より高くなってしまうのです。

ビレッジハウスの場合

ビレッジハウスの家賃は2万円~地域によっては1万円台の家賃もあります。

公営住宅と家賃を比較した場合、ビレッジハウスの方が割高になってしまうでしょう。

ですが、近隣の賃貸物件と比較すれば安い家賃設定になっています。

ビレッジハウス・公営住宅・UR賃貸の家賃の安さで比較すると

公営住宅(安い) < ビレッジハウス < UR賃貸(高い)

となりました。

安い家賃で選ぶなら公営住宅が一番のオススメです。

ビレッジハウス・公営住宅・UR賃貸の入居条件比較

ビレッジハウス・公営住宅・UR賃貸は、それぞれ入居条件が異なります。

 公営住宅UR賃貸ビレッジハウス 
礼金
手数料
更新料
無料無料無料
敷金必要
3か月分
必要
2か月分
無料
管理費
共益費
必要必要なし
保証人必要
不要増加中
不要不要
収入の限度一定の収入以下家賃額の4倍安定した収入
募集抽選先着先着
その他細かい条件がたくさんあります。各サイトで確認してください。

まず、「礼金・手数料・更新料」は無料です。引っ越しの初期費用を節約できるので助かりますね。

「敷金」は公営住宅・UR賃貸で必要になります。

敷金は家賃滞納などで使われる「保険のようなお金」で、退去時には原状回復代を差し引いて返ってくるお金でもあるので支払っても損はありません。

ただ、契約に必要になる初期費用なので、家賃の2か月~3か月分用意できない場合は契約できません。

「共益費」は公営住宅・UR賃貸で必要になります。

共益費は建物の管理に必要なお金なので、家賃+共益費が毎月必要になります。

「保証人」は公営住宅で必要になります。

ただ、少しずつ保証人不要の物件が増えており、今後は保証人廃止の方向で進んでいるようです。

「募集」は公営住宅が抽選になっています。

抽選倍率は数倍~数百倍になっており、当選しない限り契約できません。

「収入の限度」ですが、公営住宅の場合は一定の収入以下でないと住むことができません。

収入が限度額を超えてしまうと退去させられてしまうので注意が必要です。

UR賃貸の場合、収入は家賃の4倍必要になります。

一般的な賃貸は家賃の3倍と言われているので、厳しい条件です。

ビレッジハウスは審査内容を公開してませんが、安定した収入があれば審査に通る可能性が高いです。

その他の入居条件

公営住宅やUR賃貸は、いかにも「公営」という感じで、細かい条件が多数あります。

詳しくは各サイトで確認してください。

各入居条件の中でも気になったものをいくつか紹介するので参考にしてください。

公営住宅
  • 持ち家がないこと
  • 現住所もしくは勤務先が市町村内にあること
  • 同居する親族が居る
  • 市民税・県民税などの税金を滞納していない

生活困窮者向けの賃貸ではありますが、「税金を滞納していない」という条件は厳しいかもしれませんね。

また、単身者が公営住宅に住むのは難しいです。

UR賃貸
  • 家賃を1年~10年前払いすることで申し込める
  • 貯蓄が家賃の100倍あれば申し込める

UR賃貸は収入が家賃の4倍必要でした。家賃の4倍の収入がない場合、家賃を前払いすることで申し込みすることが可能です。

また、無職であっても貯蓄が家賃の100倍あれば申し込み可能です。

UR賃貸は生活困窮者向けではないよね。

ビレッジハウス・公営住宅・UR賃貸の入居条件についていろいろ調べましたが、必ず必要になるのが「緊急連絡先」です。

緊急連絡先の条件が親族限定だったり、2人必要だったり・・・

収入で問題なくても緊急連絡先で審査が進まない場合も多いようです。

会社や知人ではダメか?支援団体などではダメか?相談してみる必要がありますね。

ビレッジハウス・公営住宅・UR賃貸の違いまとめ

ビレッジハウス・公営住宅・UR賃貸は家賃が安いことで人気ですが、それぞれメリットとデメリットがあり、条件によっては住むことが難しい人もいます。

家賃については

公営住宅(安い) < ビレッジハウス < UR賃貸(高い)

となっているので、安い家賃で住みたい場合は「公営住宅」を選択することをオススメします。

入居条件は

 公営住宅UR賃貸ビレッジハウス 
礼金
手数料
更新料
無料無料無料
敷金必要
3か月分
必要
2か月分
無料
管理費
共益費
必要必要なし
保証人必要
不要増加中
不要不要
収入の限度一定の収入以下家賃額の4倍安定した収入
募集抽選先着先着

となっており、条件としてはUR賃貸が一番難しいでしょう。

また、保証人が用意できない場合、公営住宅も厳しいかもしれません。

敷金・礼金・更新料・手数料無料、保証人必要なしのビレッジハウスは、バランスの取れた申し込みしやすい賃貸物件です。

さらに、最大30,000円キャッシュバックやフリーレント付きの物件も多数あるので、初期費用は公営住宅・UR賃貸よりも安くなります

詳しくは、ビレッジハウス公式サイトから問い合わせて、住みたいお部屋を探してみてください。

タイトルとURLをコピーしました