ビレッジハウスの火災保険って必要?

ビレッジハウスの火災保険って必要?

現在、ブログテーマの変更中でデザインが崩れている場合があります。申し訳ございません。

当ページのリンクには広告やプロモーションが含まれています。

私たちが賃貸契約を結ぶ時には、不動産会社から「火災保険」の加入を求められる場合があります。

ビレッジハウスも火災保険の加入が必要なのですが、実は家賃の中に火災保険料が含まれているお部屋もあります。

今回のブログ記事は、「ビレッジハウスの火災保険」についてと、「私の場合の火災保険契約内容」について紹介します。

ビレッジハウスに引っ越したいけど火災保険は加入しないとダメ?火災保険の内容は?と、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

目次

ビレッジハウスの火災保険とは?加入は必須?

火災保険は、賃貸契約を結ぶ際の入居条件として加入が求められ、ほぼ必須の保険となります。

ビレッジハウスの建物は自分の所有物ではないため、火災保険への加入が不要と思われるかもしれませんが、自身の生活を守ることにおいて重要な理由が存在します。

なぜなら、建物そのものだけではなく、自分や他人の資産に対する損害に火災保険は頼りになるからです。

自分の持ち物である家具や家電などの資産が火災等で損害を受けた場合、その修理や補償には火災保険を適用できます

また、もしも自分が原因となる火災などの事故を引き起こした場合、ビレッジハウスや同じ建物に住む他の住人から損害賠償を請求される可能性があります。

この請求額は高額になることが予想されるため、火災保険への加入は重要になります。

ビレッジハウスの火災保険料は?

ビレッジハウスの火災保険については、公式サイトに以下のように記載されています。

別途、火災保険料がかかる事があります。

この「別途」は、初期費用「当月分の日割り家賃+翌月分の家賃」とは別で、火災保険料が必要になる場合があるという意味になります。

火災保険料については明記されていませんでしたが、仲介サイトでは以下のような料金が明記されていました。

別途火災保険料(10000円~/2年)

ただし、ビレッジハウスのエリアや物件等によって異なる可能性があるので、お部屋の問い合わせ時に確認することをおすすめします。

私は火災保険料を支払ってません。詳しくはこのページの下の方で紹介します。

ビレッジハウスの火災保険の補償内容は?

火災保険の補償は大きく3つに分けられます。

火災保険の補償内容
  • 家財保険
  • 借家人賠償責任保険
  • 個人賠償責任保険

家財保険

家財保険は、自分が所有している家具や家電などの損害について補償してくれる保険です。

火事・破裂・爆発・水漏れなどの事故による損害が補償の対象となっています。

また、盗難にも対応している場合があり、自分の財産ための保険ということになります。

借家人賠償責任保険

借家人賠償責任保険は、火事・破裂・爆発・水漏れなど自身の重大な過失により、ビレッジハウスに対して法律上の損害賠償責任が発生した場合に補償する保険です。

ガス漏れ爆発やタバコの不始末による火災、水道出しっぱなしの水浸しなど、自分が借りているお部屋の修繕のための保険となります。

個人賠償責任保険

個人賠償責任保険は、日常生活に起因する偶然な事故によって、他人に対して法律上の賠償責任が発生した場合に補償する保険です。

借家人賠償責任保険がビレッジハウスへの補償に対し、個人賠償責任保険は隣の部屋の人や下の階への人への補償と考えるとわかりやすいですね。

火事で隣の部屋が燃えたり、水漏れで下の階の人に損害など、周りの人へ損害を与えた場合に補償される保険です。

私が加入したビレッジハウスの火災保険とは?

私が住んでいたビレッジハウスは、初期費用6,770円でした。

初期費用の内訳は「日割り家賃」のみで、火災保険料は支払っていません

では、火災保険に加入していないのか?というとそうではありませんでした。

ビレッジハウスの入居説明書の火災保険の欄には「総合保険 保険期間2年間」と書かれています。

その他に渡された書類の中には、火災保険について以下のように書かれているものもありました。

2018年9月1日以降にご入居されるすべての入居様を対象に自動付帯しております

つまり、私が住んでいたビレッジハウスは、火災保険料が無料だったということになります。

2年経った時にも特別な連絡はありませんでした。

火災保険内容は?

私が住んでいたビレッジハウスで自動付帯していた火災保険の補償内容は以下の通りです。

借家人賠償責任保険

支払い限度額:1事故あたり500万円
※限度額を超える損害が発生した場合には、超過額分は入居者負担

個人賠償責任保険

支払い限度額:1事故あたり1億円
※限度額を超える損害が発生した場合には、超過額分は入居者負担

「家財保険」はありませんでしたが、火災保険料が無料でしたので経済的にはとても助かりました。

ビレッジハウスの火災保険についてのまとめ

ビレッジハウスの火災保険について紹介しました。

ビレッジハウスでは、敷金礼金手数料更新料が無料ですが、別途、火災保険料が必要になる場合があります。

私が住んでいたビレッジハウスでは、火災保険が自動付帯で保険料は無料でした。

火災保険についてはエリアや物件で異なるため、問い合わせ時に確認しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次