Amazonのフィッシング詐欺に注意!もっとも簡単な対策方法とは?

Amazonのフィッシング詐欺に注意!もっとも簡単な対策方法とは?詐欺注意

フィッシング詐欺メールの中でも最も多いのが、Amazon関連のフィッシング詐欺メールです。

日本でも多くの人が利用している人気のショッピングモールなので、フィッシング詐欺が多いのも頷けますね。

今回は、Amazonフィッシング詐欺の実例や入力してしまったらどうなるのか?そして、もっとも簡単なフィッシング詐欺対策方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

Amazonフィッシング詐欺メール例

Amazonセキュリティ警告 本物かの見分け方 サインインが検出されましたというフィッシング詐欺

サインインが検出されました
カナミツタツオ様、新しいデバイスからサインインしましたか?
これがお客様ご自身による操作だった場合、このメッセージは無視してください。
会員情報の管理ページで確認

このフィッシング詐欺メールは、「Amazonセキュリティ警告」という内容の詐欺メールです。

公式のAmazonからもセキュリティ警告が送られてくることもあるため、「本物と間違えてリンクを押してしまった!入力してしまった!」という人も多いようです。

他にも「お支払い方法の情報を更新」や「プライム会員更新」「不審なアクティビティ」などの詐欺メールが届きます。

どのフィッシング詐欺メールも、フィッシング詐欺サイトへ誘導するためのメールなので、メール内にあるリンクは絶対に押さないよう注意してください。

Amazonのフィッシング詐欺おすすめの対策方法は?

Amazonのフィッシング詐欺に引っかからない対策方法はいくつかあります。

  • 送り主のメールアドレスを確認する
  • 日本語の文章が変ではないか確認する
  • リンクを押さない
  • リンク先のURLが正しいか確認する
  • 身に覚えのないメールは無視する
  • パソコンに詳しい人へ相談する

その中でも最もおすすめなのが「リンクを押さない」という方法です。

フィッシング詐欺は、本物そっくりのサイトを作り上げ、本人にIDやパスワード・カード情報などを入力させて盗み取る詐欺になります。

つまり、自分で入力さえしなければフィッシング詐欺に引っかかることはないということになります。

でもそっくりのサイトじゃ見分けがつかないし・・・

という人でも簡単に対策できる方法をご紹介します。

フィッシング詐欺メールのリンクを押さない

フィッシング詐欺メールに記載されているリンクを押さないこと。これが最も簡単で最強のフィッシング詐欺対策になります。

フィッシング詐欺メールは、本物そっくりのサイトへ誘導するためのリンクが記載してあります。

このリンクを押さなければ、フィッシング詐欺サイトへたどり着くことはないということになりますね。

では、どのように本物と偽物のメールを見分けたらいいのか?というと、特に見分ける必要はありません。

もしAmazonから情報の更新や不正アクセスのようなメールが届き、Amazonへアクセスしなければいけなくなった場合、ブックマークやGoogleやYahooなどの検索結果からAmazonにアクセスすればOKです。

この方法ならフィッシング詐欺サイトへ誘導されることなく、Amazonで情報の更新や不正アクセスの確認をすることが可能となります。

私は毎日Amazonからフィッシング詐欺メールが届きますが、この方法のおかげで一度もフィッシング詐欺被害に遭ったことはありません。

スポンサーリンク

Amazonのフィッシング詐欺に入力してしまったらどうなるのか?

Amazonのフィッシング詐欺サイトはどのようなサイトなのか?

実際にリンクを押し、ログインIDやパスワード・カード情報(偽の情報)などを入力してみた動画になります。

フィッシング詐欺サイトに正しい情報を入力してしまうと不正利用の危険性があります。

お金を使われてしまって大変だったみたいだね。

入力してしまったとしても、すぐに利用停止してもらえば不正利用を防ぐこともできるよ。

Amazonのフィッシング詐欺に引っかかってしまったら

万が一、Amazonのフィッシング詐欺サイトへ入力してしまった場合には速やかにログインID・パスワードの変更、そしてカード会社に連絡をして利用停止をしてもらいましょう。

その後どうしたらいいかはAmazonやカード会社、独立行政法人 国民生活センターなどに相談をして指示を仰ぐことをおすすめします。

Amazonのフィッシング詐欺についてのまとめ

Amazonのフィッシング詐欺についてご紹介しました。

怪しいメールや身に覚えのないメールは無視し、メールに記載されているリンクは絶対に押さないように注意してください。

どうしてもAmazonへアクセスする必要がある場合には、ブックマークや検索結果からアクセスすることをおすすめします。

フィッシング詐欺は本人に情報を入力させて盗み取る詐欺になります。

大切な情報を入力する前に「このサイトは本当に安全なサイトか?」もう一度よく見直すことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました