フロントラインプラスの使い方は?通販で購入して効果を検証した結果

犬や猫のノミ・マダニを駆除してくれる「フロントラインプラス」。

ペットを飼っているお家なら、暖かくなる季節には必需品となるお薬ですよね。

しかし、フロントラインプラスはドラッグストアなどでは市販されておらず、動物病院で診察・処方してもらわないと購入することができません。

ペットの病院代やお薬代も馬鹿になりませんよね。

そこで今回は、ネット通販を使ってフロントラインプラスを注文する方法をご紹介しようと思います。

病院代やお薬代が安く済むので、節約したいな~と思う人は参考にしてください。

フロントラインプラスとは?

フロントラインプラスは、犬や猫に寄生したノミやマダニを駆除してくれるお薬です。

動物病院では最も多く使われているノミ・マダニ駆除薬で、多くの獣医師さんにも信頼されているお薬なんです。

フロントラインプラスの特徴は、ノミの成虫はもちろん、卵のふ化・成長を阻害してくれる効果があるという点です。

ノミ成虫を駆除、さらに成長をブロックすることで繁殖を防ぎ、素早く駆除することが可能となります。

その効果のほどは、フロントラインプラス投与後、24時間以内にほぼ100%のノミを駆除することが可能!

さらに!その殺虫効果は1か月ほど有効なので、ノミの再寄生を予防することができるんです。

ノミに対する圧倒的な力!獣医師さんも、安心してオススメするお薬なのが理解できますね。

フロントラインプラスの使い方

フロントラインプラスは、犬や猫の首筋に垂らすだけの簡単な使い方です。

薬液が入っているピペットは、お好み焼きのヘラのような形をしています。

フロントラインプラスの使い方 ピペット

三角の部分が手で持つところ、先が細い部分が薬の滴下口になります。

フロントラインプラスの使い方は箱にも書いてあるので、初めて使う人は良く読んでください。

フロントラインプラスの使い方 箱の裏の説明

ピペットを取り出したら、滴下口の切れ込みを折ります。

猫の毛をかき分けて、肩甲骨の間の皮膚に直接垂れるように全量投与します。

フロントラインプラスの使い方 猫の肩甲骨あたりに押し付けて投与する

上から薬を垂らすよりは、肩甲骨付近に滴下口の先端をくっつけて、ぶちゅっと薬の中身を全て押し出すのがオススメです。

注射ではなく滴下タイプなので、獣医師ではない私たち素人の飼い主であっても簡単に投与できるのが魅力です。

薬を滴下した周辺は2,3日毛が濡れた状態が続きますが、薬が浸透している効果なので大丈夫です。

ただし、犬や猫が薬を滴下した部分を舐めないように注意してあげてください。

少量であれば舐めても問題ないようですが、ごく稀によだれを垂らす副作用が発生するようです。

首根っこに滴下しているので舐めるのは難しいですが、多頭飼いしている場合は互いに舐めてしまうことがあるので気を付けましょう。

フロントラインプラスは、妊娠中や授乳期の母犬や母猫にも使用できる安心・安全なお薬です。

フロントラインプラスを投与後、犬なら24時間後、猫なら48時間後にお風呂やシャンプーに入れることも可能です。

フロントラインの使い方

フロントラインプラスとスポットオンの違いと比較表

フロントラインには「プラス」と「スポットオン」の2種類あります。

「プラス」と「スポットオン」の大きな違いは、ノミの卵や幼虫に効果があるかないかで理解しておくとわかりやすいです。

フロントラインプラスフロントラインスポットオン
効能・効果犬・猫に寄生するノミ・マダニ・ハジラミの駆除
ノミの卵の孵化・幼虫の成長阻害
犬・猫に寄生するノミ・マダニの駆除
使用年齢制限犬・猫:8週齢から
子犬・子猫でも使用可能
犬:10週齢から
猫:12週齢から
使用体重制限体重制限なし
2kg以下の犬にも使用可能
犬:体重2kg以上
猫:制限なし
シャンプー等制限なし
投与24時間後・投与直前のシャンプーが可能
投与前後2日間は水浴
あるいはシャンプーを行わないこと
有効性の持続ノミに対し犬なら1~3か月間
猫なら1~1.5か月間、新規の寄生を予防
卵や幼虫に対し犬なら最大3か月間
猫なら最大6週間成長を阻害
ノミに対し犬なら1~3か月間
猫なら1か月間、新規の寄生を予防

フロントラインの価格は「プラス」の方が安いので、わざわざ「スポットオン」を選ぶ理由はないと思われます。

フロントラインを販売している通販も「プラス」の方を多く取り扱っているので、フロントラインプラスを注文した方がお得です。

フロントラインには滴下タイプではなく、スプレー式のお薬もあります。

私はスプレー式を使用したことがないので、使用感やメリットについてはよくわかりません。

公式サイトを見てみると「フロントライン スポットオンと同じ有効成分を含みますが、即効性と持続性に優れています。」と書かれています。

ノミが大量に寄生しているノラ猫や保護猫に使ってあげるのがいいかもしれませんね。

また、スプレー式は生後2日齢からの子犬や子猫への投与試験でも安全性を得られているようです。

生まれて間もない子猫に使用する場合も、スプレー式の方が適しているようです。

フロントラインとブロードラインの違いは?

ノミを見つけたら、ノミに寄生する「瓜実条虫」にも気を付けましょう。

うちの猫はノミに寄生された後、毛づくろいなどでノミを飲み込んで瓜実条虫にも寄生されてしまいました。

フロントラインプラスではノミは駆除できても、寄生虫を駆除することはできません

ノミと一緒に寄生虫を駆除するためには「ブロードライン」が効果的です。

ブロードラインはフロントラインと同様、日本全薬品工業「ゼノアック」が製作しているお薬です。

実際にブロードラインを使ってみた記事があるので参考にしてください。

ブロードラインとレボリューションの違いは?

ノミや寄生虫駆除薬は「レボリューション」も人気があります。

しかし、レボリューションでは「瓜実条虫」には効果がない点に注意が必要です。

ブロードラインもレボリューションも、病院で獣医師に処方されなければ購入できないお薬なので、かかりつけの獣医師に相談してみてください。

犬用の寄生虫駆除にも詳しくないので、獣医師に相談してください。

フロントライプラスの効果が出るまでの時間

うちの猫にノミが寄生していたので、届いたフロントラインプラスを早速投与しました。

フロントラインプラスの公式サイトでは

薬の成分がペットの皮膚表面の皮脂の層に広がり、24時間以内に全身をカバー。ペットの体に寄生したノミが被毛や体表の有効成分に接触すると、素早く効果を発揮。ほぼ24時間で、ほとんどの成虫を駆除します。

と書かれています。

実際のところ、猫に寄生していたノミは素早く駆除できますが、部屋にいるノミが再寄生するため、なかなか全滅させることはできません

ノミの繁殖スピードってご存じですか?

成虫吸血後、48時間以内に1日数十個の卵を産む。
1~6日でふ化して幼虫になる。
幼虫1,2週間で2回脱皮をしサナギになる。
サナギ数日~数か月かけてう化し、成虫となる。

注意しなければいけないのが卵!吸血した2日以内に、数十個卵を産むんです。

ノミがペットに寄生したことに気が付くのが遅れれば遅れるほど産卵しています。

ノミの卵って目視でも見つけにくく、犬や猫の体からはぽろぽろ落ちるんです。

つまり、ノミに寄生された犬や猫たちは、ノミの卵をばら撒きながら歩き回っている状態なんです。

部屋のあちこちで繁殖したノミたちは、再度ペットに寄生したり、人間の血を吸ったりして産卵と繁殖を繰り返します。

フロントラインプラスを投与したペットは再寄生されても薬の効果で駆除可能です。

ですが、他のペットや人間から血を吸われると駆除と繁殖のイタチごっこになってしまうため、薬の効果が実感できません。

なので、多頭飼いしている場合には、すべてのペットにフロントラインプラスを投与

そして、部屋の隅々まで徹底的に掃除することをオススメします。

フロントラインプラスは通販で買えるの?

フロントラインプラスは、動物病院から処方されるお薬です。

ですが、「動物用医薬品販売業」を申請すれば、通販での販売が可能なお薬なんです。

専ら動物にのみ用いられる医薬品は「動物用医薬品」として、人に用いられる「医薬品」とは区別されています。
動物用医薬品を販売し、授与し、又は販売若しくは授与の目的で貯蔵し、若しくは陳列する場合には、「動物用医薬品販売業」許可を受ける必要があります。

東京産業労働局 動物薬事

「動物用医薬品販売業」には4種類ありますが、その中でも「店舗販売業」の許可を受けることで、インターネット販売が可能となります。

では、試しにAmazonを見てみましょう。

Amazonではフロントラインプラスが販売されてます。

ということは、どこかに「動物用医薬品店舗販売業」の表記があるはずです。

フロントラインプラスは通販で買えるのか? Amazonの動物用医薬品店舗販売業の表記

インターネット通販を利用してフロントラインプラスを注文する際は、「動物用医薬品店舗販売業」の表記があるか?ないか?に注目すると安全です。

フロントラインプラスの価格は?

フロントラインプラスの値段はいくらなのかご存じですか?

普段は病院で処方してもらってるので、診察代と一緒になって把握していない人も多いのではないでしょうか。

動物病院では、フロントラインプラスの料金案内を表示しているサイトがあるので参考にしてみます。

A病院B病院C病院
猫用1,260円1,200円1,350円
犬用 〜5kg1,470円1,200円1,350円
犬用 5〜10kg1,575円1,400円1,630円
犬用 10〜20kg1,680円1,600円1,860円
犬用 20〜40kg1,890円1,800円2,060円

猫用フロントラインプラスを見てみると、動物病院では1本あたりおよそ1,200円が相場になりそうです。

では、インターネット通販ではいくらになるのか見てみましょう。

今回はAmazonで販売されているフロントラインプラスを見てみます。

Amazon1本入3本入6本入
猫用1,155円2,570円3,917円
犬用 〜5kg1,447円2,614円4,630円
犬用 5〜10kg1,576円2,805円4,801円
犬用 10〜20kg1,740円3,135円5,773円
犬用 20〜40kg3,407円6,732円

通販でフロントラインプラスの場合、1本入では動物病院と大差ありませんが、3本入・6本入と、まとめ買いをすることでかなり安く購入できることがわかります。

猫用フロントラインプラスだと動物病院では1本1,200円でしたが、通販で6本入を購入すれば1本あたり653円になります。

動物病院と比較すると、およそ半額で購入することができるのでとても安いですよね。

フロントラインプラスについてのまとめ

フロントラインプラスはノミやマダニの駆除、卵の孵化や幼虫の成長を阻害するお薬です。

動物病院へ行き、獣医師の診察・処方がなければ購入することのできないお薬ですが、ネット通販を利用することにより注文することが可能です。

「Amazon」や「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」で注文することができますよ。

だたし、フロントラインプラスはお薬ですので、注文・使用は慎重に行いましょう。

素人判断では、副作用や思わぬアレルギーなど、ペットの命を危険にさらしてしまう恐れがあります。

獣医師に相談・指導の下、使用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました