フロントラインプラスの副作用!報告から見る危険な症状とは?

フロントラインプラスの副作用!報告から見る危険な症状とは?ネコとウサギ

フロントラインプラスは、猫や犬に寄生したノミ・マダニを駆除するお薬です。

本来は獣医師から処方されるお薬ですが、Amazonや楽天市場といったネット通販からでも気軽に購入することができます。

通販で買えるということは、飼い主が症状を判断してペットに薬を使うということ。

フロントラインプラスの副作用について理解しておかないと、思わぬ事故が起きてしまうかもしれません。

今回はフロントラインプラスの副作用と、実際に使用してどうなったか?の口コミを集めてみたので参考にしてみましょう。

フロントラインプラス使用上の注意

フロントラインプラスには使用上の注意があります。必ず箱の中に入っているので確認してみましょう。

使用上の注意の内容は「一般注意」「使用者に対する注意」「取り扱い上の注意」などが記載されています。

「犬・猫に関する注意」には、フロントラインプラスを使用することによる副作用について書かれているので必ず目を通しておいてください。

もし、動物が舐めた場合、溶媒の性状のため一過性の流涎が観察されることがある。そのため、滴下部位を他の動物が舐めないように注意すること。

フロントラインプラス 犬に対する使用上の注意

フロントラインプラスの薬液を犬や猫が舐めてしまうと、ヨダレを流すことがあるということですね。

上記は犬に対する使用上の注意なんですが、猫の場合は少し違うことが書かれています。

もし、動物が舐めた場合、溶媒の性状のため一過性の流涎アルコール様中毒症状(嘔吐、食欲不振、元気消失)が観察されることがある。そのため、滴下部位を他の動物が舐めないように注意すること。

フロントラインプラス 猫に対する使用上の注意

薬を舐めるとヨダレを流すというのは同じですが、アルコール中毒症状が追加されています。

嘔吐、食欲不振、元気消失が観察されるとありますが、猫だけってことはないと思うので、犬にも注意が必要です。

まれに、他の外用殺虫剤と同様に本剤の使用後、個体差による一過性の過敏症(投与部位の刺激によるそう痒、発赤、脱色、脱毛)が起こることがある。もし、症状が持続または悪化する場合は、直ちに獣医師に相談すること。

フロントラインプラス 犬に対する使用上の注意

過敏症・・・アレルギー反応みたいなものでしょうか。薬液の刺激によって赤くなったりハゲちゃったりします。

我が家の猫は副作用の症状が現れませんでしたが、知り合いの猫はハゲちゃったみたいです。

「一過性」であることが多いので、時間の経過とともに症状が軽減する場合が多いです。が、中には症状が持続・悪化することもあるので、副作用を確認したらかかりつけの獣医師さんに相談しましょう。

薬を舐めるとヨダレ、アルコール中毒の危険性がある
薬を付けた部分はそう痒、発赤、脱色、脱毛の危険性がある

フロントラインプラスを使用する前に獣医師に相談する

フロントラインプラスの使用上の注意にも書かれていますが、「フロントラインプラスは獣医師の指導の下で使用すること」が重要です。

フロントラインプラスを初めて使用する場合には、動物病院で診察してもらってから使うのがオススメです。

私たち素人が勝手な判断で使用してしまうと、思いもよらない事故や副作用・アレルギーの危険性があります。

必ず、獣医師さんに相談してから使用してください。

フロントラインプラスの副作用によっては死亡例もある

ペット用お薬の副作用と思われる症状を獣医師が確認した場合、農林水産省に報告する義務があります。

薬局開設者、病院、診療所若しくは飼育動物診療施設の開設者又は医師、歯科医師、薬剤師、獣医師その他の医薬関係者は、医薬品又は医療機器について、当該品目の副作用その他の事由によるものと疑われる疾病、障害若しくは死亡の発生又は当該品目の使用によるものと疑われる感染症の発生に関する事項を知った場合において、保健衛生上の危害の発生又は拡大を防止するため必要があると認めるときは、その旨を厚生労働大臣(農林水産大臣)に報告しなければならない。

日本獣医師会 副作用報告

報告された副作用はネット上で公開されていて、私たちでも確認することができます。

以下は公開されているフロントラインプラスの副作用の一部を抜粋したものです。全国で様々な症状の副作用が確認されていることを知っておかないといけません。

投与者症状転帰
飼い主嘔吐、元気・食欲消失死亡
飼い主動きが鈍い、呼吸がゆっくり死亡
飼い主虚脱死亡
その他
獣医療関係者
元気消失、食欲廃絶、
呼吸促迫、嘔吐、
低体温、腹式呼吸、
開口呼吸、意識混濁、
白血球数増加、カリウム値低下
死亡
獣医師横臥、虚脱回復
飼い主食欲不振、元気消失、肝酵素の上昇死亡
獣医師強直間代性痙攣、泥状便、失禁回復
飼い主虚脱、嘔吐、ふらつき、
ほふく前進様行動
回復
飼養者出産した子猫の死亡回復
飼養者死亡死亡
飼養者死亡死亡

≫動物用医薬品等副作用データベースより

フロントラインプラスの副作用によっては死亡例もあるということが重要です。

お薬なので副作用を伴うことは仕方ありません。これは人用のお薬やワクチンでも同様です。

この副作用データベースではフロントラインプラスの使用数が不明なため、副作用による死亡率はわかりませんでした。

また、犬や猫の個体差や併発している病気、持病、一緒に使用したお薬など、さまざまな条件によっても変化があるため、フロントラインプラスの直接的な因果関係についてもわからないことを理解しておく必要があります。

フロントラインプラスには副作用があるということを理解したうえで、どうしたら大切なペットをより安全に守れるのか?

獣医師さんと相談しながら決めていくのが飼い主の務めになります。

フロントラインプラスの副作用で脱毛した動画

「フロントライン 副作用」で検索すると様々な情報・画像・動画を確認できます。

Youtubeにはフロントラインを使った結果、剥げてしまった猫ちゃんについての動画ありましたので参考にさせてもらいましょう。

他にも副作用の情報があるので、フロントラインプラスの危険なイメージが強くなりますが、もちろん毎月使用していて問題のない犬や猫もたくさんいます。

我が家の犬や猫に問題なく使えるか?かかりつけの獣医師さんに相談してから使ってみてください。

フロントラインプラスの副作用についてのまとめ

フロントラインプラスは獣医師が処方するお薬です。

副作用としては、薬液を舐めるとヨダレやアルコール中毒症状が出る場合があります。また、投与部分にそう痒、発赤、脱色、脱毛が現れることがあるので十分に注意してください。

場合によっては死亡する副作用報告もあります。大切な犬や猫を守るため、獣医師の指導の下で使用することをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました