フロントラインプラスの効果は?スポットオンとの違いや市販されているのか調べてみた

フロントラインプラスの効果や使い方は?スポットオンとの違いやどこで買えるのか?調べてみたネコとウサギ

犬や猫のノミ・マダニ対策で人気の「フロントラインプラス」。ペットを飼っているお家なら、暖かくなる季節には必需品となるお薬ですよね。

しかし、フロントラインプラスはドラッグストアなどでは市販されておらず、動物病院で診察・処方してもらわないと購入することができません。

動物病院の診察料やお薬代って結構お金かかりますよね。

そこで今回は、ネット通販を使ってフロントラインプラスを注文する方法をご紹介しようと思います。

また、フロントラインスポットオンとは何が違うのか?調べてみたので是非参考にしてみてください。

フロントラインプラスとは?

フロントラインプラスは、犬や猫に寄生したノミやマダニを駆除してくれるお薬です。

特徴としては、ノミの成虫はもちろん、卵のふ化・成長を阻害してくれる効果に期待できるという点です。

その効果の時間は、フロントラインプラス投与後、24時間以内にほぼ100%のノミを駆除し、殺虫効果は1か月ほど有効なので、ノミの寄生を予防することも可能です。

フロントラインプラスの使い方は、犬や猫の首筋に垂らすだけなので、素人の飼い主でも簡単に投与できるのが助かりますね。

薬液が入っているピペットは、お好み焼きのヘラのような形をしています。三角の部分が手で持つところ、先が細い部分が薬の滴下口です。

フロントラインプラスの使い方 ピペット

ピペットを取り出したら、滴下口の切れ込みを折ります。滴下口を下向きにして折ると薬液が垂れることがあるので、上向きで折るのがコツです。

肩甲骨の間の毛をかき分けて滴下口を押し付け、皮膚に全量投与します。

フロントラインプラスの使い方 猫の肩甲骨あたりに押し付けて投与する

犬や猫の体重によって滴下量が変わる場合があります。正確な滴下量は獣医師さんの診察を受けることをオススメします。

フロントラインプラスを滴下した周辺は、薬液で毛が濡れた状態が2,3日続きます。乾くまで犬や猫が舐めないように注意して見てあげましょう。

ブロードラインが乾く時間は?お風呂やシャンプーしてもいい?

薬液を舐めると副作用でヨダレ・吐くなどの危険性があります。

フロントラインプラスを投与後、犬なら24時間後、猫なら48時間後にお風呂やシャンプーを使うことが可能だそうです。

フロントラインプラスとスポットオンの違いと比較表

フロントラインには「プラス」と「スポットオン」の2種類あります。

フロントラインプラスフロントラインスポットオン
効能・効果犬・猫に寄生するノミ・
マダニ・ハジラミの駆除
ノミの卵の孵化
幼虫の成長阻害
犬・猫に寄生するノミ・
マダニの駆除
使用年齢制限犬・猫:8週齢から
子犬・子猫でも使用可能
犬:10週齢から
猫:12週齢から
使用体重制限体重制限なし
2kg以下の犬にも使用可能
犬:体重2kg以上
猫:制限なし
シャンプー等投与24時間後
投与直前のシャンプーが可能
投与前後2日間は水浴
シャンプーを行わないこと
有効性の持続ノミに対し
犬なら1~3か月間
猫なら1~1.5か月間
新規の寄生を予防
卵や幼虫に対し
犬なら最大3か月間
猫なら最大6週間成長を阻害
ノミに対し
犬なら1~3か月間
猫なら1か月間
新規の寄生を予防

「プラス」と「スポットオン」の大きな違いは、ノミの卵や幼虫に効果を期待できるか?です。

「スポットオン」はノミの成虫への効果にしか期待できませんが、「プラス」はスポットオンの効果に加え、ノミの卵の孵化・幼虫の成長阻害に期待ができます。

通販サイトや市場では「プラス」の方が多く取り扱っていて、価格も変わらないので、特に理由がないのであれば「プラス」の方がオススメです。

また、フロントラインには滴下タイプではなく、スプレー式のお薬もあります。

スプレーはスポットオンと同じ有効成分を含んでおり、生後2日齢からの子犬・子猫に対し使うことができるようです。

詳しくは販売サイトまたは公式サイトを確認してみてください。

フロントラインとブロードラインの違いは?

フロントラインを作っている会社では「ブロードライン」というお薬も作っています。

ブロードラインは、フロントラインプラスの効果に加え、寄生虫やフィラリア対策に使われるお薬です。

ノミは、寄生虫「瓜実条虫」を保有している場合があります。

我が家の猫はノミに寄生されると、瓜実条虫にもよく寄生され、お尻からウネウネと出てくる場合があります。

ノミ・マダニ対策ならフロントラインプラス、寄生虫も同時に確認したらブロードラインを検討してみましょう。

フロントラインプラスは市販や通販で買えるの?

フロントラインプラスは動物病院から処方されるお薬のため、ドラッグストアやペットショップで市販されていません。

ですが、「動物用医薬品販売業」を申請した通販サイトから購入することができるお薬なんです。

専ら動物にのみ用いられる医薬品は「動物用医薬品」として、人に用いられる「医薬品」とは区別されています。
動物用医薬品を販売し、授与し、又は販売若しくは授与の目的で貯蔵し、若しくは陳列する場合には、「動物用医薬品販売業」許可を受ける必要があります。
東京産業労働局 動物薬事

「動物用医薬品販売業」には4種類ありますが、その中でも「店舗販売業」の許可を受けることで、インターネット販売が可能となります。

例としてAmazonの動物用医薬品に関する表示を確認してみます。

フロントラインプラスは通販で買えるのか? Amazonの動物用医薬品店舗販売業の表記

「動物用医薬品店舗販売業」の表記がない通販サイトからフロントラインプラスを購入すると、偽物や品質の悪いものを買わされる危険性があります。

必ず「動物用医薬品店舗販売業」の許可を得ているサイトから購入しましょう。

フロントラインプラスについてのまとめ

フロントラインプラスの違いや市販されているかについてご紹介しました。

楽天市場やAmazonでも気軽に病院より安い価格で買えるお薬ですが、副作用の危険性もあります。

購入・使用の前に、かかりつけの獣医師へ相談することをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました